« February 2007 | Main | April 2007 »

Tuesday, March 27, 2007

アルゼンチンババア
【感想】

Yahooの先行Web上映で観たけど、これに感動はしないなあ。
少なくとも原作を読む気にはさらさら。

鈴木京香が汚れてるってだけでお定まりの役者をお定まりの配置でお定まりの演技をさせても退屈なだけだと思うんだけど、と俺には思えたけど。
元々吉本ばななを面白く読んだことが無いっていう穿った視点だからかもしれないのであまりあてにはならんかな。

公式サイト

ゴーストライダー
【感想】

ニコラス・ケイジの鍛え過ぎた筋肉が気持ち悪いよー
以上。

というわけにもいかないのでちょっとだけ他の感想も書こう(笑)

まあ確かにピッタリの配役ではあるんだけど、最近のマーベル原作はどうしてこうも軽いのかという不満もたらたらと述べたくなるぐらい中身はスカスカ。(安っぽさという意味での)コミックのペイパーバック感を出すことには成功してるんだろうけどこう観る度に金を払う価値が無くなっていくというかね。
駄作では無いけどハリウッドには価値が無いぐらいは言いたくなるマニアックさととりとめのなさというか。先日観た「ディパーテッド」が原作吹っ飛ばすレベルで尖がってたのとは対照的な妙にプロモーションに塗れた展開にうんざりする客も多いんじゃないかなあ。

楽しいんだけど何回も観ないよね、これ。


公式サイト

ブラザーズ・オブ・ザ・ヘッド
【感想・ちょいネタバレ】

オールディスの原作も読んでなくて前知識無しにフラッと観たので度肝を抜かれた。

最初マジもんのドキュメンタリーかと思いつつも、ザ・バンバンなんて知らねえなあとか非常に寓意的なカットバックなんかがあったので”ああこれは創作か”と悟った次第。
徹底的にドキュメンタリーを研究して構成してあるのと役者が役者を演じるメタな構造が感じにくい構成に騙されましたなあ。原作読みたいな、と。

役者の力はもちろんなんだけど、音楽の威力はすげえなあと改めて感じられる佳作だと思うのでまだ近くで公開してたら是非観ていただきたいところ。今までのところ今年の俺的ベスト作品かな。


公式サイト

Tuesday, March 13, 2007

手前勝手な企業どもに鼻血が出そうになる話

読売の報道から経済産業省のHP報告へ。

いやあケッタクソ悪い企業側の妄想垂れ流し。キモッ!(ここでこそ使うべき単語(笑))
そんな理想をアンケートで語る前にお前らは若い連中にどういうビジョンを示してきたんだと小一時間(以下自主規制)

求める人材を問う前にまず足元を見れ、と俺も含めて反省せんと。

Monday, March 12, 2007

空き箱に夢は残っているか

boxman最終回。

良質な文章の断片が宣言をもって途絶えるのは何にせよ寂しいことではある。まあご本人は90年代の清算と言うことで書いておられたようなので一読者としては特に一抹の寂しさ以外言及できることもなく。

願わくばそこを踏み越えて清算以外の活動をwiki以外でも時々は披露していただけると多少の慰みにもなるのだけれども。


もちろん『戦争はいかに「マンガ」を変えるか』は買いますよ。
当たり前の話です。

Tuesday, March 06, 2007

コーヒー小説

愛蔵太さんところ経由はてなQAの楽しそうなクエスチョン&アンサーがあったから参加してみようと思ったらもう締め切られてやんの。ということでTBにて文章作ってみるテストということで以下のような感じに。

1.かり、かり、かり、かり、かり。
2.「おまたせいたしました。」

3.座ったテーブル手前の小さな傷が気になったのでムキになって引っかいていたら頼んだコーヒーが運ばれてきた。
4.ウエイトレスが怪訝そうな面持ちで私を見ていたが気にもせず、ありがとうと礼を言って運ばれてきたコーヒーを口に運ぶ。

5.甘い香りに苦味のある茶葉の後味。

6.どう考えてもコーヒーではないなと思いながらこれを持ってきたウエイトレスに声をかけた。
7.先ほど以上に怪訝そうな様相で私の前に立った彼女は、私が頼んだものを間違っている旨伝えると急に表情を変え深々と頭を下げながら慌てて飲みかけの紅茶を持ってカウンターの裏へと消えていった。
8.変に見える客に対してある意味正直な態度だが、お客様に対してはあまり良い印象を与えまい。

9.ということで今夜のターゲットは彼女にしようと決めた。

10.少々教育してやらねばなるまいなどと今夜起こるであろう悲鳴と懇願の表情を想像し心の中で舌なめずりをしながら、私は湧き上がる殺人への衝動を何とか押さえ込んでいた。

11.そして、今夜までのお楽しみだまだだまだだぞと自分に言い聞かせつつにこやかに運ばれてきたコーヒーを受け取る。

12.舐めるようにそいつの肢体を観察しながら。


解説:

1.意味ありそうな擬音で惹きつける。
2.1行目と一見関連性の無い台詞でシーンの情景を考えさせる。(想像の余地)
3.ここで1行目の擬音の意味と2行目の台詞の説明を端的に行う。
4.台詞へのレスポンスをはかることで展開を促す。
5.転換点のための状況説明。(コーヒーのはずなのに!)
6.結末への導線1
7.同2(要因の状況説明)
8.同3(主体の感情)
9.結論(ここでは詳細を伏せ続読を煽る)
10.結論の補足
11.12.恐怖感情と気持ち悪さを掘り起こすための駄目押し。

短い時間だと難しいねこういうシチュエーションに起伏を持たせるのって。ライトノベル的な展開はあまり好きではないのであくまでもホラー&サイコチックに攻めてみましたデスよ。
異常行動と他人称がどんどん粗雑になっていく感じで主体のサイコパスぶりを表現してみたりなんてちょこっと小賢しいテクも使ってみたような気もするんですがイマイチ上手くいってないような。まあこんなもんでしょうか。

そうそう、ネタに反応しただけなのですでに掲載されてるのとカブってたらすいません。

Monday, March 05, 2007

川尻の和菓子展で

F1000057

F1000056_1


写真は川尻で和菓子展があった際に買ってきたさくら餅。

普通のさくら餅はもち米をついてまんじゅうにすると思うんだけど、ここのやつは餅の部分をきちんと煉って餃子の皮で具を包むように餡子を包んでいる様子が品の良い見た目になっていて面白い感じだった。
味も皮の部分が餅というよりは八橋みたいな食感で俺にとっては好みの甘さだったせいもあって美味しくいただきましたよ。

ついでに煉りきりのお茶菓子も買ったのでそっちも載せておこう。
こちらもお茶請けに良い感じでした。

F1000055




川尻商店街

釜庄のモンブラン(ホール)
【ケーキ】【通販】

F1000059

福島いわきのケーキなのになぜか地元加鹿本の栗が使われているという不思議(笑)
モンブランのクリームにもたっぷりと栗のペーストが練りこんであるので非常に濃厚な風味が楽しめます。一言で言えば美味かったということで。

この後親に頼まれてさらに2ホール頼んだのでした。

F1000058


釜庄のモンブラン
釜庄

Sunday, March 04, 2007

珈琲の青山でケーキを食べる

F1000060

写真を撮って載せていなかったので、がんがん載せていくテストってことで。
この時はブルーベリームースを食べたのかな。

エグ味の無い甘さがストレートティーと合ってて美味かった。
ここは夜中も人が多いんだけど、雰囲気が好きなので結構通ってます。

珈琲の青山福岡中洲店

« February 2007 | Main | April 2007 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ