« 老害は抹殺(タイトルだけ過激) | Main | ソ連コンピュータ本なんてのは大変貴重な物でして »

Monday, January 10, 2005

マイ・ボディガード
【感想】

非常に優等生的なハリウッド作劇。キャスティング、シナリオ、作中のテンポともにソツがなさ過ぎまとまりすぎて逆にこじんまりとして見えるのが難点といえば難点か。
デンゼルもダコタ・ファニングもその他重要な役回りの演技も素晴らしいし色合いに拘ったフィルム作りもこの映画では完璧なので衒いの無いヒューマンドラマがお好みの方には打ってつけだと思う。俺は2度は観ないけど。原作は大幅に改定されているが時代に即したリアリティを負荷するのにはこれがベストなんだろうと思う。

公式サイト

« 老害は抹殺(タイトルだけ過激) | Main | ソ連コンピュータ本なんてのは大変貴重な物でして »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/2527474

Listed below are links to weblogs that reference マイ・ボディガード
【感想】
:

» 映画「マイ・ボディガード」 [RAKUGAKI]
救いがあるのならばそれは子供の素敵な笑顔---。前半のボディガードとの役割と子供 [Read More]

« 老害は抹殺(タイトルだけ過激) | Main | ソ連コンピュータ本なんてのは大変貴重な物でして »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ