« 博多ちょうてん八代店
【ラーメン】
| Main | みやべ食堂
【ちゃんぽん】 »

Tuesday, June 24, 2008

奇跡のシンフォニー
【感想】

マジック・アワーとは対照的なリアリスティックな描写、に最初見えたんだけど思いっきりありえないシチュエーションでのファンタジー映画だった。現実的なありえない度はこちらの方が上かも。各人の因果応報な成り行きがグリム童話を下敷きにしたと思しきイメージなんだけど、シナリオ的には最近の昼ドラとかでやってそうだなあという感じ。ただ、それで魅力となる音楽とのシンクロが色あせるかと言うとそんな事は無いので安心してこのファンタジー世界に身を浸すのが楽しい観方なんじゃないかという気がした。クラシックとロックのシンクロシーンは見事だったしね。

俺にとっては主役のフレディ・ハイモアの未来が決して明るくないようなイメージに見えるのが気になって仕方なかった。ハーレイ・ジョエル・オスメントしかり、マコーレー・カルキンしかり。金髪・栗毛で青い目クリクリの子役が大成したイメージが無いのがどうにも気にかかってしょうがなかった次第。

何だかこの映画が彼への最後のギフトになりそうに思えてねえ…


公式サイト

« 博多ちょうてん八代店
【ラーメン】
| Main | みやべ食堂
【ちゃんぽん】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/41633416

Listed below are links to weblogs that reference 奇跡のシンフォニー
【感想】
:

» 『奇跡のシンフォニー』 [cinema!cinema!~ミーハー映画・DVDレビュー]
6月公開作の中でなにげに一番期待をしていたフレディ・ハイモア主演の『奇跡のシンフォニー』を新宿で観てきましたー。 ニューヨークの養護施設で育った11歳の少年エヴァン。生まれつき類い希な音感を持つ彼は、音楽を通じていつか両親に出逢えると信じていた。だが、その実... [Read More]

» 「奇跡のシンフォニー」音楽の美しい力を感じる [soramove]
「奇跡のシンフォニー」★★★★オススメ フレディ・ハイモア、ケリー・ラッセル、ジョナサン・リス=マイヤーズ主演 カーステン・シェリダン監督、2007年、アメリカ、114分 孤児院で育つ少年は、 いつか両親と会えると信じて ある日施設を飛び出した。 主...... [Read More]

« 博多ちょうてん八代店
【ラーメン】
| Main | みやべ食堂
【ちゃんぽん】 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ