« コミュニケーションとかその先にあるもの | Main | おも屋
【居酒屋】 »

Tuesday, June 26, 2007

憑神(つきがみ)
【感想】

浅田次郎原作の映画は時間の制約上原作のエッセンスをそぎ落とす量が多すぎてどうしても人物描写の底が浅くなるんだよね。そこをどう埋めるかってのが監督の技量の見せ所だと思うんだけど、今回のこれは以外にうまく掬い上げている感じはする。他の浅田原作よりファンタジー成分が多いせいかもしれないけど。作者もノリノリで楽しんじゃってるところが劇中を観ると良く分かるので時間をつぶすって意味では良い映画なんではないかと。

そうそう、エンディングテロップでスタッフの名前を本人に直筆で書かせてるのって他の作品で何かありましたっけ?素で書いているのもあり、仰々しく飾り書きしてるのもあり、あそこだけでも楽しめたのでした。

公式サイト

« コミュニケーションとかその先にあるもの | Main | おも屋
【居酒屋】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/15562664

Listed below are links to weblogs that reference 憑神(つきがみ)
【感想】
:

« コミュニケーションとかその先にあるもの | Main | おも屋
【居酒屋】 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ