« December 2008 | Main | March 2009 »

Thursday, February 26, 2009

車にかかる諸々を計算してみた

ということでこのエントリを読みつつ「そういや俺の場合毎月平均でどの位かけてるんだっけ?」とか思ったんでちょっと計算してみる。

 

購入した車:AlfaromeoGT(コレッツィオーネ)新車メンテナンス保証付

ローン:年額約750000+頭金の年割200000=950,000
オイル交換年2回50,000
ガス代月16500×12=198,000
洗車年12回コート代込み約50,000
税金(車輌税)39,500(年)
保険約190,000(年額)

年額計1287,500円(年額)

 

軽く月あたり100,000円超えてますな…しかも実家なので駐車場代とかかかってないし、メンテナンスプログラムに入ってるので消耗品代がかからない分これでも押さえられてる方だったり。実際は社用車代わりにも使っているのでプライベートだけならガス代もここまでかかりませんが、そこをさっ引いても月100,000円超える。

車の維持費(主に外車)高えよ!
ということで趣味で乗る以外に外車の購入はおすすめいたしません。

好きな人だけどうぞー

Thursday, February 19, 2009

一麺や
【ラーメン】

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)


携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

熊本下通駕町通りを鶴屋本館から銀座通りへ向かって行く途中にあるオリジナルとんこつラーメン屋。かなり個性的な味で、苦みの混ざったドロザラとんこつスープはかなり人を選ぶと思うけど俺は結構好き。葱ラーメンを注文したんだけどたっぷりの葱と濃いスープとの相性は結構良いんじゃないかと思った。

麺:
細麺だけどメニューを見た限りでは替え玉は無いような気がする。

スープ:
独特の風味がするドロドロザラザラな舌触りのとんこつスープ。どのぐらいドロザラかというと宮崎の人には分かると思うんだけど温かい冷や汁を呑んでるような感じと言えばいいのかな。そのせいか脂っ気は意外に感じない。

具(トッピング):薄めのやわらかチャーシューと太めの葱ザクこんもり。胡麻と大蒜は自分で入れるようになっている。

店舗スペース:
カウンター&テーブル20席ぐらい。

待ち時間:
5分程度。食券購入式なのでカウンターで混乱することは無い。

その他:
とんこつの風味を損ねるということでコショウが置いていないという珍しい店。そのくせ思いっきり風味を変える紅ショウガはなぜかあるのが不思議だけど。ご飯を頼むなら辛子高菜も置いてあるので昼食夕食問わず楽しめるのではないかと思う。

紹介ページ(ひごなび!)

20世紀少年第2章 最後の希望
【感想】

原作とほぼ寸分違わぬ展開(もちろん前作同様映画ならではのちょっとしたアレンジはあるけど)、がゆえに驚きがなさ過ぎて途中で飽きる。まあそこを狙って作っているわけであるからその部分にハマれない人にとっては非常に退屈な映画となっているので第1章を観てこの展開を予測した人は観に行かなくても良いかなあと思った。

それでも俺は観に行ったわけだけれども。

あとカンナ役の平愛梨は思っていた以上に演技が下手。感情移入できない一因はここにもあると思う。

公式サイト

Wednesday, February 11, 2009

カップ麺デザインマグカップを購入。

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

美濃焼のマグカップ。

写真の通り印刷もしっかりしていてなかなか良く出来ている。値段の割には安っぽくも無いので普通に家で使えると思う。俺の場合1個は会社、もう1個は自宅用で購入した。チキンラーメンのやつは自宅に全員プレゼントでもらったどんぶりとセットでラーメン食う時に使いたいと思っている。

販売店のアマゾンページ

Friday, February 06, 2009

「エンジニアのためのWord再入門講座」が超素晴らしい件について
【書評】

いや、もうタイトルで全て言い尽くされているのだが。

きっかけはこちらのエントリで紹介のあった「このコンピュータ書がすごい!2009年版」の書評などから。日本Rubyの会会長の高橋さんとエントリに起こして下さったonering(榊祐介)氏には本当に感謝したい。


読んで書かれていることを実行するだけでとりあえずWordを手堅くエディタライクに使えるし、表組みも含めたレイアウトが段違いに分かりやすくなる。というか自分が如何にWordをこきおろしエディタ脳に犯されていたか、余談と偏見をもってWordに接していたかを自覚しつつ楽しんでカスタマイズできるようになったのは僥倖。思考を妨げられない程度にはレスポンスも向上し、結果特定ソフトのハウツー本としては出色の出来という見識を得た次第。

スタイル中心で書式を設定するくだりもweblogではないHTML文書を作る際にはそれなりに考えてやっているのになぜかWordでは重視していなかったのは自分自身の脳が衰えているとしか思えない。考えてみたら可読性も含め当たり前の話なんだが。

web上で紹介していただいた各者には再度感謝の意を捧げたい。

Monday, February 02, 2009

チェ28歳の革命
【感想】

ソダーバーグの実録キャラ物は辛いというのを確認。

どう撮っても実在のキャラクターが冗長に感じてしまうので辛くて途中寝てしまった。家でじっくり見直すとたぶん違った感想になるんだろうけど。ということで後編はレンタルできるまで塩漬けにすることとするのであった。


公式サイト

WALL-E
【感想】

親子向けの”情操教育エンタメ”としては、ほぼパーフェクト。多少整合性に齟齬を来している部分はあるんだけど観ている間は全く気にならない。こういうのは日本で作ると題材がクレしんとかドラえもんになってしまうので鑑賞後のイメージが全く違ったものに感じられてしまうのが難点か。色が付きすぎると舵取りは難しいんだよね。そういう意味でロボットを主人公にしたのは新規作品的にも大正解のような気がする。


公式サイト

007慰めの報酬
【感想】

今回は作品の内容よりも冒頭でアルファロメオとアストンマーチンがぼこぼこに壊れる様で悲鳴を上げまくってました。そっから記憶に無い…というのはさすがに嘘だけど。

前作カジノロワイヤルを観ていないと伏線も含めて内容はサッパリ分からないかと思うので観に行く前に復習は必須。俺は結構忘れていたので観終わってからレンタルし直したけど。見直さなくてもアクションは派手だしあっという間に終わるので考えないで観たい人はそのまま観ても良し、かな。
エンディングの持って行き方はバットマンと対比すると結構面白いかと思う。向いている方向は同じなんだけど余韻の持って行き方で観終わった後の印象がかなり違うので。


公式サイト
カジノロワイヤル公式

博多ラーメン一竜
【ラーメン】

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

博多駅前ヨドバシカメラのレストラン街にあるラーメン屋。味は至って普通なんだけど店員のやる気の無さが半端じゃなくて正直萎えた。夕方の5時頃行ったのに店員が店に出て無くて奥に引っ込んでるし、チャーハンラーメンセットを注文して1分で物が出てきたところを見るとチャーハンは間違いなく作り置きだろうしで、たぶん二度とは行かないと思われ。

麺:
典型的な博多豚骨の細麺。

スープ:
脂っ気多めの白濁スープ。短い時間で出てきた割にはぬるくはなかったのでそれなりに食べられるとは思う。

具(トッピング):チャーシュー・キクラゲ・葱のオーソドックスな博多ラーメンの具。

店舗スペース:
カウンター&テーブル30席分ぐらい。

待ち時間:
1分程度。ただしチャーハンは間違いなく作り置きの温め直し。

その他:
ヨドバシの上にあるので時間が無くてある程度量を食べたいのなら行っても良いかとは思うけど俺は店員のやる気無さに感染したくないのでもう行かない。

ヨドバシ博多のサイト内公式ページ

サロン・デュ・ショコラ at 博多岩田屋

博多岩田屋で開催されているチョコレートの祭典「サロン・デュ・ショコラ」へ行って参りましたよ。いやあ極楽極楽。


携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

好みのチョコとココアをもりもり購入して、イートインにてティーセットにてくつろぐこの一時。いやあリアル充実とはこういう事かと実感(笑)

博多に来たついでにソラリアステージ4Fに新しくコーナーが出来たカッサーノのバッグも横目に見つつ帰って来ました。バッグは良い感じだったけど今はいらないかな。買うなら赤のトートが欲しいのう、とか。

ちなみに今回のイベント&ショップ情報は全てドコモのiコンシェルで得たのでなかなか使えるねiコンシェル!と宣伝乙w

以下は買ったチョコ一覧。

Continue reading "サロン・デュ・ショコラ at 博多岩田屋" »

« December 2008 | Main | March 2009 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ