« PCとの親和性で液晶に1票 | Main | 敵を作らないと自分を表現できないのもいたりするわけで »

Tuesday, April 05, 2005

アビエイター
【感想】

キャラクターに即したL・デュカプリオの神経症的演技は俺的には楽しかった。ただ途中の展開がかなりだるいのとハワード・ヒューズの精神状態を表現するためなのかカットが妙なところで細切れ状態になっていて落ち着いて観難い。万人におすすめとは決して言えない作品だ。上映時間はもっと短めで良いだろう。

公式サイト

« PCとの親和性で液晶に1票 | Main | 敵を作らないと自分を表現できないのもいたりするわけで »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/3572691

Listed below are links to weblogs that reference アビエイター
【感想】
:

« PCとの親和性で液晶に1票 | Main | 敵を作らないと自分を表現できないのもいたりするわけで »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ