« うつ病に関する製薬会社運営のサイト | Main | 何だそりゃ? »

Wednesday, December 15, 2004

広告費の不思議?

愛・蔵太の気ままな日記2004.12.14経由でぬるヲタが斬る2004.12.12など。

俺の記憶が正しければ、ジャンプの広告費は650万部時代より安くなってるんじゃないかなあ。なので大売れしてたときの価格を引きずっているわけじゃなくて一ツ橋系の雑誌と音羽系の雑誌では広告費の算出基準が違うだけだったような。だからマガジンに比べてジャンプサンデーがちと高く見えてしまうのではとゲーム会社の広報宣伝だった当時も思ってましたけど違うのかな。部数を考えると赤字なのはうなずけるけど。

まあ公示されている価格はあくまでも定価扱いなんで大手広告代理店主導のタイアップ企画や昔から付き合いのある通信販売業者が掲載する場合などは劇的に費用が下がるのでいい加減な基準であることは確かなんですけどね。

ぬるヲタさんのところのTBのここ「小ネタBlog~純情派【新館】」にある

*****引用開始*****
部数を考えたら、意外に安いかも。
大人向けの雑誌なんて、
売れてないわ、出稿料が高いわだもん。
*****引用終了*****

はその通りで、例えば全国新聞誌の1面掲載料は1日しか掲載期間が無いのに1000万単位だしゲーム誌で言うと実売30~40万部レベルのファミ通だって表紙周りは100万近くする。実際は上記と同じでタイアップ企画や広告代理店の力関係などでかなり安くなったりするんだけどそれでも対部数比でいくとかなり割高になるんだよね。

ただしジャンプには安いなりの弊害ってのもあって、安いってのは出稿元との関係性が重視されるって事でもあるのでタイトルの発売が集中する時期などは広告を入れること自体が不可能な状態というのも発生する、というか実害として広告を入れられなかったという苦い経験があったりするので安すぎるのも良し悪しかなあと。

« うつ病に関する製薬会社運営のサイト | Main | 何だそりゃ? »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/2275028

Listed below are links to weblogs that reference 広告費の不思議?:

« うつ病に関する製薬会社運営のサイト | Main | 何だそりゃ? »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ