« November 2007 | Main | January 2008 »

Monday, December 24, 2007

私的録音補償金管理協会(sarah)とかいう腐れ団体が最悪な件

http://www.sarah.or.jp/
これの広告バナーがYahooメールの広告欄に貼り付いてる件。
俺はYahooBBの有料メールで使ってるから余計にムカつく。


自前で購入して楽しんでるユーザーをナメてんのか?

映画館の海賊版撲滅ビデオといいこれといい不愉快極まりないのでメールで抗議しようと思ったらHPに電話・FAX以外の連絡先を掲載すらしてねえ。メールフォームも無し。
「連絡先はここ」のリンクが組織表のページってのは何かの冗談か?バナー広告を載せてるのにネットユーザーには耳を貸す気は無いってか。

保証金の使い方が明らかに間違ってるだろうが。
寝ぼけてんじゃねえよ。

Wednesday, December 19, 2007

アイ・アム・レジェンド
【感想・ネタバレ】

今まで読んだフィクションの中でベストに近い位置にあるリチャード・マシスン作SF伝奇ホラー小説「地球最後の男」の映画化3回目作品。ちなみに今回の映画のタイトルの方が原題であり(原作小説)作品のテーマとも密接に関わっていたりする。

作品自体は最初の導入からエンディングまで非常に良く作りこまれている。

しかし、人類が滅びていく過程を最後の伝説の男(だったはず)である主人公に集約させるという方向ではなく憎悪のみで迫り来るダークシーカーとともに殉死する殉教者として描いたこと、唐突な偶然を必然にして安直に人類を脅威から救い出してしまったこと、ダークシーカーそのものを知性はあるが分かり合えない野獣として徹底的に対立する構造をとってしまったこと(しかもそれは原作と違い最後まで解消されない)(*)、俺はここに9・11以降のハリウッド作品の限界を感じた。体感したと言っても良い。

人類(ここでは「我がアメリカ」のメタファー)が滅び行くことは許されない、断固として脅威と叩きそれを打ち砕くのだというインディペンデンスデイ(*2)では能天気にエンタテインメントとして展開されていたテーマが9・11を経て時間がたった今、より深刻な影響を映画の中にまで及ぼしている。

この作品がアカデミー作品賞を取るようなことがあればただでさえ死にかけているハリウッドは完全に死んだと思って良い。そう言えば脚本家のストが起こっていたはずだが彼らにとっては自分たちの頭を冷やす良い機会なのではないか。自分たちが映画という娯楽の中で死に向かわないために必死で9・11の呪縛から脱出する方法を考えた方が良いだろう。

そういう意味では記念碑的な作品であるかもしれないな。

(*)観ていれば分かるがダークシーカーは9・11以後におけるテロリストの暗喩である。原作は主人公がそう思っていたと言う展開で進むが後半に大どんでん返しが待っているのだった。
(*2)この作品でエイリアンを素手で殴り殺す陽気なヤンキー米兵を演じたウィル・スミスがアイ・アム~で主役を張っているのも何かの符号に見えたりするのだった。

公式サイト

« November 2007 | Main | January 2008 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ