« August 2007 | Main | October 2007 »

Thursday, September 27, 2007

責任の所在はそもそもどこにあるのかみたいな話

スクールデイズアニメ版が観られない連中がオーバーフローの新品パッケージ持ってきた人にだけ観せられるようにしてみました企画に俺なら行ければ行きたいという意見表明したエントリに対して見当違いの八つ当たりをしているの図

当り散らす対象が間違ってるのに早く気付けば?みたいな。

観られないことに文句を言ってる人は局とスポンサーに講義をきちんとしたんでしょうかね。自粛ムードに流されてる奴らは勝手に自粛を決めた局&スポンサー側とどっこいしょっと。

何勝手に自粛モラル作っちゃってんの?ファンとしての覚悟が足らんよ。

こんなのにお金を使うのキモイとか言ってる奴は本気で何かにはまった事の無い人間だろうからこの件に関して言及する資格無し。ファンになるってことはそんな甘っちょろいもんじゃねえだろ。

あとNscripter作者にゲーム&アニメの作者(ライター)が凹んでる責任を取らせようとか書いてる馬鹿コメンターはどこの国のクレーマーですか。そういうことを抜かすバカが増えるとツール作者のモチベーションが下がってしまうのでさっさとネット上から死んでください。

というかお前は他人の心情にケチをつける前にモノ作りをする人に対して敬意を払うという当たり前の社会常識を学べ。偉そうに講釈たれてんじゃねえよ。

…と珍しくアツくなってみたが自宅はCS/BSに加入してないからそもそも最近のアニメはDVDが出るかネット放送が無いと観られない罠。これだから地方は(以下地方放送の現状についての怨嗟の呪詛が続く以下略)


そうそう、とりあえずコスト計算をしない印象論コメントばっかりだったので今回のイベントにどのくらい金がかかるかをテキトーに計算してみた。3Dシアターのホールレンタル料金がどこにも掲載されて無いのでほんとに適当なんだけど。

ホールレンタル(半日) 300000
機材レンタル      100000
スタッフ人件費     5000円×10名 50000
雑費諸々        100000

しめて55万てとこかなー。
後から抽選にしちゃったみたいだから郵送費なんかで雑費は実際にはもっとかかってると思われるので60万ぐらいは考えといても良いのか。

ホールレンタルはアキバで200人規模の中規模ホール、たぶん1日40万~60万と仮定して上映時間を考えると半日分で30万てとこかなという感じ。+機材レンタル代ね。人件費は実際にかかる人数はサイトの作成から抽選番号の発想の手間、当日の整理やたぶん会場ではこのイベントの経緯の説明なんかもやったりするだろうから小規模イベント的な人月で。

実際はスタッフの人件費なんて手弁当だろうからかからないし、フィルム(データ?)も局から製作者権限で借りてきたりしてるんだろうから実際の出費はもっと少ないだろうけど、それまでにかかる手間を考えたらこんなもんか?

ちなみに今スクールデイズ(orサマーデイズ)のPC版を買うとして元の値段は定価で12800ぐらい?店頭で7000円台ぐらいかね。卸で当時定価の6~8掛けとしてメーカーから流通卸に販売する段階で高くても4~5掛けぐらいか。5掛けで6400円、4掛けで5120円。製造単価は今だと小ロットで1500円ぐらいかなあ。利幅が3600~4500円ぐらいか。

60万の200人×2回の上映割でまあ1500円頭。
3000円×400人分の利益で最大120万の利益?


いやあ、これで儲かってウハウハって思うかどうかは人によりけりだけど、こんなに文句ばっかり言われるんじゃ割に合わんしメーカー的にプラスかどうかは微妙だよなあ。

まあ、それでも何とか観せたいっていう気持ちなんだろうけどね。

Wednesday, September 26, 2007

語源、言葉の変遷を考える

ここに書いてあった風習「おっとり嫁じょ」でふと。

この風習自体は今の目で見ると以上というかもう駄目だろそんなん、って感じなんだけどそれは置いといてですな。田舎の昔の風習を今論じても仕方が無い部分もあるんで。

元々はたぶん風習の中身の意味そのまんま「嫁になりそうな女を奪ってくる」というところから付いたんだろうと推察される。ちなみに単語の意味はそれぞれ以下の単語からの変容じゃないかな。

奪い取り(る)→うっとる、おっとる→おっとり
お嫁さん→嫁女(よめご)→嫁じょ

熊本南部では奪い取るという意味で「おっとる」、お嫁さんのことを「よめご」という言い方をするのです。余談だが女性器のことを「めめじょ」と言ったりもしますので主に女性の○○という単語を呼び習わすときに末語「じょ」を付けるようですね。

ということで久しぶりに方言について考えてみた。

この時代「おっとり嫁じょ」の風習があった地方の親は男の子供が好きな女の子に結婚を申し込みたくてモジモジしてたらこう言うんだろうなあ。

「はよ、よめごばおっとってこんか!(早く嫁を奪い取って来い)」

まあコレだと熊本弁なんだけどね(笑)
鹿児島弁はまた違うんだよな。

Monday, September 24, 2007

殯の森(もがりのもり)
【感想】

難解なテーマを持ってきたのかと思いつつ観たら、シナリオの無い生と死のシンクロニシティがテーマだったのかな、という感じ。

川瀨作品は実を言うと俺の中であまり良い方に評価していなかったりもするんだけれど、今回のは変に思索的な匂いを持ち込んでいないように見える分ずいぶんと気持ちが良い締め方だったんじゃないかと思う。いつものことだけど、でかく公開する類の作品ではない。そして製作側もそれを望んでいないようなのが透けて見えるのは短所なのかどうなのか、とか。

死を喚起させるイコンとして「老人と介護」というありきたりな構図に終始してしまいそうになっているのはもったいないなあと思ったりもしたんだけど、良い意味での鑑賞後読後感の残らない時間つぶしにはうってつけな作品かもしれない。

一個だけ、あのハンディカメラの使い方は止めて欲しい。
寝不足で観たら吐きそうになったので。


公式サイト

スキヤキ・ウエスタン ジャンゴ
【感想】

ジャンク映画好きにはたまらんだろうなあ、と書きつつこれってマカロニウエスタンが好きな人には以外に受けないいんじゃないかなとも思う。自分の好きなジャンルの映画パロディを詰め込みすぎだよ監督。
三池崇史の毒が拡大表示されている感じなので、Vシネあたりでの悪乗りが楽しめない人にはお奨めしない。

タランティーノはノリノリだったけどね。
俺もノリノリで観たけどね。

サブちゃんのエンドソングには痺れました。

公式サイト

Sunday, September 09, 2007

レミーのおいしいレストラン
【感想】

別の映画に行くつもりだったんだけど、時間の都合でこれを観る事に。

思ったのは、ファンタジーにとってはCGのリアルはマイナスに向いちゃう面もあるんだなってこと。あとこれを作ってる奴らは本当にうまい料理(見た目も含めて)を食ったことがないだろうと。出てくる料理ことごとくが美味く見えないのは何なんだろうなあ。

アニメーションとして「ねずみのコックさん」という題材を選んだことに関しては悪いことじゃないと思うんだけど、今回のネズミ達のリアリティを作品中で見て料理がおいしいとは俺には感じられなかったんですよ。あのねずみの毛並みを含めた実在的なリアルさ(根本的にねずみが持ってる汚さのイメージも含めて)ではそもそも観に来る層を相応に狭めることにもなろうしとも想像したりして。

動物(または他民族)との共存というテーマにしても表現がリアルすぎてそこに違和感を感じすぎてしまうという部分に目が行き過ぎて浸透しないってのは色んな世代に見せたいと思っているであろうディズニーの作品としては良いことなんでしょうかね。

劇場なんでこの先のディズニー映画の予告編もあったんだけど、なんだかことごとくが今までの自作を自虐的にパロってるような作品しか無さそうなのが”ディズニー終わってる”感を醸し出してて物悲しくなっちゃいましたヨ。これとか特にね。


公式サイト

Friday, September 07, 2007

スパイダーのグリル交換

スパイダー用フロントグリル

ヤフオクにてちょっと安いスパイダー用のフロントグリルが出ていましたので様子を見ながら入札したところ、見事落札。届いたのがこれです。

外側のクロームな縁取りはアルミカと思ったんですがプラスティックにめっきコーティングだったので以外に軽いんですよね。でもピカピカなので良しとしますw

元グリル

これが元のフロントグリル。アルファのエンブレムも煤けてちょっと物悲しい感じです。さっそく外して取り付けましょう。

新旧比較

輝きが全然違いますねー。

ボンネット裏側。

見ての通り、グリルそのものは3箇所でねじ止めされ引っ掛けてある状態なのでねじを外すと簡単に取り外せます。取り外した後は汚れを拭いて新品を取り付けました。

新グリル!

ということで見事精悍なフロントが蘇りましたよ! ちょっとしたイメージチェンジでもうれしいものです。

ちなみに、水滴が付いているのは作業途中で雨がザバザバと降ってきたせいです。

新フロントなマイ・スパイダー

格好良いぜ、マイ・スパ!(自画自賛w)

グリルを売っているサイト

イタリア自動車雑貨店
FLATOUT

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

アクションカムATC-2K
【動画デジカメ】

ATC-2Kキット

BCNのニュースを読んで、お手軽そうなのと公式サイトを見る限りでは値段の割に画質も結構良さそうだったので即決購入。昨日受け取りました。防水機能が結構協力みたいなので雨中の撮影に期待したいところ。あと頭に付けてイベントの撮影とか面白そうな気がする(笑)

ATC-2K内容品一覧

内容は本体・取説、接続用のUSB&ビデオケーブル、防水機能強化用のグリス、各種ストラップなどなど。色んな物に標準品だけで取り付けられるようにベルクロからストラップまで取り付け用品は多彩に装備されてます。

本体の構造は簡単で、撮影のみをやるためのシステムのみとなってます。

レンズ部

レンズ。640×480(VGA)30fpsに特化してあるため必要十分にして最小限。

操作部(液晶)

操作部分。 アイコンと数字で表示するためマニュアルの表示状態を覚えるのは必須。なんとなくならいきなり操作も出来るんだけど、きちんとマニュアルは読んでおいた方が良いかも。

コネクタ部

蓋で隠されているコネクタ部分。ビデオ&USBコネクタと電池挿入部分(下部分)、SDカードのソケットがある。2GBまで対応。

早速撮影した動画を見せたいところなんだけど、車で走ってるところを撮ったのは他人のナンバーが写ったりしてるから休みにどこかに出かけてみようかと思ってます。

ということで次回へと続く。

公式サイト

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Monday, September 03, 2007

エヴァンゲリヲン新劇場版 序
【感想】

劇場公開2日目に行ってきました。

CGの違和感はやはり微妙に取り除けていなかったんだけど、4部作の1本目としてはおおむね好意的に面白かったよね、ということで。

「それで俺は本日、南町田の映画館でもう一回見たんですが、2度見ると画面の描きこみばかりでなく旧作との相違点もかなり見えてきて面白かったです。シンジ君がやたらとDATウォークマンを聴くシーンがあるんだけど、収録曲の25曲目と26曲目を何回もリピートしているとか、試写では気がつかなかった。ストーリーには直接関係はない描写だけど、旧作ファンへの何かのメッセージなんでしょうかね。」

竹熊さんの指摘にもある通り、旧作のオトシマエを付けつつも前向きに新作を作ろうという意欲はそこかしこに感じられるよなあというところです。ああ、作りこみというか作り直し具合は半端じゃないですよ。もう何か妄執が感じられるぐらいの。
特撮的な魅せ方についてはパンフのCGスタッフの証言を読んでみてください。衝撃的というその庵野発言が物語るように前編を何がしかのオマージュにささげる姿勢というのは変わっていないようですから。

公式サイト


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

« August 2007 | Main | October 2007 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ