« 朝食プロバイオティクスヨーグルト | Main | 天駆 1~4
【簡単書評】 »

Saturday, April 10, 2004

新暗行御史1~7
【簡単書評】

書籍を一部処分するんで、その前にいくつか書評めいたものを書いてみようという事で。

朝鮮の故事や歴史を下敷きにしつつ、アメンオサという架空の職業(HERO?)を描いたドラマはオーソドックスな復讐譚にもなっている。ギミックは多々あるように見えるが話は単純なものなので韓国人の描いた漫画ではあるが読みやすい。それ以上に目を引くのが日本人にはあまりいない描線の描き方、まあ絵柄なんだけど日本人の漫画家やイラストレーターであれば単純な描線に落とし込んでしまうようなものを細々と書き込んであったりするので結果日本の漫画とは似て非なるものになっている。これが面白いわけだが最近の流れは復讐の面にスポットが当たりすぎて少々退屈な展開になっているのが惜しい。完結しているわけではないので断言は出来ないのだがイマイチ晩期になる漫画のひとつではある…と言いながら処分してしまうのは何回も読むほどの欲が出てこないからなんだけどね。

作品紹介(アジアコミック内)

« 朝食プロバイオティクスヨーグルト | Main | 天駆 1~4
【簡単書評】 »

アニメ・コミック」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/420663

Listed below are links to weblogs that reference 新暗行御史1~7
【簡単書評】
:

« 朝食プロバイオティクスヨーグルト | Main | 天駆 1~4
【簡単書評】 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ