« どうにかなりませんかドコモのCM | Main | 客より前に人間だろお前ら »

Tuesday, September 07, 2004

奥の深いオタク雑誌文化圏の話(テクノポリス編)

有里さんの日記経由でこちらの話。

コンピュータオタク系というくくりでアスキー文化(変なくくりだ)だけを語ってしまうと当時の話は非常に偏った物になってしまうでしょうね。雑誌文化として語るのならコメントで書かれている「テクノポリス」(徳間(インターメディア系))もしくは80年代~90年代前半の「IO」(割とアスキー文化寄り)「マイコンベーシックマガジン」(電波新聞社)「Oh!**」(ソフトバンク)の関係性を語らないと非常に一面的になりかねないと言うか。

ここではテクノポリスに関しての当時の情報を書いてみます。

テクポリ(略称)で何も浮かばないというコメントだったんですが、この雑誌での今に繋がるキーワードは”打ち込みCG””同人ソフト””ゲーム改造”ですね。

まずは打ち込みCG。
まずマイコンファン達に認知される形でBASICや機械語プログラムで表示するアニメキャラクターのCGを雑誌の特集等に最初に持ってきたのが上記テクポリでした。当初はミンキーモモのCGを表示するプログラムなどを8ビットマイコンのベンチマークとして使っていたのですが、ユーザー側から様々なキャラクターを表示するプログラム(当時流行のナウシカやうる星やつらなど)が投稿され始め「ガッツでCG」などのムックまで発売されるムーブメントとなりました。
しかし、小学館の「版権囲い込み事件」をきっかけにキャラクターCGの掲載を許可しない風潮が生まれ事件を境にブームそのものは衰退していくこととなります。
ということでブームは去ってしまいましたが現在一線でバリバリ活躍している現役プログラマさん達の中にはこの頃誌上でカリスマになった覚えのある方も結構いらっしゃるような気がします。

同人ソフトに関してはパソケットをライトなマイコンユーザーの中にまで盛り上げた功績はテクポリにある、とまで断言してしまって良いくらいです(私の中でですけど)。これも前記同様「同人ソフト大全集」などのムックで盛り上げ最終的には雑誌社が自前で発売した中では初めて同人作家を大々的に起用したゲームの発売にまでこぎつけます。この流れはテクポリ休刊後同じ徳間の「MSXFAN」に受け継がれていきます。パソケットそのものは90年以降のコミケに集約されていく流れの中に埋もれてしまいましたが、現在活躍している方々の中だとHSPを開発されたおにたま(オニオンソフト)さんなどは当時から前記ムックでメインの記事を書いておられましたね。

最後にゲーム改造。
ゲーム改造コード雑誌が創刊される遥か前、テクポリ誌上ではゲーム改造コードのコーナーが花盛り(死語)でした。BASICが標準で内蔵されていた当時のマイコンは自前でプログラムを改造したりして楽しむのには最高の素材でしたし、プロのゲームを改造しているうちにプログラミングのキモを自然に学ぶことも出来たので、プログラムの勉強をするのには最適だったのではないかと思います。これで目覚めてプログラマになった今現役な人もかなりの割合で存在するのではないでしょうか。

この3つは「エロ」というフィルターを通して熱心な読者の中に浸透し、雑誌休刊後様々なオタク系媒体へと拡散していきます。現在のオタク市場に浸透する「萌え」市場にとっても欠かすことの出来ないキーになる雑誌だったと言えるでしょう。

上の3点とは話題が少々逸れますが、80年代前半のテクポリは当時プログラマ初心者のバイブルと言われていたベーマガにも掲載されないようなマイナー機種のプログラムも掲載してくれていましたのでマイナーマシンの所有者達にとってはまさにネ申だったんですよね。特にポケコン・ハンドヘルドの特集をハード情報含めてやってくれていたので読んでるだけでそのマシンを使った気になったのが思い出されます。

そうそう、それと地球丸、佐藤元が出てくるのなら槙村ただし(ダイナミックプロ)も入れとかないと、と思います。初期のテクポリでは非常に重要な役割を果たしていますし、なんといっても自身がプログラムが組めてエニックス(当時小西六エニックス)のコンテストに入賞した後「マリちゃん危機一髪」や「ガンダーラ」のイラスト・キャラ設定、テクポリ本誌ではちょっぴりエロなゲーム(今で言うギャルゲー的な物でした)製作漫画を連載していた氏の活躍は記憶にとどめておくべきでしょう。


追記:
アスキー文化圏をOUT(アウシタン)、テクポリ近辺をファンロード(ローディスト)と思えば分かりやすいのかもしれないとふと思ったのでメモ。余計混乱したらすまぬ、ということで。

« どうにかなりませんかドコモのCM | Main | 客より前に人間だろお前ら »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

ゲーム」カテゴリの記事

パソコン・インターネット」カテゴリの記事

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

書籍・雑誌」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/1380723

Listed below are links to weblogs that reference 奥の深いオタク雑誌文化圏の話(テクノポリス編):

« どうにかなりませんかドコモのCM | Main | 客より前に人間だろお前ら »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ