Amazonお奨めモノアフィリエイトリンク

無料ブログはココログ

« ケータイのコスト適正度について | Main | リフレッシュレモン&ライム
【飲料】 »

Monday, July 09, 2007

黒蜥蜴
【感想】

劇場スクリーンで予告編付のリバイバル上映があったので、新作蹴っ飛ばして駆けつけました。丸山(美輪)明宏のエログロさは不滅の妖しさですな。三島が惚れぬいたのも分かるような気はします。俺はそっちのケは毛頭ありませんけど。

作品そのものは徹底的に丸山(美輪)をいかに美しく魅せるかに重点が置かれておりシナリオの整合性などはどこかに吹き飛んでしまってますが、まあそこはエログロナンセンスバイオレンスの巨匠深作欣二らしくサイケ&カーアクションで糊塗してますのでさほど違和感は感じない、と思います。

人間彫刻にされた役で特別出演してた三島由紀夫が丸山(美輪)にキスされて恍惚としている表情と、あまりにもあっさりやられてしまう西村晃が非常に印象的でした。

三島はこれを純愛として戯曲化したつもりのようですが、どう見てもホモソーシャルの匂いがぷんぷんな擬似恋愛シナリオです。お腹一杯本当にありがとうございました、といいたくなるほどに。


映画の解説(goo)

江戸川乱歩の原作「黒蜥蜴」
三島の戯曲「黒蜥蜴」

« ケータイのコスト適正度について | Main | リフレッシュレモン&ライム
【飲料】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 黒蜥蜴
【感想】
:

« ケータイのコスト適正度について | Main | リフレッシュレモン&ライム
【飲料】 »

March 2024
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31