« カスミ伝S
【簡単書評】
| Main | アクメツ 1~6
【簡単書評】 »

Saturday, April 10, 2004

蒼天の拳
【簡単書評】

北斗を題材にした段階で原哲夫は自分の作品を超えられない宿命を背負ったと言えるのだが、予想通りの尻すぼみ具合なストーリーを読むに付けコミックまで買う意義はどんどん失せてきていると感じる。

そもそも舞台を未来ではなく過去にしたことで、過去の歴史のリアルにせっかくの破天荒な北斗神拳というギミックそのものが塗り込められてしまっているのが大変残念。応援する意味でもコミックを買い続けたかったのだが、バンチを毎週読んでいるのでそれで充分と思わせてしまう作品価値ならば持っておく意味は無いと思いこれも処分することにした。もっとファンタジーな要素を盛り込んでくれないと、単なる凡作に終わってしまうので是非頑張ってほしいのだが…

原哲夫公式

« カスミ伝S
【簡単書評】
| Main | アクメツ 1~6
【簡単書評】 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/420823

Listed below are links to weblogs that reference 蒼天の拳
【簡単書評】
:

« カスミ伝S
【簡単書評】
| Main | アクメツ 1~6
【簡単書評】 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ