« July 2007 | Main | September 2007 »

Friday, August 31, 2007

受給資格と需給金のアンバランスと

田舎じゃ車は必需品?ってことで色々言及してるのに言及。

結果論として車は必要か、という部分に関しての原則ケースバイケースっていうのは同意なんだけど、問題はこの問題の根っ子にあるのが「田舎じゃ車が必要なんだ」「だから認めてくれ」ってところではなくて、生活保護を受給している人達の何割かにそもそも生活を立て直す気のない人が雑じっていることなんだと思う。

特に記事になっている熊本ってのはパチンコ産業が盛んで(ゴールデンタイムにこれだけあからさまにCMを流しまくる地方はそんなに無いと思う)せっかくの需給金をパチンコで食いつぶしている人が多いってのが相当深刻な社会問題だったりする。まあここに関してはパチンコ関連の業務に系列が噛んでいる部分において、あまり大きなことは言えなかったりもするんだけど。

それとまっとうに働いて得た金額と生活保護で受給される金額の差がほとんど無い(もしくは需給金の方が高い)ために仕事をすることで社会復帰を成し遂げる意欲を持てないという部分にも着目していかないと、と思った。

(これについては産休・育児休暇を取った挙句「仕事やめて生活保護の需給を受けた方が実入りが良いんで復帰しません」と放言して会社を辞めていった奴がいたのを確認しているのでそうなんだろうということで。本人は風の噂で子供を家にいる親に預けつつパチンコに興じているような話も聞くけど、そこは伝聞だから”うわあ事実だったら酷いねえ”ぐらいの感じで。)

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Wednesday, August 29, 2007

ホウレンソウ(ホウは無いけど)

weblogのコメント欄での誹謗中傷に対して弁護士に相談したという優良事例

発言の是非はさておき、こういう事例に遭遇した場合に自分の中で解決できないんなら弁護士に相談に行くというのはまっとうな話です。商品瑕疵なら消費者センターへ、社内・社外クレームなら上司への報告・連絡・相談(ホウレンソウ)は当たり前の話。岩本氏もこれ以上余計な傷を広げないために他社へ相談したのは賢明な判断でした。

自分にとって耐え難い誹謗中傷を受けたときに、人によっては弁護士にまで相談するなんて~と考える人もいらっしゃるかと思いますが、そうやって手をこまねいていると自分のプライドが邪魔してきちんとした対応が出来ない状況になりがちです。結果無残に炎上(精神的にもボロボロ)ということは往々にしてありますし、検索をかければ事例はそこここに転がってますよね。

気軽に相談できる(する)ために相談窓口というのはあるわけですから、遠慮なく疑問に思ったり困ったりしたら相談してみるべきです。

とは言っても物には限度があるのでTPOは考えましょうね。いくら対価を貰っているとはいえ相談される側も人間ですし、対価が見合わなければそっぽを向かれてしかるべき、という話にもなりかねません。

クレーム相談がクレーマーに、ミイラ取りがミイラになっては元も子もありませんから。

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Tuesday, August 28, 2007

ラッシュアワー3
【感想】

クリス・タッカーがうるせぇええ!
ジャッキーが老けてるー!!
工藤夕貴はもっと老けてるぜー!!!

ということで色々感慨深い部分もあるパート3なんですが、正直言って真田広之は違う誰かで代替可能だなあと思った。ジャッキー監修のアクションシーンは相変わらず弾けていて面白かったんだけどね。

この映画に関してはシナリオの整合性とか考えてはいけません。
感動も求めてはいけません。
一番面白いのがエンディングのNG集なのもいつもの通りです。

でも、それがいい。

ということで、貶してるようですがそんなことはなく時間つぶしとしての楽しみ要件は十二分に満たしているので鑑賞後とにかくスッキリしたい人にはお奨めです。

公式サイト
クリス・タッカー(wikipedia)
ジャッキー・チェンデータワールド
真田広之(wikipedia)
工藤夕貴公式サイト

Thursday, August 23, 2007

コミケ(サークル)襲撃(準備)未遂事件まとめ

って俺がまとめたわけではないんだけど。

ということで偵察側サイド周辺の人の見解被襲撃側サイド周辺の方による見解 を併記。

後はリンク辿って当事者発言とここのデータを読めばOK。その上でウォッチ側としての感想と見解をば。

襲撃未遂寄りの人(と事実関係の把握がしたいウォッチャーの一部)とかがイキリたってるのは、①JSF氏が警察が”この事件のために”積極的に動いているような書き方をしてしまっているのと、②共謀罪と絡めて相手方を非難したのが原因でしょうねえ。

①については上記2記事などを担保として読む限りにおいては警察に相談したのは事実でしょうし、警察側も相談された事案に対しては対応の旨を約束もしたのだと思われます。ただし相談の際の確約と実際にどう対応したかは別個の問題でして、通常この程度の相談で余剰人員を大幅に割くことはありません。そもそもコミケには(大規模イベント警戒要員としての)業務・もしくは趣味(笑)両方で私服姿の警官が何人か入ってますのでその方々に注意しておいて欲しい旨の通達が出されたぐらいでしょうか。これに関してはJSF氏の一連のエントリでの書き方が少々大袈裟かな、という気はします。というか警察に期待しすぎですよ。

②について、俺としては”現状討議されている”共謀罪の成立には反対の立場なので当該発言を読んだ時には「まったくこの人は何かというと共謀罪共謀罪ウゼエなあ」という感想。あそこでわざわざ持ち出す意義のあることとは思えません。単に誰かと喧嘩したいんだったら別ですが。

inumashさんはとりあえず勇み足サミー(年がばれるやん)

そうそう、偉そうに書いてるけど別に優越感ゲームではないよということでひとつ。

あ、ひとつ書き忘れてた。
当事者周辺ではないんだけど警察と公安をごっちゃにするのやめれ。警察が公安案件に対して嫌々ながら協力することはあっても両者が強調することはよほど特殊な事情がある限りありえません。大体公安職員の存在自体を知ってるのは県域単位で所長クラスぐらいだよ?というか所長でも所在ぐらいしか知らんらしいよ?

閑話休題

話はちょっと上から逸れるけど、宗教・カルト関連の言及に関してid:Hayashidaの人の書きたいことは実は分からんでもなかったり。俺も地元が熊本なんでね。パチンコにはまり講金に何の違和感も無く加入する土地柄から生まれる行き場の無いドロドロ(またこれが以外に能天気だったりするんだよねえ…)が消化されない思いと混ざり合って究極のねずみ講やカルトになっていく側面も否定できないんだよね。っとあんまり書き込むとこの辺は嫌な感じになってくるのでやめとこう(笑)


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Sunday, August 19, 2007

夕凪の街 桜の国
【感想】

こうの史代の原作漫画を「半落ち」の佐々部清監督が映画化。

被爆者とその家族(2世3世含めて)を材にとった映画に対しては不謹慎なのかもしれないけど、この映画に出演したキャストやスタッフは本当に幸せだったんだろうなあと思う、それほど個々の演じる姿勢と瑞々しさが非常に強く感じられる映画だった。

監督も原作の持つテイストをいかにして殺さずに映像化するかに腐心しているのが良く分かるのだが、作品自体にそれがにじみ出ていて大変丁寧に作りこまれていたのに好感が持てる。

原爆の被害を直接的に訴えて人々の激情にまかせるという反戦運動も必要だとは思うが、ドラマとして人の感情を切り取っていくこの映画のような見せ方の方がよっぽど効果的で共感を得やすいんじゃないかなあと個人的には思う。

お前が悪いんだ、とだけしか言わない反戦運動物よりはよっぽど納得がいくんじゃないかと。

原作(Amazon)
公式サイト

劇場版仮面ライダー電王 俺、誕生!
【感想】

夏の東映特撮まつり2本目。

今回は毎年の構成と違って完全にTVシリーズとリンクさせた作りなんだけど、俺としてはこっちの方が良いかな。パラレルワールドとか時間をずらして本編とは違うっていう世界観を作るってのも映画を独立させる要素としては良いパッケージングなんだろうけど、シリーズとしての世界観を壊さないようにシュリンクするってことでは今回のやり方がスっと頭の中に入り込んでくるからまとまりやすいんだよね。

ただ、両方見ていないと意味が分からなくなる(だから見ろよ)という強制のされ方が受け入れられるかっていうとどうなんだろうな、ってのはあるかも。個人的には今後も続けて欲しい方式ではある。

映画本編は、我王が後半急に弱くなる意味づけに整合性がとれていないので、そこは親子映画だからって逃げずに片を付けて欲しかったなあ。
あれだけ強くしちゃうとイヤボーン発動しちゃうしかないからそうはしたくないってのも分からないではないけど、そこに子供向けだからって制作側の甘えがあるような気がするよ。


公式サイト

電影版 獣拳戦隊ゲキレンジャー
ネイネイ!ホウホウ!香港大決戦
【感想】

毎年恒例、夏の東映特撮まつり1本目。

旬の過ぎた小野真弓はいまいち可愛くなかったんだけど(いやまあファンなんですけどね…)、わざとカタコトなインリン様も含めて大人も子供も楽しめる良作に仕上がってます。

一見意味も無く劇場版で香港を舞台に選んだものも日本発の拳法特撮物としては二重丸。どうせならゲストで倉田保昭ぐらい持ってきてくれると親世代としてはもっとエキサイトできたんだけど、そこは無いものねだりか(笑)

敵ロボットに「乾坤一擲」の文字とか激臨合体とかいちいちツボをくすぐる狙いが見え見えなのはちとやりすぎかなあとも思ったけどそこはまあ多めに見ようかな、ということで。

夏の風物詩だしね。


公式サイト

Friday, August 17, 2007

長崎ドライブ

光源寺

長崎市の光源寺にて毎年8月16日のみここに保管されている「産女(飴屋)の幽霊」が公開になるという話を聞いたので、盆休みを急遽取り車にてドライブがてら見に行ってきました。

さすがにご本尊は撮影できなかったんですけど、江戸時代に作られた幽霊人形だということで写実的な雰囲気がなかなか鳥肌の立つ雰囲気を醸し出していて、良いものを見させていただきました。 この時代には珍しい目玉がビイドロ(ガラス玉)になっていたり、胴の一部と腕は長崎の原爆で消失した(それで8月16日の公開なのね、と合点)、などの話を聞いて20分ほどでおいとまさせていただくことに。

さすがに腹が減ったので何を食べようかというところだったんですが、寺からは浜町アーケードも近いのでここはトルコライス!と意気込んで最初ツル茶んに行ったんですが、昼時とあって中を覗いた途端に店の外まで出そうな行列。 さすがにここで食べるのはあきらめてブラブラとアーケード内を散策していると通りの中に「カフェ・オリンピック」の文字が見えたのですかさず階段を覗くとタイミング良くこちらは待ちが一組だけでしたので10分ほどで中へと入ることが出来ました。

ということで頼んだのがコレ。いたってベーシックなトルコライスですが、サフランライスの香りがかなり強かったかな。ボリュームもそこそこあって美味かった。

実はここ、ジャンボパフェでも有名なんですがこの日は体調が良くなかったのもあって(直射日光に当りすぎた…)さすがにそっちは頼みませんでした。が、料金支払いのカウンター向こうには1mパフェを完食した猛者の名前がずらり。いるもんですなあ。

お腹も満足したのでぼちぼち帰ってきたんですがフェリーに乗るまで時間がありそうだったので(実は結局乗り遅れた-_-;)途中で国見の百花台公園公園まで足を伸ばしてみました。いやあ、公園っつっても広いですなあ。 中に入って変な塔やらモニュメントやらがあったので写真に撮ってみましたよ。


光源寺

カフェ・オリンピック

百花台公園

このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

トランスフォーマー
【感想】

やっと観に行きましたヨ、もちろん吹き替え版で。

基本的にはハリウッドの作法を守りつつ、スピルバーグのテコ入れで玩具的な文脈をかろうじて守っているという感じでしょうか。VFXは確かに凄いんだけど玩具としてはありえない、というか個人的にはそそらなかったんだよなあのメカ群には。声にはそそられましたがね(笑)
別にトランスフォーマー自身には特別な思い入れが無い方なので、より一般的な意見に近いかもなあと今回は思ってます。とか書くとだったら吹き替えを観に行くなよとか言われそうなんですけどね。

ストーリー的には最近興味を持って見ているスクールカースト論議に面白い題材だと思うんですが、そのために無理してまで観る必要は無いかも。他に特徴的な作品はいくらでもあるからなあ。


公式サイト

Monday, August 13, 2007

MNPへの思惑

googleとの提携シナジーを生かしたauoneメール。

(シェア国内2位同士)

日本通信の携帯インターネット接続設定の切替による携帯メールポータビリティ(まずはドコモから)

(シェア1位とそれ以下の連合)

そしてソフトバンクのYahoo連携。

(シェア3位と1位)

さあ、各社本当のMNPに向けて水面下、上で動き始めましたな。google、yahooを他社に奪われた状態のドコモが今んとこ一番不利な位置にあるのは確かなんですが、楽オク(ネットオークション業界ではパっとしなかった楽天)やDCMX(これも業界規模としては決して大手とは言えない三井住友)みたいになりふり構わず烏合の衆を持って事を当るラインのような気はする。

携帯キャリアの中で最もお役所的なドコモが(どうしようもなくなってなのかもしれないが)結果的に二番手三番手のシェア奪回に力を貸している構図も面白いし、日本という市場はつくづくバランスを取ったシェアに収斂されていく構造なんだなあと各社の戦略を読んでいて感じた次第。

(2007.08.13 mixiより転載)


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

Monday, August 06, 2007

スパイダー入院!

いやあ、納車して3日で早速入院してしまいました。

近場へ記念ツーリングに出かけたんですが、出先で話をしてさあ帰ろうかというところでエンジンがかからない。さあどうしよう、ということで色々考えたんですがここは素直にJAFを呼んでディーラーまで引っ張ってもらうことに。

後日判明したところででは、どうもキーシステムにエラーが出ている模様。

実は格安のマスターキー無しマシンを購入してしまっているので、これが直らない場合キーシステムごと交換ということになりそうです。手痛い出費だー!


このページは xfy Blog Editor を利用して作成されました。

それでも生きる子供たちへ
【感想】

WFP、ユニセフを巻き込ん製作された子供を題材にした短編映画集。

途上国、先進国それぞれに抱える問題を浮き彫りにしながら子供たちの今をそれぞれの監督達が描いていく、はずなんだがなぜかリドリー&ジョーダンのスコット親子は大人の視点から子供を観察する作品になってるのがらしいというか何というか。
あとスパイク・リーはアメリカが抱える問題点を凝縮しすぎてかえってとっちらかってしまった感じがするかな。

個人的には全般的にシニカルな印象が強い作品が集まっちゃったなあという感想です。虐げられた子供たちを主人公に持ってきた時点でその方向性は規定のものであったりもするんですけどね。

公式サイト

Thursday, August 02, 2007

アルファロメオスパイダーを購入

8月1日、約1ヶ月かかりましたが7年乗ったマイ・ジムニーからアルファロメオのスパイダーへと車を乗りかえました。中古で陸送込み69万。

Nec_0066

これからの愛車スパイダー。

とりあえず車の状態としてはフロント・リアの純正スポイラー付、マフラーも取り替えてあったようでなかなか良い音色を奏でてくれますよ。これからオープンで乗り回すのが楽しみです。

…と思ってたら納車2日目で台風が来ちゃいましたよ!

幸いうちの地元は直撃は避けられそうな按配なんですけど、雨でさっそく幌がずぶ濡れです。まあ幌含めて洗車するから良いかあなんて無理矢理自分を納得させているところなのでした(笑)

さあ来週はタイミングベルト交換も含めてメンテに専念、と。

« July 2007 | Main | September 2007 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ