« 劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!
【感想】
| Main | コミケ(サークル)襲撃(準備)未遂事件まとめ »

Sunday, August 19, 2007

夕凪の街 桜の国
【感想】

こうの史代の原作漫画を「半落ち」の佐々部清監督が映画化。

被爆者とその家族(2世3世含めて)を材にとった映画に対しては不謹慎なのかもしれないけど、この映画に出演したキャストやスタッフは本当に幸せだったんだろうなあと思う、それほど個々の演じる姿勢と瑞々しさが非常に強く感じられる映画だった。

監督も原作の持つテイストをいかにして殺さずに映像化するかに腐心しているのが良く分かるのだが、作品自体にそれがにじみ出ていて大変丁寧に作りこまれていたのに好感が持てる。

原爆の被害を直接的に訴えて人々の激情にまかせるという反戦運動も必要だとは思うが、ドラマとして人の感情を切り取っていくこの映画のような見せ方の方がよっぽど効果的で共感を得やすいんじゃないかなあと個人的には思う。

お前が悪いんだ、とだけしか言わない反戦運動物よりはよっぽど納得がいくんじゃないかと。

原作(Amazon)
公式サイト

« 劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!
【感想】
| Main | コミケ(サークル)襲撃(準備)未遂事件まとめ »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/16171020

Listed below are links to weblogs that reference 夕凪の街 桜の国
【感想】
:

» 【2007-109】夕凪の街 桜の国 [ダディャーナザン!ナズェミデルンディス!!]
人気ブログランキングの順位は? 広島のある 日本のある この世界を愛する すべての人へ 広島 あの日から十三年 消し去れぬ想い そして、現代 ふたつの違う時代に生きる二人の女性が、 今ひとつの物語を紡ぎはじめる。 生きとってくれて あ....... [Read More]

» 「夕凪の街 桜の国」儚い主人公の一生は戦争で砕かれた [soramove]
「夕凪の街 桜の国」★★★☆見て戦争について少しでも考えたい 麻生久美子 、田中麗奈 、吉沢悠 主演 佐々部清 監督、2007年、118分 原爆投下から13年後の広島と 現代の東京の二つが舞台の映画 8月の公開は日本人に大切な時期ということで 正解と...... [Read More]

« 劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!
【感想】
| Main | コミケ(サークル)襲撃(準備)未遂事件まとめ »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ