« September 2006 | Main | November 2006 »

Monday, October 30, 2006

父親たちの星条旗
【感想】

クリント・イーストウッドの監督として役者を魅せる作品力と、スピルバーグの残虐行為手当が相まって凄まじい焦燥感と寂寥感が漂う作品に仕上がっていた。戦争のやるせなさを味わいたい方は必見。
ユナイテッド93のとったリアリティのあり方とはまた違ったドラマとしての映画の見せ方に徹しているところはさすが。イーストウッドは自分が出ない方が良い場合をきちんと見極められる稀有な監督だから、今回の役者起用の判断もドンピシャですな。

しかしメイクのせいもあるとはいえよくもまああそこまで実在の人物と似せるもんだと思う。そこに「プライベート・ライアン」で味をしめたのか、スピルバーグ風味の映画らしいリアリティを倍加させる容赦のない戦闘描写(B級映画よろしく爆発で生首がすっ転がる映像はイーストウッドの趣味であるまい)が加わると頭が痛くなる。

俺はいいんだけど、これPG指定じゃないのかよと思ったんだが違うのかねえ。

気になったのは後編である「硫黄島の手紙」が「男たちの大和」と寸分たがわぬキャスティングのせいでどうにも生ぬるく感じてしまうところ。まあまだ公開されていないし観てもいないので断言は避けるけど、公開中のこれと比較されるとどうにもこの日本人役者たちの舞台がかった演技の大仰さにうそ臭さを感じてしまいそうでなあ。


公式サイト

レディ・イン・ザ・ウォーター
【感想】

シャマラン流、人魚の御伽噺。ウォーター・イン・ザ・ベッド(それは違う)。

何もかも失った(失いかけている)キャラクターが主人公なのは毎度のことながら、直感で動く主人公はじめその他の登場人物が必ず1回は”間違ってしまう”のには笑ってしまうところ。しかも間違いを認めない者には手ひどいおしおきが待っているところなんざ芸術的残虐性を魅せる監督の面目躍如ってとこか。相変わらずモンスターのしょぼい造詣だけは苦笑いなのだが、まさに暗い絵本とも言うべきそれ以外のビジュアルがその部分を覆い隠してくれるので見ている間は気にならないと思う。

シャマラン作品が誤解(曲解)と和解を繰り返し「良き者」に近づいていく家庭を見せていくことに固執してるのは何でだろうと改めて思うのだが、そこは分からんのよね。感覚的なテーマは感想レベルの言葉繰りでは説明しづらいなあ。

そうそう、忘れるところだったけど主役の一人ストーリーを演じるのは前作「ヴィレッジ」に引き続きブライス・ダラス・ハワード。ロン・ハワード監督の娘であるこの子の眼力は凄い。お子さんが生まれるそうでおめでたいのだが、子育てが落ち着いたら早めに復帰していただきたいところ。裸を見せないセクシーさが出せる女優ってのはそうそういないからね。

 

公式サイト
シャマラン作の絵本

ブラック・ダリア
【感想】

実際にハリウッドで起こったブラック・ダリア事件を基にしたJ・エルロイの原作を”御大”ブライアン・デ・パルマが映画化。

相も変らぬストロボ効果によるフラッシュバックとスローモーションの多用がファンにはうれしい一作。原作と内容が合致しているかは昔読んだっきりなのですっかり忘れてしまったけど、登場人物すべてがやるせない現状に置かれるような作品は御大が最も得意とするところなので、妙にセクシーさの抜け落ちたヒロインなども含めて見所満載ではないかと。

面白れぇ~、って言い方は出来ないけれどもニヤリと笑うシーンはたくさんあるので見ながら探してみるのも良いかも。

公式サイト
原作本

Thursday, October 12, 2006

Google&YouTubeについて

今後の行く末として気になるのは、この2つが今後どうGeekとしての形質を残しながらトップレベルの株式公開企業としての形態を保っていくかという部分に尽きる。

正直著作権の問題がどうのこうのはすでに色んなコミュニティでも語りつくされているんでどうでも良いし、訴訟リスクなんて気にしてたらそもそもサービスそのものが成り立たないだろうしなあ。

その辺のグレーな部分については、和田アキコの歌じゃないけど「さあ冒険だ」で良いんじゃないの?という気がするけどね。

Monday, October 09, 2006

コマの強度と見開き技
【漫画】

愛・蔵太さんとこ経由で身辺雑感のエントリへ。

大ゴマでせりふを決める、って意味ではその前にもあったんだろうけど、読者インパクトの強さを印象づけたのは「リングにかけろ!」ではないかと。次への導線として大ゴマで「次週!」ってのは心に残るもんだよなと思いました当時。

ただリンかけの時は見開きが必殺技を魅せるってことの延長線上にあったんですけど、そこから演出があまり進化していないのはちょっと気になるかなあ。見開きで違う表現領域ってのも見てみたい、とか。

volvic fruitskiss Lemon
【飲料】

ミネラルウォーター「volvic」のスペシャル飲料らしい。

コンビニにあったのをふいっと買ったので詳細は分からず。サイトも無いんだもんなあ。
味は味付レモン水よりは濃く健康飲料系レモンウォーターよりは薄い味付け。運動後なら水みたいな感覚で飲めるんじゃないかと思う。
ボトルの広口蓋が海外飲料っぽくて好みは分かれるだろうけどデザイン的には俺は好きかな。

« September 2006 | Main | November 2006 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ