« November 2004 | Main | January 2005 »

Friday, December 31, 2004

らーめん山頭火
【ラーメン】

博多に普通に出店しているとは知らなかったので飲み会後に入ってみた。天神と中州の中間地点の路地にあってたまたま見つけなければ分からないかも。
今回はミニしおラーメンを注文。と言ってもここのはとんこつラーメンにしか思えない味なんだけど(実際とんこつベースのスープ)。値段が高いがすっきりとした味わいは俺の好み。飲んだ後に食べるラーメンとしてはちょうど良い具合なんじゃないかと思う。

Continue reading "らーめん山頭火
【ラーメン】" »

Wednesday, December 29, 2004

カレーの店じゃわ
【カレー】

旧八代駅前にあるミックとともに文化活動に熱心なことで八代ではある意味有名なお店。半年振りぐらいに昼行った。
場所は八代市役所正面の路地をNTT方面に入って八代総合病院の裏手を右折すると中間ぐらいに看板が見える。車で行くのなら駐車場は裏手になるので注意が必要。

カレー自体は色んなフルーツや野菜を煮込んであるせいかボテボテっとしたルーでかなり甘め。辛口(5番)でも相当甘いような気がするので自分的には激辛(7番)でも良いかもしれないと思った。ただし食べた後はスパイスの効果か汗がどっと出る。うまいとは思うんだけど全体的に値段が高めなのが玉に瑕。大盛+トッピングで1000円強は結構食べに行きにくいイメージかなあ。

Tuesday, December 28, 2004

耕庵
【うどん】

帰りにお昼を食べに行ったうどん屋。やっとまともに食べられるうどんを食すことができた。ほっとする。
でも価格は高めだなあ。天釜揚げを頼んだんだけど天麩羅無しなら500円なのに天麩羅を付けるといきなり1000円超えになるのはちょっとびっくり。サイドメニューも豊富なんだけどこれも頼んでしまうと1500円ぐらいになるのはちょっといただけないよなあ。美味かったんだけどね。

紹介ページ(459i)

伊佐爾波(いさにわ)うどん
【うどん】

伊佐爾波神社の上り口にあるうどん屋、のはずなんだがなぜか焼き飯を始めとする定食屋中華メニューがいろいろあって嫌な予感がひしひしと。で、ひさしぶりに不味いうどんを食べてしまって正に予感的中といった感じでした。作っている最中に「ラーメンのダシの素~」とか聞こえるように話すのはヤメテクレ~。

とりあえずもし松山を再度訪れたとしても2度と行かない店認定。

松山行脚の巻

shiden
松山市電の運転席付近

ということで、大学時代の同級生と男二人旅で松山へ行ってまいりました。なぜかクリスマスに。
色々回れるかなあと考えていたんですが思った以上に運転時間が長かったので結局温泉1回と松山城に行った位でした。っちゅうか案内を頼むはずの先輩が日曜に仕事かよ!状態だったのはちと誤算。
まあ行ったところはちょっとだけ写真に撮影したので以下をどうぞ。

Continue reading "松山行脚の巻" »

道後温泉
【温泉】

isaniwa1
温泉場にある伊佐爾波神社

坊ちゃんの舞台となった愛媛松山は道後温泉に行ってまいりました。最近は千と千尋の神隠しでクローズアップされたのかな。大学の先輩がここにある土産物のお坊ちゃんなんで宿はその人のアパートでしたけどまあ行き当たりばったりで友達と行脚してきました。温泉は建物の風情以外は普通に田舎の温泉でしたねえ。

Continue reading "道後温泉
【温泉】" »

Monday, December 27, 2004

我流風
【ラーメン】

6件目のラーメン決戦場。鹿児島ラーメン屋
ここもスープがぬるい。なので麺がのび気味なのと何しろ値段が高すぎ。普通にあるラーメンが800円台ってのはすでに客を選んでいる感じがする。気にいらねえ。豚とろは確かにうまいんだがラーメン自体の印象が薄すぎて本末転倒。ベースの味は決して悪いわけでは無いのでもう少し地元での客の意見を聞いて頑張ってもらいたいところ。

Google先生

徳島中華そば徳福
【ラーメン】

ラーメン決戦場5件目。名前の通り徳島のラーメン屋。結構色んな所に出店しているらしいが…
あー、八代市民をナメてんのかコラ!と言いたくなる特筆物の不味さ。スープはぬるい、麺はデロデロ、目玉の肉は透けそうなぐらいの薄さで肉玉が950円。お前ら地元でやり直せ。

注文を取る奴が食券半券の残りももって行ったお陰でライスがいつまでたっても来やがらなかったのがさらに怒りに火を注いでくれたのでとってもマイナス方向に気分良く食事できましたとさ。ふざけるな。

紹介サイト(ウォーカープラス)

熊本黒ラーメン好来
【ラーメン】

ラーメン決戦場4件目。熊本市の日赤通りにある店の分店。
地元だから好意的に評価してあげたいが熊本本店の3割減の味ってのはどうよ。正直修行をやり直して望んでいただきたい。人吉の好来と名前が同じでベースも同じようなので暖簾分けか何かしたのかもしれんのだけど好来も美味いとは思わないけどここほどではないよ。それとみそ物は正直やめたほうが良いと思う。余計不味さが際立つのでね。

公式サイト

馬鹿屋ん
【ラーメン】

ラーメン決戦場3件目。博多ラーメン。
申し訳ないんだがこの店は知らない。まあ結果的に知る必要も無かったわけだが。
麺の伸び具合とか博多ラーメンとは名ばかりのような気がする。さっさと出さなきゃ駄目だろ。それとスープが熱すぎだ。細麺てのはさっさと食べるからこその細さなんであってあんなに熱いスープ出されたらすばやく食べられない。
根本的に間違ってるんじゃないのか。ここもとんこつの臭みを抜ききっていない。俺的には失格。

公式は見つからん

風来軒
【ラーメン】

ラーメン決戦場2件目、宮崎のラーメン屋。
そのまま食べるとスープが脂濃すぎるうえにとんこつの臭みだけが強調されているのでとてもじゃないが食べられた物ではない。だがテーブルに置いてあるにんにく醤油をスプーン3杯ぐらいかけてやると不思議なことにするりと飲めるスープに様変わりするのは不思議。
ただ店の中にこれをかけて食えとは書いていないし、そもそもノーマルの状態で食べられないのだから最初から醤油を混ぜて馴染ませておくべきだろう。ここも店の姿勢が論外なので2度は行かないだろう。

公式サイト(謎の歌が怖え)

ラーメンく~た
【ラーメン】

ラーメン決戦場の1件目。とんこつとみそがあるんだけどここではとんこつを注文。これが大失敗。
何しろスープが荒い。各々のダシが全然馴染んでないので舌がピリピリする。味も薄すぎて灰汁だけが喉に残る感じだ。具に負けているスープなんていうのは論外。
ただ一緒に行った上司の言によるとみそは美味かったらしいのでここだけはもう一度言ってみようかと思う。

今回の6件は麺やスープの書くレポートをする気にならないので詳細は省略。

公式は無い模様

あんぐり。顎が外れそうだよ。

今TVタックルを見ているんだが、小泉訪朝時(2回目)の後に報道された家族会の態度へのバッシングに対し「実はその前にこういうことを家族会の人は言ってたんだよ~ん」と丁寧に挨拶をしている映像を流していた。
…いやはやすげえマッチポンプ具合だなおい。これってテレビ朝日で流れてるんだよな?と思いっきり頬をつねってしまいましたよ。さあ、誰がバッシングを煽ったんだがよ~く考えてみよう。

さ す が テ レ ビ 朝 日 だ な 。
ディレクターの脳味噌までばら色かよ。

ビートたけしのTVタックル(公式)

Friday, December 24, 2004

ラーメン決戦場
【ラーメン・総評】

地元八代に新規オープンしたジャスコ内に出来た「ラーメン博物館」のデッドコピー(まがいもの)。
とりあえず全6店舗を制覇しての感想。

戦略が全く見当たらない場当たり的な店舗配置、急遽出店を決めたかのようなほとんどの店舗が九州内のチェーン店であるという現実、戦国風情の気味の悪いアナウンスが流れている割には全然戦国風で無いスペースデザイン。
ジャスコそのものが一旦出店立ち消えに成りかけた挙句、近くに出店予定のゆめタウンへの対抗馬としてあてつけがましく開店したことを差し置いてもこりゃ酷い。ラーメン屋の集合店舗を作れば客寄せにはもってこいなどという安易なネーミングと企画ぶりが露呈した地元民とラーメン好きを舐めているとしか思えない体たらく。

しかも6店舗おしなべて味のランクが平均点以下に思えるのは俺の気のせいか。
全店食べてはみたので以後6店舗の評価も含めてエントリーしてみる。
(ただし今週末は忙しいのでエントリーは来週以降になる予定)

Wednesday, December 22, 2004

下妻物語
【感想】

すいません、中島哲也を舐めてました。すげえ面白え。
ハマってしまいましたわよまんまと。やばい、このフカキョンはちょっと可愛いかもと思ってしまう俺がいるのがヤバイ。なんというか秘孔を突かれてはじける前のハート様というか。なんかこう、内臓がムズムズするですよ。

と、俺は物凄くツボに入ってるんだけど人によっては生理的に楽しめないだろうなあとも思う。観る人は選ぶような気がするよ。

公式サイト

何もかも水の泡

好意が仇になった例(Yahooニュース)。

こうやって他人の好意という物は水泡に帰するわけだ。
最初に無償で公開し始めた頃は日に何人かだから良いだろうぐらいの軽い気持ちだったんだろうねえ。言葉が汚くて申し訳ないが、勘違いしたババアどもがこの家主さんに抗議に行ったりしないことを祈るよ。

甥っ子へのクリスマスプレゼント

ゲームが良いんじゃとかいう話もあったんだけど、自分が見てみたいって欲求もあったのでこれにしてみた。

THE SOUND DORAEMON(ライブドアデパート)

もともとJALなどの飛行機に乗ったときに座席に刺さってるカタログ本にこれのドラえもんじゃない奴は良く掲載されてたんだけど、やはり多少はかわいい方が良いだろうと思ってこちらのドラえもんバージョンにした次第。
MIDIだと思うんだけど、意外と良い音で鳴りやがるので思わず自分の物にしたくなったのはちょっと内緒だ。

年取ってくるとこういう物に金が掛かってくるのをここ最近実感するなあとか思いながら実家に持って行ってきたよ。

Tuesday, December 21, 2004

読者から一言よかですか?

突っ込みにくい記事にトラックバックは付けにくいんじゃゴルァ!!

…ということでよろしいでしょうか。
記事は面白いのでこのままの調子でお願いします。ををまさにマッチポンプ(俺が)。

Continue reading "読者から一言よかですか?" »

Monday, December 20, 2004

エイリアンvs.プレデター
【感想・ネタバレ】

作りも手堅くて面白い。どちらの前作もしっかりリスペクトしててファンなら観て損は無い。

と、それはともかく監督は非常に意地が悪いよ。エンディングのあのシーンを入れたおかげでなぜ未来の世界にプレデターたちがいないのか(本家エイリアンの世界にプレデターたちが出てこないのか)を説明し切ることが出来る代償に安直な続編を作れないようにしてしまっている。確信犯かよ。まあ良い作品(続編)を継続させていくためには必要かとも思うけど厳しいなあ。

公式サイト

Sunday, December 19, 2004

聞こゆるや
【感想】

石田えり主演の地元監督・プロデューサーと地元役者による熊本発の作品、と書くと田舎のしみったれたルポ映画を思い浮かべるかもしれないがきちんと作ってあるのでその辺は安心して観ていられた。地元採用の役者達も演技自体はしっかりしていて素人臭さはさほど感じられない。まあ発声が根本的に駄目なのはしょうがないかというところ。
ストーリー自体はいかにもキネ旬が好きそうな作りだけど最初の冗長さを除けば楽しめるのではないかと思う。最後の展開は面白いと思うしお手軽な感動作品になっていないところは好感の持てるところ。
ただし、映画の開催を決めた市役所の担当には声を大にして文句を言いたい。

映画が終わる前にアナウンスを入れるのはやめろ!!

最後の余韻が台無しじゃねえかよ。それに「昨今の凶悪事件などもあってこれは是非学生さんに観ていただきたい」などというセリフを言うと俺が学生だったら絶対に行かねえ。学生時代(青年期)の子供の心がいかにひねくれているかを全然分かっていないんだよな。

公式サイト

Friday, December 17, 2004

携帯業界激変!?

毎日新聞Webの記事

いやあ、これが”本当に決まれば”ナンバーポータビリティ以上に業界激変しそうですな。特に893関連の方々はご愁傷様(*)。こっちは清々しますけど。
キャリア側から見れば契約数は減るけど取りっぱぐれは少なくなるので業界の健全化には大いに役立つでしょうし、販売店視点では情報漏えい絡みのトラブルが起こりにくくなるので個人的には大歓迎です。

変に骨抜きにならないことを祈ろう。
そうそう、ワンギリ&迷惑メール業者や良番号を売ってるような業者も大打撃ですな。商売成り立たねえもん。

(*)連中はほとんどが自分の名義で携帯を持っていないのでもれなくこれに引っかかりますね。

本気で交換して欲しいと思ってねえだろう(何だそりゃ?(2))

ここ。

これの前のエントリーまではまあ、初期不良はひどいよなあしょうがねえよなあ怒るのもとか思いながら読んでたんだけど何だこれ?
今までのエントリーとか読んでる限りでは頭の悪いタイプじゃないと思うんだが、早く取り替えて欲しいならさっさと沈静化させてサポートに繋がるようにして取替え後に大々的に文句書くとかあくまでも小売店に交換をお願いするとかやり口はいくらでもあると思うんだが。さあみんな突撃だみたいな煽り入れたらさらに繋がらなくなるぐらいは…たぶん分かっててやってるんだろう。確信犯というか愉快犯か。底意地の悪いことで。(まさか怒りで我を忘れているなんて事はないだろうしな)

ソニーの肩を持つわけじゃないけど、物理的に供給できない状態でいくら交換交換騒いだところで無い袖は振れないんじゃないのかねえ。ということでタイトルにループ。

余禄:
NIKKEI NETの記事も記者側がどういう質問をしたのかを確認せずに丸抱えしてコメントしちゃうのもどうかと思うよ。まあ今流行の「ネットジャーナリズム」を標榜してるわけでもなさそうなんで鬼の首でも取った気ならそれでも良いんだろうけど。
それと野次られているサイトは多分俺も読んでいるところだと思うんだけどこっちについても自分に都合の良い部分だけを取り上げてるよな。あえてリンクしていないところに余計嫌らしさを感じるところ。まああの文章がそういう誤解を受けやすいのは同意するけどね。

ということなでこちらもTBせず発言してみたりした。まあどうせTBしたところで議論にもならんだろうと思うので。

Wednesday, December 15, 2004

上海家族
【感想】

月1回の映画の会で鑑賞。
結果は食中毒状態か食い合わせしちまったかと思うぐらい体に合わない映画だった。カメラワークの未熟さが目に余るとか役者の演技の稚拙さとか色々あるんだけど一番耳障りだったのが音声バランス。BGMに街中の騒音がかぶってたりセリフが全く聞き取れなかったり我慢にも限界があるという感じ。100分が非常に苦痛だった。

俺の中での中国映画の評価がどんどん下がっていくなあ…

作品紹介(EIGAfan)

何だそりゃ?

ARTIFACT人工事実2004.12.15のエントリ経由でリンク先を読んだけど…良く理解できん。
読み応えのある文章を”書きたい”ってのは自分の欲求だろうから否定はせんが”読みたい”だからweblogは~っていう論理飛躍は贅沢に過ぎるよ。あまりに贅沢すぎてもったいないおばけが出そう。
所謂有志が集って面白いテキストを常に考えているような状況にどっぷりと浸かってしまってタダで面白いものを読むことに慣れすぎてないか?読んだ物に対して対価は払ってるのか?と言いたくなってしまう。
悪文をも楽しむという姿勢があれば最近のweblogは面白くな~いみたいな見方はあんまり出てこないと思うんだけど。例えばゲームならクソゲーハンターなんていう先例もあるわけだし、「わ、こいつクソツマンネー!」でもなぜつまらないかを突き詰めていくと面白さもそれなりに見出せるだろうというスタンスなんで年寄りのグチみたいな意見には全然賛同できないなあ。

広告費の不思議?

愛・蔵太の気ままな日記2004.12.14経由でぬるヲタが斬る2004.12.12など。

俺の記憶が正しければ、ジャンプの広告費は650万部時代より安くなってるんじゃないかなあ。なので大売れしてたときの価格を引きずっているわけじゃなくて一ツ橋系の雑誌と音羽系の雑誌では広告費の算出基準が違うだけだったような。だからマガジンに比べてジャンプサンデーがちと高く見えてしまうのではとゲーム会社の広報宣伝だった当時も思ってましたけど違うのかな。部数を考えると赤字なのはうなずけるけど。

まあ公示されている価格はあくまでも定価扱いなんで大手広告代理店主導のタイアップ企画や昔から付き合いのある通信販売業者が掲載する場合などは劇的に費用が下がるのでいい加減な基準であることは確かなんですけどね。

ぬるヲタさんのところのTBのここ「小ネタBlog~純情派【新館】」にある

*****引用開始*****
部数を考えたら、意外に安いかも。
大人向けの雑誌なんて、
売れてないわ、出稿料が高いわだもん。
*****引用終了*****

はその通りで、例えば全国新聞誌の1面掲載料は1日しか掲載期間が無いのに1000万単位だしゲーム誌で言うと実売30~40万部レベルのファミ通だって表紙周りは100万近くする。実際は上記と同じでタイアップ企画や広告代理店の力関係などでかなり安くなったりするんだけどそれでも対部数比でいくとかなり割高になるんだよね。

ただしジャンプには安いなりの弊害ってのもあって、安いってのは出稿元との関係性が重視されるって事でもあるのでタイトルの発売が集中する時期などは広告を入れること自体が不可能な状態というのも発生する、というか実害として広告を入れられなかったという苦い経験があったりするので安すぎるのも良し悪しかなあと。

Monday, December 13, 2004

うつ病に関する製薬会社運営のサイト

ITmediaの記事

こういうサイトが広がって正しい知識を啓蒙させていくことが一番大事なんだよな。そうすればかざきり羽の一件のように失言という尻馬に乗っかって目くそが鼻くそを笑うような状態(そもそも半可通ぶって発言する側が悪いとは言えるが)は起こりにくくなるわけなので。

ということで少ない閲覧者に向けてうちも啓蒙しとこう。

うつばんネット
持田製薬

Sunday, December 12, 2004

受けて起ったか…

切込隊長BLOG(ブログ)「木村剛2 ~クイズ17人に聞きました」
週刊!木村剛「切込隊長、本当に残念です。でも、ありがとう。」

まずは上記2つのエントリ(できれば前後の物も)を一読して以下を読んでくれ。

Continue reading "受けて起ったか…" »

ロード・オブ・ザ・リング二つの塔
【感想】

最終作のDVD発売に合わせて放送されたのを観た。
うーむ、TVが小さいとせっかく膨らんでいたイメージが萎むなあ。画面が小さいから変に集中してしまってCGのしょぼい部分(CGっぽ過ぎる部分)に目がどうしてもいってしまう。完全に大画面に特化しているんだなあと実感する結果となった。ストーリーに関しては公開当時はともかく今の時点ではどうでも良い。あきないBGVだと思って観てたんで。

公式サイト

千と千尋の神隠し
【感想】

TVで観たんだがまあ内容に関しての感想は今更だしありきたりなのであえて書かない。感想文なのに。
ひとつだけ、赤みが強い方が本来持っているエロスが強調されて悶々とする輩が増えたのではないかと邪推してみたり。まさかそれも狙って千(千尋)を不細工に設定したのかなんてそんなことはないわなあさすがに。

一応公式か?

最近のSpamはえげつねえ。

届いたメールは一応文面を確認してるんだけど、これはえげつねえというのがあったので文章をさらしておく。

***** ここから *****

真剣なお願いがあります。貴方の精子をください!子供が出来なくて困ってます。
絶対迷惑はかけませんので中出ししてください。一回10万円で、
妊娠できたら50万円お礼として払います。詳しくはすぐに連絡先を教えます。
出来れば本日中に返事をください。
いちよプロフィールも載せておきますね。
26歳、160cm-46kg、スリーサイズ《86・60・86》写メ有ります。
引き受けて頂けるならここに登録してもらえますか?
掲示板で待ってます。名前は博美です。
http://www.19190930.com/r.php/pc01ma
お互いの事は知らない方が後々いいと思うし、
妊娠した後は連絡を取り合いたくないので
ここを利用する事にしました。

***** ここまで *****

ちなみに送付元はYahooアドレスなんだがまあこれは偽装とか色々あるんで書かないことにしとく。上の名前が入ったアドレスだった。

邪な気持ちを隠して「子供が欲しいってんだから人助けだろう」とか手前勝手な理屈を付けてアクセスする脳のゆるい奴がいそうなんだよな、沢山。

注)ちなみに上記と同じ投稿をmixiの日記でも挙げてあるが意図的に内容を切ってある。mixi入会者で気になる方はそっちを探してみてくれ。

追記(2004.12.13):何か同じメールがまた届いてたので注意喚起までに。「博美」という名前でメールを送ってきているので注意されたし。

Saturday, December 11, 2004

南里
【ランチ・貝汁】

「なんり」と読む。国道3号線を鹿児島方面へ下り水俣から出水に向かう途中左側に見えてくる。住所は袋町だったっけな。隣にコンビニ(ローソン)があるので分かりやすいかと思う。

あさりを使った貝汁が目玉(近くにそういう店が何件かある)で貝のエキスたっぷりの出汁に少しの白味噌を加えたような薄味の味噌汁が丼一杯なみなみと注がれて出てくる。もちろんあさりもたっぷり。好みは分かれると思うけど個人的には好みのあっさり感かなあ。
で、そのあさり汁とおかず1品を加えた定職メニューがメインらしいので白身のフライのセット定食を頼んだのだがこのフライも結構美味かった。衣がカリカリしていて中の白身もそこそこジューシーなので飯が足りないぐらいで。あの白身は何の身なんだろう?

電車では行けない場所にあるのでドライブがてら途中で見かけたら寄ってみては如何だろうか。

血の祝祭日2
【感想・ネタバレ】

H.G.ルイスよ、あなたは偉い。

これを観た方々は散々書いていらっしゃると思うのだが本当に何も変わっていない。30年以上前の作品とテイストどころか内容まで同じというのが凄すぎるよ。ということなのでH.Gルイスとは何ぞやとか言ってる人は観ないでよろしい。ゴアゴアガールズをウンザリせずに観ることのできるタイプなら狂喜乱舞して良いのではないかと。
普段のBGMがおどろおどろしいのに残虐シーンになると途端にカントリーポップス調のとぼけたBGMに変わるのにニヤニヤしっぱなしだったよ。

ただ、ボーナストラックにある東京ファンタの模様は何かの罰ゲームなんだろうなあ。10年後に司会で出ているご本人達は頭を抱えて恥ずかしがるに違いない。しかし文章では流暢に見えても現場トークはやはり素人丸出しなんだよな。ちょっと引いた。

H.G.ルイスに関するGoogle先生のご託宣
Amazonさんでお買い物
ぽすれん

Friday, December 10, 2004

リッチテンプレートが可愛かったので

早速適用してみた。グリーンは目に優しいねえ。今んとこ俺のほかに28人が同じデザインを使っているようなので年が明けたらまた変更押してみようとは思うけどね。

Thursday, December 09, 2004

「スマートフォンが普及」という1点に引っかかっていたのだな

ということに「R30::マーケティング社会時評(以降R30~)」よりTBいただいたエントリを読んでいて思い至った。だから奥さんのエントリを読んでいてそれ以降に話がつなげられないのか。エントリの最後でスマートフォンが普及するかどうかは分からないと書いてあるので尚更ですな。

ということでここから先は「R30~」宛につらつらとお返し。
販売店での実感として書くと、現時点のスマートフォンは”普及””浸透”はしないと感じる。「通信できるPDA」として認識されるであろうスマートフォンが普及域に達するとはFOMAが本来FOMAとして目指していた形での普及が全く出来ていない現状(*)では難しいだろう。しかも普及要素に必要な価格設定をスマートフォンを採用するであろう新規参入陣営が成し得るとは到底考えにくい。体力が持たないのではないだろうか。隙間でマニアが支える構図しか思い浮かばないんだけどなあという感想。自由度が高い=何して良いのか分からないという罠も発動しそうですしね。


(*)田舎の大多数ユーザーはFOMAをパケット代の安い携帯ぐらいにしか考えていない。SDカードの使用法なんぞ知るかぐらいの勢い。バックアップどころかデジカメ画像をSDに記録するということにも思い至らない有様なので。ユーザー啓蒙って難しいですよほんとに。

Monday, December 06, 2004

素早い切り返しだなあ&うまくまとまらねえ。

先日のエントリに早速TBが返ってきていたので同意しつつ追加エントリー。自分への補足ということになるのかな。

ドコモの独自戦略が製造開発コスト面で苦境に立たされているってのはまさにその通り、現在進行形でありこれは同意するところ。実際FOMAを販売するメーカー同士が協業の名の下にコスト削減に走っているのがその証左でありこれについては何も言うことは無い。パソコン業界が汎用性から広がってコストを限界まで引き下げている現状と比べると分かりやすいのか。

俺の言ってるサポートコストってのは機能の複雑化にともなう訴訟リスクなども含めたものだったんだけどまあそれは余計なことかもしれないので置いておこう。変にフレーミングしそうだし。
販売チャネルの限定などはリストモなどの限定品ですでに試しているしスマートフォンではないけどLINUXやシンビアンをはじめとする汎用OSの採用も顕在化してきたのでそれとスマートフォンとの開発コストがどこまで違うのかが分からないので何とも言いようが無いんだけど、結局奥さんが考えている現状のドコモというのは業界のガリバーといわれた頃のNEC(98)を思い浮かべれば良いのか?

それとスマートフォンってサードパーティーにとってそんなに薔薇色の未来なのかがいまいち納得できないのだが何だかうまいこと言葉で説明できないなあ。ボキャブラリー不足かねえ…

うーむ、議論でなく単なる頷きになってしまってるけどつらつらと考えたレベルではつらつらとした答えにしかならんということか。何だかきちんと返答してもらったのに申し訳ない。もうちょっとまとめてからTBしたほうが良かったかもしれん。

モブログベスト携帯とは…

また答えにくい設問だなあと御手洗さんの小まとめのコメントを読みながら思う。文字で投稿という時点でキーデータの入出力信号がコネクタから出ていないFOMAは選択外なんだよな。今使ってるF900itなんかはBluetoothにキーボードプロファイルさえ使えれば最強だと思うんだけど(エアダウンロードで何とかしてくれ~)。撮影した写真に手書きの注釈やコメントを追加して投稿(メール)できるので面白い使い方も出来るし、jigブラウザも出た今普通にweb投稿も出来るのでiモードだから、なんて躊躇はいらないし。

携帯だったらREUDOのキーボードなんかの選択肢があるんだけどパケット代の制約を受けるんだよね。そういったへヴィユーザーには他キャリア有利な気がする。悔しいけど。

Sunday, December 05, 2004

汎用性にはリスクが伴う

というか様々なコストが増大するというか。コンピュータにおいてのオープンソースがコスト減ということに関してはあまり役に立たないのと同じように。

三田さんのところのトラックバックから奥一穂さんのエントリーを経てR30::マーケティング社会時評の記事などを読みながらつらつらと考えた。こういうときのトラックバックは各々発言の流れをとらまえるのに非常に都合がよろしいなと思う。

Continue reading "汎用性にはリスクが伴う" »

Friday, December 03, 2004

井戸端会議の拡大版にネットジャーナリズムとか言われても…

団藤さんの本家は”読み物”として楽しく読ませていただいているが、今回のweblogのエントリーはさすがに頷けない。鸚鵡返しな発言てのは揶揄する目的ぐらいにしか機能しないのだからジャーナリストとしての発言ならば猛省を促したい。頭に血が上りすぎていると思う。

Continue reading "井戸端会議の拡大版にネットジャーナリズムとか言われても…" »

Thursday, December 02, 2004

ツールの使い分けははっきりしている。

ここでは木村さんのお題(第二回)に答えてみる。

はっきりしているのは言質を取る時・もしくはデータの添付を伴うときはメールやFAXなどの書面で、会話(交渉や根回し)が重要なときは電話でやり取りする。もっというと感情を伴った方が良いなら電話や直接対話、そうでないなら手紙やメールといった具合だ。

上とは意味合いが違うが販売店を経営する代理店という立場上クレームなどのお詫びに関する物は心を尽くして手紙で、もしくは直接お宅にお伺いして高騰にて謝罪というスタンスを取ることが多い。この場合はお客様にこちらの誠意を理解してもらうことが重要なので必然的にこういったやり方になる。

年賀状は最近は基本データを作ってコピー、が多いけど時間がある場合はすべて手書きだなあ。そもそもはイラストを描くのが楽しみだったりするので。会社の同僚に送った年賀状すべてを繋ぎ合わせると1枚のイラストになったりするのを作ったような気が。

薄型で明るくて3倍ズーム以上の高速起動

引き続き御手洗さんのお題に絡む。

ということで今はDimageX20を使っている。パソコン画面やサービス版程度の画質があればよいので200万画素でも充分だからだ。それと携帯と違ってシャッター音を消せるのが良い感じ。といっても別に盗撮をするわけではなく周りが静かな時にシャッター音がすると迷惑になる場合もあるからだ。三脚穴もきちんと付いているので、ブレずに撮影したい場合は脚をかませられる。携帯だと画角が狭いのとレンズが暗くて不快なノイズが乗り易いのがいただけないのでデジカメを持っていないとき以外は使わない。メールで画像を送ったりもしないしね。別にマスコミとかではないので静止画に速報性を求められないからそれで良いと思うし。
逆に最近TV電話は良く使うようになったかもしれない。速報という意味ではこちらのほうがライブ感も味わえて面白いと思う。別にこちらも記事にするわけではないから画質は気にならないしな。

投稿はパソコンでしかやらない。

御手洗大祐さんのお題にエントリー。

小まとめにちょっと触れてあったんだけどモブログ系の人とパソコン投稿の人ははっきり分かれている感じがする。

俺はパソコン投稿派で小ネタをちょこちょこ1日に何度もというタイプでは元々無い(大体が筆不精)、なのでデスクで吟味しつつも生ぬるい投稿をするのが日記をつけている感じで良いと思っている。Firefoxでブラウジングしているのでこれを使っているがココログだと本文(続き)に書き込んでいると突然リンクやボールドなどのコマンドボタンが効かなくなるのが非常に使いにくい。これは特有の症状だと思うので改善を望みたい、がサイトに報告するのが面倒くさいので誰かあっちに書いておいてくれれば有難いかなあ。

普段はここは防備録的に使ってるんだけど面白いのでまあちょっと頑張ってお題にトラックバックしまくってみようかと思う。いつまで続くかは分からんが。すでに疲れているような気もするし…

牛肉トレーサビリティに関する馬鹿記事と問題点

あいも変わらず馬鹿なことするなあ「とくダネ!」
牛肉トレーサビリティで小売外食店にてトレース番号表示が義務付けられることについてのリポートを出かける前に見たんだが、内容としてはトレース番号をiモードで検索しその生産者宅に購入した肉を持っていって一緒にすきやきを食べる、というものだった。こういうものにはお金をかけて取材するのな。まあそもそも馬鹿な番組だからこんなもんだろうけど。

Continue reading "牛肉トレーサビリティに関する馬鹿記事と問題点" »

« November 2004 | Main | January 2005 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ