« December 2004 | Main | February 2005 »

Sunday, January 30, 2005

うわ、響かねえぞ響鬼

報道2001の合間(こっちの方が断然面白かったよ今日は)に観たんだが…むう、ギャグと言えないギャグシーンはやめてくれー。前作までのイメージを変えたいってのは分かるんだけど、こういう要素を増やせば増やすだけしらけるだけだからほんとに考えて欲しい。ちゅうかライターと監督は自分の才能が笑いの部分には無いことに早く気付いてくださいお願いします頼みます。

平成新ライダーの第1話は?な場合が多いんだけど、後半で良くなってくることが多いんで期待しつつ観てみたい。最後の「ダイケンゴー(*)」状態はちょっとニヤリとしてしまったしね。

(*)宇宙魔人ダイケンゴーというアニメで戦闘シーンの最後に口元が開いて(フェイスオープン)フィニッシュを決めるロボットアニメがあったわけです。これを知ってるのは30代前後より上の世代かな。
Google先生の画像検索「ダイケンゴー
そういやググってたら井上瑤(この作品ではオトケ役、うる星のランやセイラさん役といったほうが分かりやすいか)さんてお亡くなりになってたんだよな…改めてご冥福をお祈りいたします。


公式サイト(東映)
公式サイト(TV朝日)

Friday, January 28, 2005

21g
【感想】

市民映画の会の定期上映。夏に上映する予定だったのが諸事情で延びに延びてやっと観られた。

時間軸を過去未来に揺らしながらシーンの断片をカットバックで積み上げていく作品なので予備知識無しに観たら最初は訳が分からなかった。論理明快なストーリーを好む向きにはおすすめしない。

生を得て死に向かう男、罪にさいなまれながらも死に切れない男、世の不条理を押し付けた男の死を望む女。3人の人生が交錯したときそれぞれの我儘と優しさの発露で劇は幕を閉じるが、果たしてそこに何が残ったのだろうか。
それこそが監督の目的なのかもしれないがもやもやとした葛藤だけが残る作品だった。

公式サイト

Tuesday, January 25, 2005

94年前のアニメーション

竹熊健太郎さんのWeblog「たけくまメモ」の記事に必見のデータがUPされている。

リトル・ニモの作者ウィンザー・マッケイのアニメーション作品だ。100年近く前の動画とは思えないほどイマジネーションに溢れアニメーション的にリアルな作品が展開されている。恥ずかしながら記事が掲載されるまで”あの”リトル・ニモだとは全く気が付かなかった(ファイル名にまで書いてあったのに…)のだが、まあそんなことは忘れて楽しませてもらった次第。

メールにて連絡を取らせていただき俺の本サイトのTOPページ

mgkiller@HOME (http://homepage1.nifty.com/mgkiller/)

にもミラーファイルへのリンクを掲載させていただいたのでたけくまさんのサイト及び他のミラーサイトが重ければうちのリンクも辿っていただいて是非動画をご覧いただきたい。時代を考えたら凄いよ。
なお、直接動画ファイルへリンクの他にZipファイルで圧縮した物も置いてあるので動画がコマ落ちする場合などはこちらもご利用していただきたく。

追記:あいたた、95年前でした。修正。

Monday, January 24, 2005

人力うどん
【うどん】

福岡近辺で結構多店舗に展開しているうどんチェーン店。
チェーン店が故に値段は安い。ごぼう天うどんで330円とかそんなかんじ。麺の固さはゆるゆるだがコシはそれなりにあって手打ちなので食感も良い。スープは少々塩分が濃い目。色は薄いので関西圏の味付けなのかもしれない。俺が行ったのは都市高速の半道橋入り口にあるところ。夜中じゃなければお客もそこそこだから車だったら狙い目かもしれない。

久々にGoogle先生頼み

でったんラーメン
【ラーメン】

ヨドバシ博多店ビル4Fの新規開店したラーメン屋。
かなりスープが(脂っぽい方に)濃い目なのと麺が極細なのが特徴。紹介ページにもある通り後味はさほど残らないので良いのだけれど、食べた瞬間の脂っこさはかなり好みが分かれるのではないかと思う。俺は好きな感じなんだけどね。飲んだ後食べるといった向きには敬遠されやすい味だろうというところ。

Continue reading "でったんラーメン
【ラーメン】" »

Saturday, January 22, 2005

ちょっと欲しいなあ。

ITmediaの記事

記事の一番下の4MBのMMC、結構欲しい人多いんじゃないかな。記事中ではなんで欲しいのか分からないみたいな書き方がされてるんだけど、自作のショートゲームを同人で売ったりとか他人にPDAのプログラムを配布するのには最適じゃないかと。箱買いしてる人たちも目的はそんなものだと思う。円盤系のメディアよりコンパクトだから邪魔にもならないしね。

自論と議論

「ブログ時評」のエントリのコメントより

*****引用ここから*****

このエントリーは、実は一連のメールのやり取りへの答えを兼ねています。kakugetaさんのリポートによっているのではありませんので、その点はお断りしておきます。前提が違うのではという件は、架空の議論をしても仕方がないので、現在ある場を設定しただけです。ライブドアさんがどれだけのスタッフを集めているのかも、私が知るところではありません。

*****ここまで*****

彼のサイトの記事及びWeblogに関しては前にも書いているように読み物として楽しく読ませてもらって(メールニュースも登録して)いるのだが、はからずも上記のコメントで彼が普段どういう風に取材対象に接しているのかが現れているようにも感じる。このコメント前、質問をされた方のコメントと記事本文を読んでいただけると分かるのだが、リンクしておいて「あなたの記事は関係ない」という物言いは非常に不躾に感じるし、普段からそのような姿勢で日々臨んでいるとするのなら真実の斜め上の情報しかとらまえられないのではないか。周りへの配慮が足りない人間にはきちんとした情報など入ってこようはずも無い。

(私にとっては)自論を展開するのは得意だが議論は下手なのだろうなという印象を抱かせるに充分だった。

Tuesday, January 18, 2005

ショルキー懐かしきー

駄洒落のような韻を踏んじゃってごめんなさい。是非、是非に欲しいでございます。うちにあるMIDI音源のデータ入力用に是非~!

ということで近場の方に持っていかれてしまうかもしれませんが参戦してみました。九州なので手渡しは無理だったりしますが。

駄目なら新しい入力キーボードは買わんといかんのですけどね。

希望価格:5000円ぐらい(落ちない気がする…)


追記:ネタ元(リンクするの忘れてた…)

Monday, January 17, 2005

CPUの最適化に関する自分メモ

R30::マーケティング社会時評さんのエントリにコメントを書いたら奥 一穂さんからCrusoe と Efficeonの分かりやすい最適化の概念図を教えていただいたので自分用にメモ。
インテルのPARROTアーキテクチャの記事へのリンクが貼ってあるエントリもあったので比較するには非常に都合がよろしかった。

ネット出不精な俺みたいなのにはコメント欄も重要、ということで。

ニューロコンピューティング関連はあまりにも不勉強(字面しか追ってないレベル)なので言及できず。最近知識が偏ってきてるなあ、いかんいかん。興味があっても追いかけなくなってるのは老化の第一歩だ。気をつけよう。


Thanks to:
R30::マーケティング社会時評
Kazuho Oku's blog
Proving grounds of the mad Internet

Sunday, January 16, 2005

巨峰水
【飲料】

grapewater

普通にグレープジュースだと思って買ったら全然違った。純水にグレープエキスを入れた感じ(果汁も2%)。
写真を見てもらえば分かると思うけど、色も薄くて一見したらジュースとは分からないぐらい。昨今のスッキリドリンクブームに乗っかったのかなという印象。味も薄いので好みはかなり分かれそうだけど水の代わりとして飲むのにはちょうど良いのかもしれない。

メーカーサイト

次は和風ライダーなの?

いや、今予告を見ててふと。この手の情報は割と遮断してる環境にあるのでちょっと驚いた。
舞台は現代だけどピープロ系のノリとかになっていってくれると個人的にはうれしいかなと。あ、鉄人タイガーセブンは無しね(好きだけど)。

新番組公式

はい、新成人ですね。

なので社会常識を逸脱した騒ぎを起こせば逮捕されたり拘束されるのは当然ですね。

なにせ 成 人 してますから。
オ・ト・ナですもんねえ。


ということで沖縄の新成人諸君(一部)は世間の荒波にめげず頑張ってください。社会はそんなに甘くないけどな。

追記:TVは出たがり馬鹿を追うのはいい加減やめれ。あれはマスコミに取り上げられて調子に乗りさえしなきゃ自然消滅するレベルのちんけな矜持なんだから。俺ももう言及する気は無し。

Thursday, January 13, 2005

1年で見た猫の死体の数

これも去年の総括。まあこんなのは総括しなくても良いんだろうけど。

書いたのは10匹分なんだが書き漏らしているのが2,3件ほどあったような気がするので大体月に1匹か。
ただ記録してる月は春先、夏、初冬に固まっているのでなんらかの法則性は見えてくるのかもしれない。
それが見えたからどうだというのはあるんだけど。
あとほとんどは実家近くの道路なんで魚市場がある分猫も多いんだろうというありきたりな結論に。
そういやうちの馬鹿犬が迷い込んできた子猫をヤッチマッテるのもあったっけ…

2004年おすすめ映画

ということで去年観てここに感想を書いた作品61本(ビデオDVD含む)の中で自分のおすすめを列挙。

砂と霧の家
ミスティック・リバー
下妻物語
スウィングガールズ
オールド・ボーイSAW

①②⑤については思いっきり俺の趣味性が出てしまってるなあ。やるせない結末、悲劇へと向かうどんでん返し、荒涼殺伐としたシナリオ、こんなところが琴線に響くのではないかと。悲劇性の高い作品の方がとっつきやすいというのもあるのかも。⑤については、作品としては全く違うものだけどレトリックの掴み方は同じ傾向にあり同程度のクオリティだと感じたので同着②作品とした。

③④は期待しないで観たのだが良い意味で裏切られた。どっちもノリは似てるか。下妻の方がファンタジー性が強いような気がするが1回は観て損は無いだろう。


番外
ドーン・オブ・ザ・デッド
エイリアンvs.プレデター

ホラー好きとしてはこの2作品を挙げないわけにはいかないだろう。手堅くも突き抜けた作りは去年のホラー映画の代表作かと。ゾンビ物として気になる作品がもう一つあるのだが未見なのでここでは挙げられないのが残念。

ということで今年はより観たい映画目白押し、だと良いなあ。

Wednesday, January 12, 2005

ステーショナリーグッズを買わなくなったことに気付く

なんだか個人用としては鉛筆やノートを買わなくなりました。TabletPCを購入してからは特に。
簡単なメモもパソコンに付いている付箋かジャーナル、テキスト以外のデータもがんがん追加する場合ONENOTEといった具合に画面上で書き物が出来るようになったおかげでノート類はすっかり使わなくなりました。データのやりとりもMHTML化してメールで渡せばTabletPC以外のWindowsユーザーにも見ることが出来ますし。

といった具合な日常なんですけど、そんな私でも欠かせないのが予定の書き込める卓上カレンダー。
当然パソコンや携帯にも予定を入力してますけど原則デスクワークな今の立場だと机に座っていることの方が圧倒的に多いので、目に飛び込む情報量はこういうコンパクトなグッズの方が圧倒的に便利なんですよね。特に電話などで予定を瞬時に書き込めるのと確認もしやすいのが利点です。

そのカレンダーを取り替える時が強いて言えばリフレッシュということになるんでしょうか。また卓上カレンダーの場合次月にめくるのも手間がかかりませんので月の変わり目をこれで実感するってことでもありますね。

以上、木村剛さんのお題へのTBでした。

予約録画機能とかいらないので

6Mbitぐらいのデータで多チューナー(できればうちの地元が民放4局NHK(BS含め)4局なんで8チューナーほど欲しい)2TB(1週間8局分のデータ丸撮りだとこのぐらい?)のHDRが出てくれませんかね。20万円台ぐらいにして。
で、検索機能&頭出しを激早にしていただくとなおありがたい。要は手元に手に入る情報を自分で確認して詰め込みたいだけなんです。

でもってそんなHDRが出たら買います…ってもって無いンかい!

欲しいんですが買いあぐねてるんですよね。

ってなとこで御手洗 大祐さんのお題へTBしときます。

「冬ソナ的ファッション」は最も自分に出来ないスタイル

といってもそのファッションが嫌いとか首が短いとかいうわけではなく、首に物を巻いたりするのが体質的に出来ませんということなのでした。汗かきなので首に物を巻くと例外なくカブれてしまうので暖かくするには首回りをガードするのが一番と思いつつも比較的薄着で外を出歩いています。もちろんタートルネックなセーターとかも駄目。

人はこういうのを「寒そげで暑苦しい」とか評するわけですが冬ソナでもペルソナでも何でも良いですからなで首を隠さずにふとっちょなで肩にも似合う暖かい冬ファッションてのをどなたか提案してもらえませんでしょうか。

という感じで土井千鶴さんのお題にTB。ファッションねたは興味が薄いだけに難しいですねえ。

ソ連コンピュータ本なんてのは大変貴重な物でして

年末コミケ用に発行されたソ連コンピュータ本(同人誌)が再販決定したのでここに記念エントリー。ありがとうございます中の人2005年1月10日の日記を参照)。この手のネタ本は市販じゃまず出ない類の物なんで貴重なんですよ、レトロPCマニアにとっては特に。

えーここを読まれることは無いと思うんですが増刷は多めにお願いします~とこっそり要望しとこう。もし余ったら布教用に数冊購入したいので。レトロPC系の結構な方々が注目してますよー。


本を書かれた方のサイト

Monday, January 10, 2005

マイ・ボディガード
【感想】

非常に優等生的なハリウッド作劇。キャスティング、シナリオ、作中のテンポともにソツがなさ過ぎまとまりすぎて逆にこじんまりとして見えるのが難点といえば難点か。
デンゼルもダコタ・ファニングもその他重要な役回りの演技も素晴らしいし色合いに拘ったフィルム作りもこの映画では完璧なので衒いの無いヒューマンドラマがお好みの方には打ってつけだと思う。俺は2度は観ないけど。原作は大幅に改定されているが時代に即したリアリティを負荷するのにはこれがベストなんだろうと思う。

公式サイト

Thursday, January 06, 2005

老害は抹殺(タイトルだけ過激)

まあ人様に話して差し支える趣味の是非はとりあえず置いておくとして、こういう一見良識派を装った腐れジャーナリスト気取りを画面(見える範囲)から消すには今やっている仕事を減らしてやれば良いだけ、というかそれしかないんだけどね。

とりあえず趣味嗜好の話は棚に挙げて奴をメディアに出させない(仕事の以来が来なくなる)ようにすれば良いんだからちょっと自分で泥を被る気概があればそんなに難しいことではなかったりする、ということで。

もし俺がそういう仕事でそれをやられたらかなり凹むので方法は書かんけど。ちなみにみんなで無視しましょうとかいう解では無い。メディアでの反論という事では切込隊長氏が「FLASH」あたりを使ってやってみそうな気配

老害
老害に抗議する人 (1) (2) (3)
老害認定と抗議へのフォロー (1) (2)

Wednesday, January 05, 2005

ボーランドよ、どうしてあなたはボーランド

いやボーランド「Delphi2005」のバージョンアップを申し込んだんですけどね、なんかマルチ言語対応化してしまってましてね、迷走しとるなと思ったわけですがね、なんか使える言語がC#なんすよ。今更なぜにC#かとね、まあC++builderがあるんで競合しない程度にって配慮は分からないんでも無いんですけどね、それでも何ゆえそういう選択になったのかと小1時間sry)

俺も付き合いが良いよなあ…
細々と日曜プログラムレベルなんだからもう付き合う必要もないんだけどねえ…

ボーランド
Delphi

Monday, January 03, 2005

浜勝
【とんかつ】

引き続きとんかつ専門店。年末に行ったのを記載するのを忘れてた。ここがリンガーハットグループってのは知らなかったよ。だから長崎発祥なわけね。
とんかつは衣サクサクの中ジューシーでうまい。チェーン店としてはかなりレベルが高いんじゃないかなあ。まあ値段もそれなりに高いけど。まあとんかつ専門店ってのは全般的に普通の定食屋と比べると値段が3割り増しぐらいの感じがするんだけどね(秋葉の丸五なんかもそうだし)。
ここはフライのバリエーションがとんかつ以外にもかなりあるし、季節物も積極的に展開しているのでやる気を買って応援してあげたいところ。ただ、地元の店は立地が悪い(特に駐車場の入り口が分かりにくいのはだめだろう)のでリニューアルもしたけど正直どうなんだろうかとは思う。

公式サイト

かつ芳亭
【とんかつ】

カツ&フライ専門の定食屋。前に紹介した友苑の隣なので昼友苑に入れない時はここで食べることもある、ぐらい。
ここのとんかつ自体は極めて良くも悪くも無い感じだが、カツとじ定食に関してはダシがしっかり染みている割には衣のサクサク感も残ってて以外に美味い。とんかつ屋には良くあるんだがごはん・みそ汁・キャベツのお代わり自由な所も良。
ただし値段は高め。ランチタイム以外だと1000~1500円の出費になるのでしょっちゅうは通えないような気がする。今日食べたカツとじだと1080円てなところ。


紹介ページ(CityDO!)

カンフーハッスル
【感想】

チャウ・シンチー最新作にして”やっと”カンフーをメインに持ってきたなと。とはいってもキャッチ通りの「ありえねー」表現てんこ盛りで香港(中国)映画らしく楽しめた。ちょっとエゲツない表現もあるけど家族向け正月向けに観に行く映画としては良いチョイスなんじゃないかと思う。こういう馬鹿馬鹿しいぐらいのワイヤーアクションなら許せるよ。
でも、恋とか愛とかの苦手なネタは無理矢理盛り込まなくてもいいのになあとつくづく思う。馬鹿カンフー対決だけで良いんじゃないかと思うけどなあ。何かの戦略なんだろうか。

公式サイト

坂本P.A.
【ラーメン】

今回は高速P.A.のラーメン。九州道のP.A.はラーメンが結構おいしいところが点在しているのでラーメン好きにはたまらないルートだったりする。今回は八代から分岐する人吉方面の坂本P.A.にある「坂本ラーメン」。
普通ラーメンの上にモヤシや豚肉がのっているのはありがちだけど、”豚肉とモヤシの炒め物”がこんもりと盛ってあるのはあまり見ないような気がする。これが意外とベターなチョイスで俺は結構気に入っている。
ただ炒め物にすでに塩コショウがしっかり振ってあるのでスープがちと辛口になるのは人を選ぶかもしれない。

Continue reading "坂本P.A.
【ラーメン】" »

« December 2004 | Main | February 2005 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ