« January 2010 | Main | March 2010 »

Monday, February 15, 2010

アバター
【感想】

近くで3Dバージョンがやっていなかったので出掛けたついでにようやく観た。

一言で言えば「まだ3Dは一般化するようなモノでは無い」だなあ。眼鏡っ子に全く配慮の無い重い3Dグラスは視聴時の没入感を妨げること夥しい、ってのは超映画批評が書いていた通り。何か装着して観るのであれば左右の眼鏡の上に引っ掛けて観る超軽量タイプのアイテムにならない限り御免被りたい、眼鏡人口の多い日本では尚の事。

以上は3D映画に関する感想。

作品としては、映像を見ればすぐ分かるけど、着想時はたぶん違ったはずなんだろうけど製作途中で明らかに「もののけ姫」の影響下に置かれたシナリオが見事にアメリカナイズされマッチョ化しているのに笑った。

もののけ姫では神ですら滅び去る人欲の無常と神無き世における人類の生き様を描いていたはずなんだけど、それが何故だか虐げられた民族が自らが信仰する神に守られ異物・エイリアンとしての人類を排除するという今時ガイア理論かよ的シナリオに変換され、見ようによっちゃテロ・アルカイダ礼讃とも取れる部族・少数民族蜂起を上手にエンタメ好きアメリカ人に刷り込んでいくキャメロンの手管には舌を巻くしかない。

CG映像に関しては、異星人キャラクターが”きちんと”艶かしく演技するレベルになっているのは素直に驚き、かつ楽しめた。とそれ位しか書くところが無い。まあ、凄いよね。

で、個人的に一番の収穫はミシェル・ロドリゲスのエロ格好良いシーン満載なところ。やばい、可愛い過ぎですよ彼女は。監督も明らかに魅力がどこにあるかを分かっていて起用してる。このキャスティングは最高だった。

公式サイト
ミシェル・ロドリゲス(wikipedia)

侍戦隊シンケンジャー VS. ゴーオンジャー
銀幕BANG!!
【感想】

物語構造はTV版でのディケイドコラボ回と同じ。で、何故か作劇は最初から最後まで時代劇ではなく西部劇の作りになっていた。ゴーオンジャーへの配慮、というかシナリオがどちらか一方の世界観によらないための措置かな。

前回の映画(俺の感想はここ)では時間の制約もあって極力シンプルに収めていたけど今回はそれなりに心の動きも入れて長編映画らしくまとめてあった。あくまでもスピンオフ的番外編なので十三他良い味を出していたキャラクターがおざなりなのは仕方が無いか。
でも、悪を倒ため正義側のパワーバランスを撮るためにゴセイジャー出しちゃうのはやりすぎじゃないかなあ。しかもカード売る気満々の芝居っ気が出過ぎてて臭くて曲がりそうな位鼻に付くのはどうにかしてくれまいか。確かにパンフは早々に売り切れてたけどさ…

公式サイト

Friday, February 12, 2010

オーシャンズ
【感想】

観たのは先月だったんだが、あまりに腹立たしいので感想書くのを忘れていた。

文科省は目が腐ってるのか耳が聴こえないのか、映像以外は最低なこの映画を推薦する態度を疑う。明らかにアジア人差別映像満載じゃねえかよ。
最初のミサイル映像辺りから嫌な予感はひしひしとしたんだが、「政治的な思惑は一切ない素晴らしい映像」などと抜かすフジテレビの小倉某の言葉を一応は信じてフラットに観ようかと思ってたのに途中で席を立ちそうになったぐらい酷い。

どうにも出てくる映像の比率が多すぎる鯨のシーン、中盤で唐突に映し出される網にかかった海亀に続いて役者以外顔が全く出てこないはずの映画で唯一出てくる「アジア系の顔をした」漁師に如何にもな残酷描写でヒレを切り取られ打ち捨てられるサメの映像、そこにこれみよがしにかぶせられる「これは現実に起こっていることなのです」という台詞。

あげくの果ては映画の最後で「この映画で出てくる残酷描写は動物を虐待したものでは無く映像的に加工されたものです」ときやがった。ていうと何ですか?中盤のシーンだけCG合成?ドキュメンタリーで?

いやあ、予告映像があまりにも素晴らしかったんで騙された俺も阿呆だが内容を理解した上で推薦とか宣伝やってるんならやってる奴らはクソですほんと。

公式サイト
一切内容の説明はありません。

Wednesday, February 10, 2010

ニューヨークバーガーも食べた

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)
テキサスバーガーの感想はこちら。

第一弾を食べたので当然第二弾も。
テキサスバーガーに比べるとパティはモソモソしてない感じ。マックにしては汁気が多いのでソースが指につくのはご愛嬌か。しかしセットメニューは正直高い、そこそこの定食が食える値段なんだよね。ソース含めた味そのものはテキサスバーガーの方が好みだったかな。

Big America

Monday, February 08, 2010

はらドーナツ
【スィーツ】

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

ラーメンの辛さで喉が乾いたので、ほど近くにあるドーナツ屋でティータイム。神戸発らしく小洒落た店構え。2階がカフェになってるので1階でお土産用ドーナツを買った後に上で休憩。

Continue reading "はらドーナツ
【スィーツ】" »

こむらさきラーメン天文館本店
【ラーメン】

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

何十年ぶりかと言うくらい久しぶりに食べてきた。個人的には熊本のこむらさきより好き。麺が独特でそれに合わせたスープと細切れにしたチャーシューとのバランスは素晴らしい。ただし、スープが塩辛いので好みははっきり分かれる味だと思う。

Continue reading "こむらさきラーメン天文館本店
【ラーメン】" »

Friday, February 05, 2010

自家製サンドイッチが一番。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

結構外食をする方なんだけど、サンドイッチに関しては自家製が一番美味いと思っている。クラブハウスサンドは結構いけるんだけどコストパフォーマンスが悪すぎるし、通常の外食サンドイッチは喫茶店やコンビニなどの物含めて食パンに挟む具が少なすぎて物足りない、結果非常に損した気分になるからだ。
それとうちの母が作るサンドイッチにはパンに塗ってあるマーガリン(遮二無二にバターを使う人がいるけどサンドイッチに関してはマーガリンの方が食感にあっていると思う)とマヨネーズに秘密(隠し味)があって、それが旨味の素になっているようだ。特にヒレカツを使った作りたてのカツサンドは1回食べたら外でフライを挟んだサンドイッチは食べたくなくなる、と言ったら褒めすぎかもしれないがその位美味い。

ということで、今日は朝食・昼食とサンドイッチを食べられるので非常に気分が良い。こんなエントリまで上げてしまう程に(笑)

※隠し味を聞きたい人は直接聞いてください。別に秘密にしているわけじゃないんだけどねw

Thursday, February 04, 2010

マイケル・ジャクソン THIS IS IT
【感想】

公開時の感想はこちら

Blu-ray版を購入したので再度じっくりと鑑賞。と言ってもメインはおまけになってる映像特典の方なんだけど。ほとんどはライブに関わったスタッフの証言から構成されているためマイケル本人をべた褒めなのは仕方の無いところか。まあ、近くにいたらリスペクトされるよなあれだけのカリスマなら、という感想。
必見はトレーナーと一緒に鏡面の前で振付を作成&官製させて行く過程がしっかりと録画されている部分。一つずつの動作を丁寧に仕上げていく職人マイケルが垣間見え、広い会場であってもあらゆる角度から観られる事に神経を使う繊細な性格が見て取れる。これだけ神経質だと当時のバッシングはメンタルにかなりの影響を与えただろうことは想像に難くない。良くアーティストとしての特性を失うこと無く復活できたものだと改めて感嘆した次第。

本当にライブ前という大事な時期に惜しいアーティストを亡くしたものだ。


これを買おうかどうか悩んでいる。
携帯でも観たいんだよね…

公式サイト

« January 2010 | Main | March 2010 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ