« March 2009 | Main | May 2009 »

Monday, April 27, 2009

交響詩篇エウレカセブン:ポケットが虹でいっぱい
【感想】

いやあ、久しぶりに「これはひどい」タブを付けておきたくなるアニメ作品。
物凄い腐臭。

何が酷いって、換骨奪胎と言えば聞こえは良いけど要は”神話って口伝でしょ?だから元が何だか分からなくても良いわけで~”という解釈で適当に作り変えた上で作品が元々持っていたどうしようもない駄目さ加減だけが残っているというのが酷過ぎる。というか河森さんの関わったラインはどうしてこうしょうもない神話の構築にこだわるんだろうなあ。高橋留美子が描くところの「好きじゃあぁ~!!」だけで終わる作品なんて滅多に観られないのでかえって鑑賞必須の作品かもしれない、とも思ったけど画作りも含めて映画館で観る必要は無し。

あと思うのは理解できないサブカル要素を分かった振りして取り上げるのはいい加減止めた方が良いんじゃないの大塚ギチ。←脚本監修ってのが最悪

公式サイト

Friday, April 10, 2009

AlfaGT 18888kg走破記念

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

ということで記念写真を撮ってみた。

年15000km以上走ってるのでペースは相当速い感じ。まあこの程度でヨレるぐらいの車では無いのでまだまだ頑張っていただきますよ、っと。

Monday, April 06, 2009

ザ・バンク 墜ちた巨像
【感想】

何気なく観に行ってかなり気に入った拾い物。

唐突なオープニングにはちょっと驚くかもしれないけど、全体を通して描かれる大事な伏線だからこれで良いか。

しかし、原題のままだと目立たないかもしれないけど、今回の邦題じゃ中身は半分も伝え切ることが出来ていないよな。確かに大枠はインターポールと巨大銀行IBCCの対決を描いているようにシナリオは進行していくけど、通底するテーマとしては法と社会の対比とそこに人間として主人公や周囲のキャラクターがどう対峙していくかという部分にこそ主題があるので必ずしも銀行というシステムの持つ悪意は重要じゃないという。

なので、後半の転換は非常に面白くしかもエンドの無常観がより強調されているのが好みなんだよね。

公式サイト

ワルキューレ
【感想】【ネタバレ】

トム・クルーズは相変わらず役に忠実な化け方がうまいなという印象。

ただ、最近は途中で歯を食いしばるような役が多いせいなのと全体の配役的にもワンパターンの感は否めないかなあ、トム・クルーズ自体にちょっと飽きてきた。展開が古くさく感じてしまうのは史実を元にしているからかもしれないので仕方ないか。

内容的にはあくまでもエンタメなんでそういう見方で楽しむべし。

※まあこれを史実に忠実に作ったとかいう奴はそうそういないと思うので心配はしていないけど、たまにこれを事実と受けとめる輩もいるので怖いんだよな。

Continue reading "ワルキューレ
【感想】【ネタバレ】" »

« March 2009 | Main | May 2009 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ