« 極道恐怖大劇場 牛頭
【感想】
| Main | 村上屋
【ランチ】 »

Wednesday, May 19, 2004

ジョゼと虎と魚たち
【感想】

普通は見に行かない映画ですが、月例の映画会で見に行った奴です。恋愛を主題にした映画は感想を書くのもいやなので置いておいて、今回は役者について少々。

主役は妻夫木聡&池脇千鶴ですが、それぞれの持ち味が出ていて興味深いです。
まず妻夫木ですが彼は”毒を持った見ている者を不愉快にさせる役”作りが非常にうまい。久々に役者としての広がりがありつつ演技の達者な若手男優を見た気がします。こいつは拾い物でした。「(*)ブラックジャックによろしく」なども、ここまで不愉快な気持ちにさせる役をきちんとこなしているなあと感心しながら見ていたものですが、この映画にはそれが端的ではなく全編に渡って見えるのが良いですね。この調子で様々な役をこなしていって欲しいものです。
対して池脇千鶴、演技は抜群に巧い、巧いんですが幅が非常に狭いと感じます。これは声(ロリ声も甚だしい)の所為もあるし演技の傾向もあるんでしょうけど、新藤兼人監督あたりがいかにも好きそうな感触といったら良いのかな。私には音羽信子のイメージがダブります。好きな演技ではあるんですが、彼女が出ることである種のレッテルが作品そのものに貼られそうな気がします。監督のイメージを食ってしまうほどのレッテルは役者にとって本望なのかもしれませんが。まあ、リハウスガールに自分で応募し立ち位置を掴み取るほど根性座ってますから要らぬ世話と言われればそれまででして、ははは。
余談ですが、彼女の”きれいなハダカ”が見られたのはちょっぴりうれしかったりします。エロ度の精進はもう少々必要な気がしますが。

公式サイト

« 極道恐怖大劇場 牛頭
【感想】
| Main | 村上屋
【ランチ】 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/621098

Listed below are links to weblogs that reference ジョゼと虎と魚たち
【感想】
:

« 極道恐怖大劇場 牛頭
【感想】
| Main | 村上屋
【ランチ】 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ