« 猫の死骸が道路に6,7匹目 | Main | デビルマン
【感想】 »

Monday, October 25, 2004

シークレットウインドウ
【感想】

キングはそもそもこの映画に書かれている作家とペンネーム・作家とファン・盗作(への言及)といった作家と作品にまつわる話題に敏感であり且つ作品においてアクティブに語る人なんだけど、今回はジョニー・デップがその作家の狂気を効果的に演じていた。でも頭に「ジョニー・デップの~」と付きそうなぐらい役者としてのアクが前面に出ていたのでキング映画としての評価は割れるかも。
眼鏡をかけたジョニーは執筆時のキングに結構そっくりなんではないかと思えるぐらい茫洋としてて本人に取材したのかと思うぐらい作家っぽかったのはちょっと笑ってしまいましたけど。

公式サイト

« 猫の死骸が道路に6,7匹目 | Main | デビルマン
【感想】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/1768916

Listed below are links to weblogs that reference シークレットウインドウ
【感想】
:

» シークレット ウインドウ [ヲイラのだいあり?]
■ シークレット ウインドウ (2004) 原題:SECRET WINDOW   なぜ追われる?… なぜ終われない?… 人気ミステリー作家が謎の男に小説の盗作疑惑をかけられ、次第に追いつめられていく不条理な恐怖を描いたサスペンス・スリラー。中篇集『 ランゴリアーズ 』に収められた、スティーヴン・キング原作の『 秘密の窓、秘密の庭 』を映画化した作品。... [Read More]

« 猫の死骸が道路に6,7匹目 | Main | デビルマン
【感想】 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ