« September 2004 | Main | November 2004 »

Saturday, October 30, 2004

えげつねえなオイ

秋葉ブログさんとこの記事

うわぁ、安く売って売り上げ伸ばしてメーカーに「ほれうちのところが一番売れてるんだよ何でグッズをくれねえんだ」とかねじ込むつもりでしょうかね(裸の)プリンスは。相変わらずえげつねえよなあ。
このご時勢廉売で数を伸ばしたところでメーカーは冷ややかに見るだけだと思うけどね。
わけわからん安売りで商品価値を下げられるぐらいならあそこには卸さねえって選択もあるんだが。
昔と違ってどっかだけを無理繰り優遇するメリットは大分薄れたからねえ。

Friday, October 29, 2004

珍しく募金してみたり

ジャパンネットバンクに幾らかの残高があったので新潟地震の災害募金として振り込んでみた。

まあ大した金額じゃないし募金というのは現地の方に役立ったとしてもやはり自己満足の類だと常々思っているので良いことをしたとかいう気持ちは全然無いんだが、現場を自分の目で見たいというただそれだけの理由で周りの警告をすべて無視しイラクに渡った挙句の果てにまたもや数千万のムダ金を使わせるような自己満足よりはマシなんじゃないかと思いながらやっていたりする。その数千万(場合によっては億単位)の金を支援費として災害被災者に使えれば良いんだがなとも思いながら。

要は馬鹿にムカついた捌け口を募金という手段に求めてしまっているだけなんだよね…あんまり誉められたものじゃないな。

ジャパンネット銀行

Dish&Dinning YUNO
【ランチ・ディナー】

メインは食器や家具の販売店なんですがショールームの中に食事スペースがあるので販売品を観賞しながら食事が楽しめるといった風情です。温泉の帰りに夕食で寄ったのですがコースが値段も手頃でそれなりに凝った作りでしたので紹介する次第です。
前菜、サラダ、メインディっシュ、ご飯、汁物といった構成でしたがこの日のメインの魚は鯖と太刀魚の竜田揚げということで、太刀魚を竜田揚げなんて珍しいなと思いながら食べてました。鯖は身もプリプリしててジューシーでしたし太刀魚も思った以上に揚げても食べられるなといった感じで結構満足しています。
ネックはすべてのおかずを食べ終わった後にごはんがでてくるところでしょうか。漬物の量も少ないのでもう少し早く出てきて欲しいものですね。

昼は1000or1500円で同じ物が食べられるそうなのでお昼に行くのがお奨めです。
場所はえびの宮川の裏ってことで辿ればわかるのではないかと思いますので地元の方は是非足を運んでみてください。食器も質の良い物が揃っていますので目の保養にもよろしいかと思いますよ。

道中御食事処 山賊旅路
【だご汁・たかなめし】

国道57号線JR阿蘇駅すぐ近くの店。阿蘇の司ビラパークホテルの近くといえばタクシーの運ちゃんには通じると思います。
値段はそこそこなんですが、かなり美味いです。阿蘇に行ったら出来るだけ寄るようにしています。
だご汁はみそラーメンの麺の代わりにだご(団子)が入ったような感じです。普通入っていないもやしなんかも具の中にあるのでそう思うのかもしれませんがボリューム(ラーメン大盛ぐらいの感覚)もあってお腹一杯になります。たかなめしも定食に付いてくるものでも単品と同じぐらいの分量がありますのでここの定食を食べて物足りないって事はまず無いでしょう。
私はこれに+煮込みホルモンの定食を食べたんですが腹の皮がはちきれそうでしたよ。満足満腹膨満感。

案内ページ(Yahooグルメ)

Monday, October 25, 2004

デビルマン
【感想】

web上で散々こき下ろされているのを読んでいたせいか意外とまともに見られました。

散々だった双子の演技力も、原作を無視したとも取れるように一見思えるセリフに関しても理由をこじつければ違和感は無いのかなと。そもそもが東映の特撮レベルはこんなものだと思えば良い訳でして。デビルマンという作品に思い入れがあり過ぎて過剰反応としか思えない罵倒も多々見受けられましたので2ちゃん風に言えば「みんなモチツケ」といったところでしょうかねえ。

思い入れのあるシーンを思い入れなく繋ぎ合わされてたから激高するのは分かりますけど、全体としては最終巻までのストーリーを詰め込んであるんですから那須夫妻の能力ではあれが限界だったんじゃないかと思いますよ。むしろ原作を読み込まずに自由な発想でもっとぶっ飛んで欲しかったところです。

大体原作での大事なキャラクターが1人いないんですからその時点で作品としては破綻してたってことでどうでしょうかね。

…と一応擁護っぽいことを書いてみましたがバンダイ様はもうちょっと自分達のノウハウの蓄積があるんだからもう少し作品に対しての意見を述べたほうがよろしいかと思われ。そうやって放置プレイばっかりやってるからピピンやプレイディアみたいに会社の浮沈がかかった自体になっておしまいになるわけでしてね。自分達がどっかに吸収されそうになった教訓はちっとも生かされてないのかよと小一時間ry)

公式サイト

シークレットウインドウ
【感想】

キングはそもそもこの映画に書かれている作家とペンネーム・作家とファン・盗作(への言及)といった作家と作品にまつわる話題に敏感であり且つ作品においてアクティブに語る人なんだけど、今回はジョニー・デップがその作家の狂気を効果的に演じていた。でも頭に「ジョニー・デップの~」と付きそうなぐらい役者としてのアクが前面に出ていたのでキング映画としての評価は割れるかも。
眼鏡をかけたジョニーは執筆時のキングに結構そっくりなんではないかと思えるぐらい茫洋としてて本人に取材したのかと思うぐらい作家っぽかったのはちょっと笑ってしまいましたけど。

公式サイト

Sunday, October 24, 2004

猫の死骸が道路に6,7匹目

うええ、同じ道路沿いに2匹連続。1匹は頭を綺麗に砕かれもう1匹は胴体真っ二つでケチャップのように内蔵をぶちまけていました。冬場になってくると動きがさらに鈍ってくるのか見る率が増えてくるような気がします。

場所:6匹目はうきうきロード沿い、7匹目は農道鏡~八代間

Friday, October 22, 2004

ボスチーノ
【飲料】

コーヒー飲料としては結構美味いのではないかと思います。ただクリームの後味が強く残るので喉の渇きは癒せないというか。量も少ないので高級そうな飲料をステータスとして飲みたい、なんて方以外にはお奨めしにくいです。

公式リリース

Thursday, October 21, 2004

白いカラス
【感想】

アンソニー・ホプキンスはこういう背徳とエロス(グロさは無いけど)な役柄が本当に好きなんだなあと思わせる作品でした。それと相変わらずニコール・キッドマンが怖いです。
原作のフィリップ・ロスは「さよならコロンバス」ぐらいしか読んだことがないんですけど、こいつは原作も読みたいなと思わせる出来、のような気がします。役者の配置が絶妙で、各々のアクの強さに引っ張られること無く過去のフラッシュバックと現在の悲劇が交錯する瞬間は、ああそういう繋がりだったんだと素直に納得させられます。

公式サイト

Wednesday, October 20, 2004

台風だらけの大運動会

別に本当に運動会やったわけではないんですけどね。後始末が大変てことで。
今回の場合は強風域を逸れてくれたみたいなので雨足の心配だけだったのでほっとしました。休みも作業で潰れることがなかったので充分体を休めることもできたのでかなりリフレッシュできた感じです。

まあ自分がリフレッシュできても市況が変化するわけではないので、頭の痛いところは変わらないわけですがね。

Saturday, October 16, 2004

カベルネ・ソーヴィニヨン
【飲料】

カナダドライの独自性は感じられないな、と。最近はこういう当たり障りの無い味が趨勢なんでしょうか。飲みやすいから人を選ぶってことは無いから売り出しやすいんでしょうけど、この間放映されてたTVドラマ「ラーメン発見伝」のセリフじゃないけど人の意見を取り入れ過ぎて自分を見失っているような気がします。

公式リリース(PDF)

Friday, October 15, 2004

ミルクセーキ
【飲料】

サンガリアから新発売のペット500mlのミルクセーキ。甘味はほどほどですがもうちょっと卵の風味があっても良いような気がします。こう口の中にふわっと泡立ってるような食感が欲しいんですよねミルクセーキには。

公式リリース

感染・予言
【感想・ネタバレ】

Jホラーシアター第1弾て奴を観て来ました。昨今のジャパニーズホラー人気の余勢を買った感じですけどどちらも楽しめるのではないかと思います。

Continue reading "感染・予言
【感想・ネタバレ】" »

Wednesday, October 13, 2004

向けた刃物は自分に返る

マイケル・ジャクソン、エミネムのビデオを侮辱的と激怒(Yahooニュース)

エミネム、容赦ねえなあ。でも彼みたいな初めに主張ありきの音楽屋はどっかで突きつけた刃が自分に返って来るんだよな。まあ特に好きでもないので何時つぶれようが気になるって事はないんですが。どうでもいいというか。

マイケルは応援してますよ。性癖はどうしようもないかもしれないけど彼の曲の普遍性がそれで翳る訳じゃ無いし。

中華そば郷家天神店
【ラーメン】

何回も訪れているのに書くのを忘れてました。福岡天神にあるラーメンではなく中華そば屋。なので天神の中でも異彩を放っています。ベタの豚骨ではないすっきりしたそれでいて濃い口のスープが食欲を十二分に満たしてくれます。辛ねぎらーめんがお奨め。鶏めしもにぎりになっているので結構数を食べてしまいますね。

麺:中ちぢれ麺。コシはしっかりしている。
スープ:豚骨ベースの鶏ガラブレンド。さっぱりしてるけど濃厚。ラーメンの種類によって醤油ダレの配合を変えてるっぽい。色が違うので。
具(トッピング):チャーシュー程よく葱はシャクシャク。
店舗スペース:カウンター含め30弱。
待ち時間:5分程度。鶏めしを頼んでおくと待ってる間も口寂しくないと思う。
鶏めしと一緒に頼むのをお奨めします。相性も良いので。餃子も置いてますが3時以降しか頼めないのでお昼時はご注意。

ぐるなびレストラン紹介

Tuesday, October 12, 2004

カルピスソーダ桃&すもも
【飲料】

うーむ、チューインガムの味がします。ピーチ味の。

公式リリース

C-modeを普及させる気があるのかは…

前回の記事に対して三田さんのweblogよりトラックバックをいただきました。

CEATECにてEdy対応ベンダの展示があったとのことですが、これが普及用のベンダだとするとC-modeはいよいよもってプロモーション目的のテストケースという感触が濃厚に。
実際のキオスク部分が今までの機種では目に見えて機能していないということなんでしょうけど、普及率考えたらそれで判断されるのは時期尚早な気がしますがどうなんでしょうかね。今後のEdy機の普及計画如何でコカ・コーラ側の本気度が分かるんじゃないかと思いますが、私もC-mode機にはもっと頑張って欲しいと思っています。
それには普及度と同時にソフト面の充実をアピールするプロモーションが非常に大事だと思うのですが今のところあまりその部分に関しての話題が上らないところを見ると頑張ってやってるレベルまではいってないような気がしますね。

Monday, October 11, 2004

コーラスウォーター
【飲料】

”I love”カルピス、”愛の”スコールとともに乳酸菌御三家とも言われたものですが昨今のコーラスウォーターはミルクオリゴ糖入りだそうで。前記2つと比べると味が薄め(あっさり目)なのが特徴ですが私にはあっさりしすぎて少々物足りない感じです。酔い明けの飲み物としては申し分ないのですが。

公式サイト

Sunday, October 10, 2004

分析報告20041001~20041006ぐらい

アクセスもいつも通りに落ち着いたようなので先週の状況をアクセス解析などから少々分析してみた。
いろいろと面白い傾向が見て取れる。

Continue reading "分析報告20041001~20041006ぐらい" »

ペプチドパワーrecover
【飲料】

最近ちょっと大豆ペプチドに凝っててこれもその1つ。セブンイレブン専売のPB商品なんだけど、飲み難い大豆ペプチド製品の中では比較的飲みやすいです。これもカルピスの乳酸菌との合成の成果なのかなあとか思いながら飲んでいる次第です。

Google先生

100%果実で微発泡ヌーヴォー 初摘みグレープ
【飲料】

今回のグレープは甘味が非常に控えめな割に苦味が残ると言うことも無く飲みやすいです。濃縮還元なんで純粋な果汁100%とはいきませんがそれゆえにエグ味が少なくまとまっているようです。

公式リリース

Friday, October 08, 2004

ファンタ ホワイトストロベリー
【飲料】

イチゴ&ヨーグルトってことなんですが、飲んだ瞬間「あ、ライオンこどもはみがき(いちご)」というのが正直な感想。いや、子供の頃なめた味にそっくりだったんで。たくさん飲める味ではないですが、子供が大喜びしそうな感じです。

公式リリース

Wednesday, October 06, 2004

鼬の死骸が道路に1匹

むぅ、猫以外の死骸を久しぶりに発見しました。道路の真中にでろーんと横たわってたので夜中にトラックにでも轢かれたんではないかと。そういやどっかで狸の死骸も見たけどそれは書き忘れてました。

場所:農道(うきうきロード)松橋、宇土間

Tuesday, October 05, 2004

ウェルチ マスカット・オブ・アレキサンドリアブレンド
【飲料】

酸味が程好く効いたマスカットドリンクです。ただ甘味も相当にあるので500mlは多いなあ。ミニボトルサイズがあったらそれなりに飲みそうですが。サイトには掲載されていないのですがセブンイレブン用PB商品なのかな。

メーカー公式

Sunday, October 03, 2004

メディアの行方

先日書いた記事について反応していただいた追記(サイトのページの一番下までスクロール)があったようなのでこちらも補足。

あの書き方で追記しているような読み方をしろってのはかなり無理があります。誤解も何も言葉が足りない。
一言感想的な書き方は話題提起にはインパクトが合って良いのかも知れませんが、その一言を生み出すために削った言葉が実は読み手の理解を助けるものだったりするから自分の文才に絶対的な自信と確信があるのならともかく多少なりとも理解を得ようと思ったら一言の文章で済ませるのはどうかと思います。情緒的な短い文章を書く人は自分の中で他人が分かるだろうと思って言葉を端折りたくなるんですけど読み手は超能力者ではないので理解を得たいと考えるのなら説明すべきところはきちんと説明すべきでしょう。真意を多少でも理解して欲しい(議論を戦わせたい)と思うからこそ追記的な文章を書いているのでしょうから。
ということで追記を読んでの感想は”誤解”ではなく最初の文章だけではあなたの言いたいことは”理解不能”というところでしょうか。

<漫画や雑誌も同価値
紙媒体がネットなどの新興メディアに押されているのは当たり前で人間が娯楽に使う金額の総量が決まっている以上新しい楽しみ(娯楽)が出てくればそこに食われます。携帯に関して言えば購入者の使用平均額は8000円弱あるわけで、サラリーマンの小遣いが30000円ぐらい(そもそも娯楽に5万も10万も使う層ってのは人数的には少数)だとするとそこから8000円無くなれば食費遊興費を考えれば紙媒体に割く費用なんて出てきませんよ。ネットで如何に先導しようがよほどの余裕が無い限り本に金は使い(え)ません。今までが紙メディアに金が流れすぎたんであって現在は現在で適正な売り上げだと言うこともできるわけです。
以上のことを何で書いたかというと、私見として紙媒体とネットメディアはリーダビリティなどの面も含めて”同価値”には決して成り得ないと思うからです。現在を考える限りお互いのメディアに対するメリットが完全にバーターではありませんし、一部で協業することはあっても大部分では対峙するものであると考えています。

Saturday, October 02, 2004

ヘルボーイ
【感想】

雰囲気は良い、良いんですけど何だか惜しい。イメージが原作に忠実すぎて損してる感じがします。あと敵側のヌメり方が甘いんじゃないかと。リックベイカーもどろどろな感触のメイクは苦手なんですかねえ。あっさりしすぎててうまいこと消化できない感じというか。リズ役のセルマ・ブレアは可愛いです。ロン・パールマンもまさにヘルボーイにはまってます。シナリオも過不足ないんですよ。隙が無さ過ぎ(出来がしっかりし過ぎ)てるのかなあ。

公式サイト

がぶ飲みフルーツミルク
【飲料】

口当たりの良いフルーツ牛乳です。ローソンでからあげ君REDと一緒に購入して飲んだんですが、この組み合わせなら甘さも口に残らないのでベストマッチングかもしれませんね。あとはやはり風呂上りでしょうか。

公式リリース

Friday, October 01, 2004

ネットに寄りかかりすぎている人はネットの意見が偏っていることに気付かない。

ARTIFACT@はてなの記事から歯車党日記さんの記事2件(これこれ)を読む。
書籍にしろゲームにしろ創作作品の販売経験者側から言わせると石黒さんの意見の方が至極全うなものだと思いますよ。不確定要素の多いウェブ意見に左右されるなんて販売(経営)側から見ると愚の骨頂というか(もちろん作品そのものの明らかに悪い(と思われる)部分の批判は真摯に受け止めて参考にしたりすることもあります)。記事に書かれている通り、アンケートはがきをわざわざ送ってきてくれるお客様は商品を購入しなおかつ応援していただいているお客様なわけで一番ダイレクトに訴えかける物ですからそれを重視するのは当然です。それと一部の例外を除いてウェブに拘泥する人とそうでない人の割合は圧倒的に後者の方が多いと言うことを忘れてはいけないでしょう。(*)しかもアンケートを書いてくれるような人のうち幾分かは前者である層ともクロスしていますので「”ネット世代との温度差”がアンケート重視と言う姿勢によって広が(ってい)るんじゃ?」と言う意見は全くの的外れであると考えます。
私もいろんな作品の感想をこのweblogにも書き散らかしていますけど、上記の理由からそれが売り上げ(の多数)に繋がるなんていう考え方はありません。どちらかというと意見の違う人と議論をぶつけ合ったり同意を求めて同好の士を募るのが主な目的なのではないかと自己分析してますけど。ウェブでの批評が売り上げに有効なのかを販売製作側にぶつけたいのならアフィリエイトでもやって売り上げ数をカウントしたデータを見せるとか実績ベースの資料を見せられないのならいくら有効だとか叫んだところで意味がないと思います。これは物を売ってる多くの会社で当たり前のことです。(*2)
大体作品批評をしているサイトなんて自分の思ったままの感想を書いているわけだから良いことばかり書いているわけではないでしょう。悪いこと(自分にとって納得がいかないこと)を書いた感想を見て「これ買うのやめよう」って人もいる場合がある(実際にそういって買うのをやめた奴も知ってる)わけですから最低でもプラマイゼロであろうという結論にはならんのかな、とつくづく思います。それと自分の経験則に基づく物はあくまで自分の意見なのでそれを”ネット世代”とか勝手にくくってしまうのはどうかなあ、とも。

(*)ネットを毎日巡回しているけど特に意見を述べたりしない人達は拘泥はしていないと見ています。またこういう層こそアンケートはがきなどで直接作り手側に意見を述べるものなので(経験則)。
(*2)かといってそれを素人にやれって言ってる訳ではありませんけどね。

陰陽師2
【感想】

TBSの水曜プレミアで観たんですが…いやあ映画館に観に行かなくてよかった。伊藤英明の妙な軽さ(ヘラヘラしすぎ)と深田恭子の演技下手さ(下妻物語はうまくハマってるようですが)と中井貴一の浮き具合(演技がうまいのはこの場合逆効果)が変に入り混じってつまらなさが倍加しているように感じます。予算が少なくなったのか特撮がかなりショボくなってるのも目に付きすぎて痛々しいぐらいです。野村萬斎の妖しさだけがひらひらと舞い踊るだけってのは1800円には値しません、私にとっては。各々のキャラクターの掘り下げも出来ていないので非常に薄っぺらいメロドラマが展開するのは耐え難い苦痛でした。

公式サイト

« September 2004 | Main | November 2004 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ