« 携帯業界激変!? | Main | エイリアンvs.プレデター
【感想・ネタバレ】 »

Sunday, December 19, 2004

聞こゆるや
【感想】

石田えり主演の地元監督・プロデューサーと地元役者による熊本発の作品、と書くと田舎のしみったれたルポ映画を思い浮かべるかもしれないがきちんと作ってあるのでその辺は安心して観ていられた。地元採用の役者達も演技自体はしっかりしていて素人臭さはさほど感じられない。まあ発声が根本的に駄目なのはしょうがないかというところ。
ストーリー自体はいかにもキネ旬が好きそうな作りだけど最初の冗長さを除けば楽しめるのではないかと思う。最後の展開は面白いと思うしお手軽な感動作品になっていないところは好感の持てるところ。
ただし、映画の開催を決めた市役所の担当には声を大にして文句を言いたい。

映画が終わる前にアナウンスを入れるのはやめろ!!

最後の余韻が台無しじゃねえかよ。それに「昨今の凶悪事件などもあってこれは是非学生さんに観ていただきたい」などというセリフを言うと俺が学生だったら絶対に行かねえ。学生時代(青年期)の子供の心がいかにひねくれているかを全然分かっていないんだよな。

公式サイト

« 携帯業界激変!? | Main | エイリアンvs.プレデター
【感想・ネタバレ】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/2307821

Listed below are links to weblogs that reference 聞こゆるや
【感想】
:

» 聞こゆるや [欧風]
21~23と万博の為に中部地方に行っていて、交通手段は往復深夜バスでした。いつもあまり寝られないんですが、月曜万博で歩き回ったせいか、その日の夜の帰りの深夜バスでは割と寝られたような気がします。で、まあこれで火曜朝新宿に着いてそのまま出勤し、その夜にこの「聞こゆるや」の試写会でした。芸能人並みのスケジュール(^_^;)正直早く帰りたかったんですが、試写会が当たったのに行かないのは「負け」なんで、寝ちゃうんじゃないかと心配しながらも行ってきましたよ。 行きたかった理由は他にもあって、今回の試写会... [Read More]

» 試写会「聞こゆるや」 [こまったちゃんのきまぐれ感想記]
試写会「きこゆるや」開映18:30@イイノホール 「聞こゆるや」2004年 日本 配給:Ryun 監督・脚本・編集・プロデュース:山田 武 プロデュース・音楽:藤本恭子 出演:石田えり、太田強志、山田 武、和栗由紀夫(舞踏)、萩原朔美、 松重 豊(友情出演)、常田富士男 上映時間=2時間13分 (にっかんゴールデン試写会応募要綱HPより) 高校時代の恋人が、当時の自分に宛てた詩が、20年の時を経て「私」の元に届いた。 懐かしく切... [Read More]

» 7月13日・聞こゆるや【映像・サントラ編】 [そんな日もあるさ。]
? すごい映画観ちゃった(今日ではないけれど)。音楽に例えるなら「ゆったりとした美しい旋律の5分間のハープによるバラードに、ラスト10秒でパーカッションが入ってテンポが走り出し、3秒前にパーカッションを蹴り飛ばして最後にハープがポロンと静かに鳴って終わる」イメージ... [Read More]

« 携帯業界激変!? | Main | エイリアンvs.プレデター
【感想・ネタバレ】 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ