« えぇぇえエー!! | Main | ローレライ
【感想・ネタバレ】 »

Sunday, April 10, 2005

オペラ座の怪人
【感想】

世界的キモい文学」ってのは言いえて妙。
ジョエル・シューマカーという魂の童貞野郎が監督することでクリスティーヌはより悪女的に、ファントムはより悲劇的同情的に描かれているのが特長的か。”この、尻軽女めっっ!”みたいな。
ミュージカルの方程式が分からない人が見るとちょいと唐突に見えるところもあるが派手さに紛れてしまう分気にならないのかもしれない。

公式サイト

« えぇぇえエー!! | Main | ローレライ
【感想・ネタバレ】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/3641238

Listed below are links to weblogs that reference オペラ座の怪人
【感想】
:

» オペラ座の怪人 [月影の舞]
「オペラ座の怪人」     ミュージカル/製作: 2004年 アメリカ 豪華絢爛、音楽も迫力があって最高もストーリーも王道で あり文句なしなので、素直な心で楽しめればよい映画なのだ。 だが、しかし音楽が盛り上がるごとに気持ちが冷めていく というこの感覚はなんだ... [Read More]

« えぇぇえエー!! | Main | ローレライ
【感想・ネタバレ】 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ