« February 2004 | Main | April 2004 »

Wednesday, March 31, 2004

不滅の魔神、NETSKY_Q

あーもう、うちの本社の人がウイルス様に感染してくれやがりました。
2回目だぞオイ!
こ~のバカチンがっっ!!

閑話休題

ここから下はお知り合いの皆様方への個人的連絡事項です。

OUTLOOK(含むEXPRESS)は全く使ってないしアドレス帳に登録もしていないんで大丈夫だとは思うんですが、万が一NETSKY_Qにかかったメールが届いたら私かもしれません。ごめんなさい。今謝っときます。自分のマシンの中はノートン教授で駆除したんですが周りに迷惑をかけていないかちょっと不安です…

ゴーゴーゴーゴーゴゴー!

ビープロの神、うしおそうじ氏がご逝去されました。謹んでご冥福をお祈り申し上げます。ネビュラの星に向かって敬礼。


訃報出典その一(2004年3月31日付)
訃報出典その二(2004年3月30日付)

Monday, March 29, 2004

Beep復刻が意味するものは…

某編集長がソフトバンクでゲーム総合誌復活を狙っているのか、なんて根拠の無い穿った見解はさておいてもここ最近の復刻ラッシュは目を見張るものがありますな。

Continue reading "Beep復刻が意味するものは…" »

生活志向 クランチコーン

PBに見えるようなパッケージがあざといような気がするんだけど、味は良いです。コーンの風味と新鮮さがスナックに感じられるというのは言い過ぎかもしれませんが、今までのコーンスナックとはちょっと違う味なのが新鮮でした。値段にしては食べ甲斐がありますね。

パッケージの写真

コカ・コーラ九州限定版
【飲料】

別に味が変わったとかではないんだけどデザインが特別版という事で買ってみました。

Continue reading "コカ・コーラ九州限定版
【飲料】" »

猫の死骸が道路に2匹目

うへえ、また見てしまいました。前回の場所に近いところ。うちの実家の裏は魚市場になっていることもあって飼い猫野良猫ともに無防備に道路を歩いているんで夜結構死んでます。このペースで行くと月1匹ペースで見そうです。

場所:実家裏農道沿い。

Sunday, March 28, 2004

WINGゲーム音楽大全集!

イイ!非常にイイ!!

Continue reading "WINGゲーム音楽大全集!" »

Saturday, March 27, 2004

MSXゲームリーダーが届きましたぜ!

いやあ、待ちに待ってたMSXゲームリーダーがようやく届きました。計2台。

Continue reading "MSXゲームリーダーが届きましたぜ!" »

Friday, March 26, 2004

2号を目にしないままに…

「ぼく、ドラえもん。」の3号を買ってしまいました。

Continue reading "2号を目にしないままに…" »

903
【飲料】

キリンベバレッジとアディダスジャパンの共同プロジェクト、ということでスポーツ(運動)する人向けなんだろうけど運動せずに飲んでみました。

Continue reading "903
【飲料】" »

Thursday, March 25, 2004

小岩井純粋果汁りんご・オレンジ
【飲料】

新製品としてセブンイレブンに並んでいましたので早速購入してみました。私の舌には合わないなあ、と。まず、りんごの方は、30%果汁物の定番として喉越しがすっきりしているのは良いんですけどりんごジュース独特の後味のエグ味が取りきれていないようで苦味が口に残ります。また、オレンジは私のあまり好きではないカリフォルニアオレンジではない方(所謂サンキスト系ではない味)のオレンジ果汁を使っているようで、あの飲んだ後の妙な薬臭さが苦手なのでした。小岩井という名前をブランド化したいんでしょうけど今回の果汁物に限って言えば、私にとっては二度は飲まないイメージのドリンク、ということになりそうです。

公式サイト

Wednesday, March 24, 2004

Gokuri
【飲料】

酸っぱい物はそんなに食べたり飲んだりしないんだけど、これぐらいなら全然問題なし。グレープフルーツ特有の苦味も抑え目でつぶつぶの喉越しが気持ち良いですね。割と何回も飲んでます。

公式サイト

イワエモンのご冥福をお祈りします。

知り合いのサイトで知ったのですが、コミケの生みの親とでも言うべきイワエモンこと岩田次夫さんがお亡くなりになったそうです。イワエモンて本名こんな名前だったんだ。知り合いが受けたショックほどではないにしろ、やはり感じるものはあります。と言いながらもこれ以上かけるべき言葉もないのでこのへんで。

イワエモンのひとの記録のサイト

Tuesday, March 23, 2004

猫の死骸が道路に1匹

うちの地元では道路に猫の死骸を見ることが多い。
で、良く見るのだがその”良く”の基準はどこにあるのかどの位の頻度なのかを計ろうかと思って記載してみた。死体が多ければ、続くのであった。

場所:実家の裏の農道

Monday, March 22, 2004

プライド
【TVドラマ】

いやあ、全くストレートなスポコン&恋愛ドラマでした。野島伸司脚本とは思えないほどに。奇をてらってないところが面白かったと素直に感じましたね。名前のギミックとかちょっとだけ考えてるようなところもあったんですけど、そういう余剰な部分はいらないんじゃないかと。こういう普通のドラマが今無いだけに逆に新鮮だったというのもあります。まあ、木村拓哉が女性にパックぶつけたりしてケチのついたところはありますけど見て損は無い作品だったんじゃないでしょうか。ただ、最後の試合のボヘミアンラプソディは明らかに選曲ミスだと思うし試合シーン後の30分ほどもドラマのフォローとしては長すぎたと思いますが。無理して全部クイーン使わなくてもいいんじゃないか?無理して90分の尺にしなくてもいいんじゃ?と。

公式サイト
クイーン紹介サイト(東芝EMI)

豊福亭
【ラーメン】【ランチ】

やっと紹介することができました。ここに行くには気力が必要なので。なぜかというと、桁外れに量が多いから、なんですよね。今回行ってみたらランチの量がさらにパワーアップしていまして、今現在口からチャーハンが出そうなくらい満腹です。しかもちゃんぽん&チャーハンのセットやラーメン&から揚げセットがランチタイム(11:00~14:00)には500円~600円という非常にリーズナブルな値段で食べられるので大食いな方々は是非訪れていただきたいところ。もちろん味もおいしいですよ。特にチャーハンはほっこりと炒められた玉子焼きが程良くほぐれててこれだけでもいいてぐらいなんですが、これが通常の1.5杯分+ちゃんぽん1.5杯計3人前ってな感じでセットなんですからたまりません。

麺 : 細麺。やわらかめ。
スープ(たれ) :クリーミーな熊本ラーメン。とんこつ濃い目です。
具(トッピング) : チャーシューがちょっと固め。具も多目ですので食感が固く感じるかも。
店舗スペース : カウンターと合わせて25席くらい。
待ち時間 : 昼は車が停められないくらい大盛況です。
その他 : 本文で書いた通りランチは馬鹿みたいに量が多いです。普通は単品頼んだほうが良いかもしれません。おいしいけど。

八代のラーメン屋

カルピス世界フルーツ紀行シチリア島レモン
【飲料】

カルピスウォーターの新シリーズ。最近乱発してるようなイメージがあるなあこのシリーズ。多品種乱発するときは会社の方向性がブレてる時だと思うんでしっかりしてほしいとカルピスファンとしては思います。味はレモンの後味が苦味として残るのがイマイチです。ノーマルのカルピス(水で薄めるやつ)が一番おいしいと思うんですけどね。といいつつベタベタが嫌なんでペットボトルのを買っては飲んでるわけなんですけど。これ、春向きの味ではないなあと感じました。

公式サイト

Saturday, March 20, 2004

コミックバンチ第16号

うむ、春に向けて連載がいくつか終了しているようですな。「パカパカブギ」はまあネタが明後日の方向に向いてたので終わるのはしょうがないかなと思いますが、「追い込み屋銀次-スキップトレーサー-」はもうちょっと続いてもいいんじゃないかなあと。ストーリーの展開が人情に傾きすぎたか?
それより大河ドラマの雰囲気をかもし出しつつ始まったはずの「青狼記」が連載の進むたびにスケールが小さくなっていくのがなんともつらい。とはいっても何で大賞をとったのか分からない「エンカウンター」よりは遥かにましか、とは思いますけどね。「蒼天の拳」も世界設定が未来ではなく過去であるために今一歩ハジけられないので「北斗の拳」は超えられないなという感触です。そろそろ雑誌で読むのをやめようかなと思うくらいに。

公式サイト

大怪獣東京に現わる
【感想】

怪獣の出てこない怪獣パニック映画。まあ、見る前の予想通り一発ネタでした。怪獣が出てこないという一点に縛られすぎて映画としての面白さはスポイルされてしまっています。というかこれで100分持たせるのはきついですな。吉本が関わってる割には吉本臭が以外にしなかったのは正解かと思いますけど。笑いもシリアスも非常に中途半端なものでしたし、桃井かおりを起用した意味が無いかなと。

google先生

ライグレ
【飲料】

名前の通りライチとグレープをブレンドしたチューハイ系の飲料。を、18(20)禁ですな~とかいう戯言はさておいてさっぱりした味わいということだったんですが、意外と辛口です。柑橘ダブルのブレンドってこういう感じになるんですかね。料理にはぶつからないんで良いかもしれませんけどね。

ニュースリリース

アクエリアス
【飲料】

リニューアル後初めて購入。うーん、薬臭い後味は変わってません。柑橘風味を強くしすぎると他社のスポーツ系ドリンクと区別が付かなくなるのが嫌なのは分かるんですが、もう少し飲料としての味わいは追求したほうがいいのではないかなあと思う次第。とはいいつつこの味だから酔いが冷めた後の乾きに効くってのもあるんですよね。なので結構飲んでます。

公式サイト

月刊アスキー別冊 蘇るPC-9801伝説

アイテムシティーで予約していた物がようやく到着。内容的にはハード寄りの物やメーカーインタビューには月刊アスキースタッフが、ゲーム関連に関してはクソゲーハンター1・2・3号が担当しているようです。それぞれに思い入れもあるようで、なかなか熱く語っていますなあ。私はFM右派(言い過ぎ)の人だったんでスタンスがちょっと違うんですが、ゲームとして大好きなインサイダーズが入ってたりなんかするのは非常にうれしい限りであります。例に漏れずクリアはしてませんがね。難しすぎました。どうせならクムドールの剣まで入ってると大満足だったんですが、そこまで望むのは欲張りすぎかもしれません。まあ、復刊ドットコムで投票もしているしそっちを期待するとしましょうか。そうそう、これにあやかって「FM黄金伝説」なんてのも作ってほしいもんです。

紹介記事(ASCII24)

Friday, March 19, 2004

やまもと亭
【ランチ】

先だって紹介した「紅龍軒」のとなりにある定食屋さん。日替わりランチは700円(税別)にしてはかなりのボリュームなので満足度は高いです。おかずの量が多いのでライス大盛にすると100円増しですが、小食な人には食べきれないかもしれませんね。ここの日替わりランチはほぼ必ず特製のデミグラスソースを使ったものなんですが、これがマイルドでうまい。ボリュームがあってうまいランチを食べたい方は是非寄ってみたらいかがでしょうか。ちなみに今日はメンチカツ&ナスのフライ&チキンソテーでした。満腹です。

ココログプロにしてみました。

といって何が変わったわけではないんですが。まあ、6月まで無料だしそれまでに無料版の容量を超えることもあるまいということで。色々触ってみたいところもありましたしね。それにどうもCoolに作ってるウェブログサイトが使いづらいので(ココログほど手軽ではない)あっちは普通のサイト構成に戻そうかなと思っているのでいい機会かな、と。場合によってはココログに一本化してもいいですしね。そんな暇があるのか?という根本的問題もあるんですが、そこはそれ、棚を作ってしまっとくってことにして、と。

Wednesday, March 17, 2004

忙しい中、放りっ放しのRetroPC

rpc001.jpg

忙しすぎてまともに更新できませんでした、というか現在進行中。まあ、そんなに真面目に更新する気力も無いままにダラダラと続けている状況は今後も変わらないと思うんですが、とりあえず掃除しっぱなしのまま並べてあるRetroPC達をデジカメにて撮影しましたのでUPしときます。こないだ画像はデータが大きいからUPしねえとかほざいてたのは誰だよとか思いながらも一同に並んだ画像なんて今後はまず撮らないだろうということもあって記念に残しておきたいと思った次第でして。
1枚目に写っているのはほとんどがSANYOのMSXなんですけど、奥のほうに往年の8ビットであるMULTI8やベーシックマスタージュニア、PC6001やらJR200、パソピア&7なんかが見えてます。中ほどにあるちょっと積み上げてあるのがCASIOのFP1100ですかね。

rpc002.jpg

2枚目あたりのはマイフェイバリットPCであるFM77AV40EX&PV2000(楽がき)&ハンドヘルドとヨーロッパ系パソコンたちです。フランス製の奴やAmiga・コモドール128など、デザインがカッコイイですなあ。

一応ほぼすべて動作確認済みで、ほとんどがBASICをROMで内蔵していますので本体とACだけでもなんとか遊べます。簡単なプログラムが組めればパラダイスってなとこで。
早くカタログ化したいんですが、仕事が忙しすぎて暇が無い無い状態です。ぼちぼち何とかしたいとこなんですが…

Saturday, March 13, 2004

赤毛のアン
【小説・感想】

シングルCD付の世界名作劇場文庫を購入。主題歌をCDで持っていなかったのでちょうど良かったかも。内容は「世界名作劇場」の「赤毛のアン」をそのままノベライズ。雰囲気は良く出ていると思うが、親が子供に買い与える場合原作はこんなもん(アニメ通り)だという誤った作品観を植え付けやしないかとちょっと心配。ハイジや母を訪ねて三千里にしたってアニメ向けに大幅な改編をしている部分が多々あるのでこれを読んで面白いと思ったんなら原作も読ませて比較していただきたい。自分自身にも新しい発見や解釈があるはずだから是非。ちなみにフランダースだとパトラッシュが全然違う種類の犬だとか、ネロが死んだ後死体が見つかってからの後日談があるなんてことは小説版(児童版でしたけど)を読んで初めて知ったという…

世界名作劇場文庫
世界名作劇場
日本アニメーション公式サイト

Friday, March 12, 2004

カナダドライ クラシック・ジンジャエール
【飲料】

普通のジンジャエールより生姜の風味が強く、喉に残る後味には好みが分かれるかも。自分にはこの辛味は好みですが。こちらの方が通常版よりも本格的に感じることは確かなので両方置いてある時はこちらをお勧めしたいと思う。

カナダドライブランド(コカコーラサイト内)

Thursday, March 11, 2004

アメリカン・ナイトメア 【感想】

主に60~80年代前半までのホラー映画を題材にして、ベトナム戦争や公民権運動などのアメリカ史との密接な関係性を辿るインタビュー映画。アルバトロスにしてはまともな方か。でも、何でもかんでもベトナムベトナムと連呼されるのもどんなもんかいな、と。説教臭くなりすぎですな。その割には映像軽いし。確かにロメロのゾンビシリーズなどはメッセージ性が強いけど、だからといってそういうところにクローネンバーグを入れ込むのも無理がありすぎると思うがなあ。大体彼はカナダ出身じゃねえかよ。アメリカってのは~大陸ってことかいな。同時代性というだけでこの映画に連なる監督たちをくくるのはトリッキーに過ぎるんじゃないかと思うがいかがなもんでしょうかね。
といいつつも、ホラー映画を咀嚼する上での資料的価値は高いので見て損は無いと思う。特にトム・サビーニのインタビューは映像が頭に浮かんできて眠れなくなるくらい生々しいので必見。ジョン・カーペンターが妙に冷静に自分(自作)を分析しているのもおかしいし。

ぽすれん

謙張 【ランチ】

ラーメンもあるんだけど、今回はランチで行きました。前に紹介した味八のはす向かいにあります。ランチは580円で手ごろ、味も量もそれなりにおいしいです。特にちょっとだけ付け合わせ的に小皿に盛られてるキムチ(中華料理屋なんですがなぜかキムチ)は旨かった。自家製かなあ。辛さも程よくピリピリこないのでご飯と一緒にいくらでも食べられそう。ランチは日替わり、週ごとのループですので好みの組み合わせがあったら同じ曜日に来店するのがいいでしょうね。

ローカルTVでの紹介

好き嫌いが無い人なので

こんなお題じゃトラックバックできません、などと好き嫌いの多い人の神経を逆なでしてみるテスト。
いや、ほんとにないんですよ。昔は食べにくい物もあったんですが、昔かたぎな親の教育(残したら鉄拳制裁…)の賜物か大人になって食べられない物が無くなってしまいました。だから太ってるっちゅう話もありますけど、トホホホ。

8盤レコード

名前の通り8cmサイズのアナログレコード。企画販売はバンダイで音盤製作はコロムビアというシロモノ。博多に行ってヨドバシでプレイヤーとセットで朝日ソノラマコレクション(1)を思わず大人(箱)買いしてしまいました。シークレット含め16種類で1箱16枚入りということでしたので心配したんですがすべて一発で揃ったので一安心。プレイヤーにも1枚付いてたんで「ハクション大魔王」が1枚ダブったくらいですか。通常分のラインナップはサイトを見てもらうことにして、シークレットはラインナップに意図的に入ってなかった手塚治虫シリーズで「鉄腕アトム」「マグマ大使」「ビッグX」の3種類でした。微妙にシブイかも。
ソノシート風って書いてありますけど、要は5ミリ厚ほどあるカラースケルトンのプラ板に溝を掘った物でした。ペラペラではないのでレコードそのものがゆがんでるってことはなかったんですけど、プレイヤーの方がダメダメでしてターンテーブルがグニャグニャになってました。オレのだけかもしれませんけど。不良品かよ!おかげで音がぐんにゃりぐんにゃり揺れるんですが、まあアナログだからこんなもんだろうとか思ったりもして。ノスタルジー以上でも以下でもないので音質を求める向きには向きませんな。まあ、おもちゃですから買う奴にそこまで突き詰める人もいないと思いますけどね。というかそんなことでグズグズ言うなよ、みたいな。

公式サイト

Wednesday, March 10, 2004

博多五風 【ランチ】

「藩」「CASA」などもグループらしい九州一円にある洋風?無国籍風?居酒屋チェーン店。ランチタイムも開けていてしかも安い。日替わりは580円(ライス大盛無料)なので食べがいもあるのでたまに利用するんだけど、味もそこそこ旨いので時間が無いときにお客さんと食べに行くのには結構いいかもしれない。まあ、ファミレス方式の厨房だとは思うんだけど。ちなみに昨日の日替わりはマッシュポテトと特製ハンバーグでした。満足満足。

博多五風(SEIYO FOOD SYSTEMS INC.内)

Tuesday, March 09, 2004

中途半端なデルPDA

デルからAximシリーズが日本上陸したけど…むぅ、中途半端なスペックだなあ特にX3。SDRAM32M+FLASH32Mじゃあ今時足りないよ。メインは最低でも64Mは無いと使い物にならないと思うけど。スケジューラなんかはどうせ違うやつ入れなきゃ使い物にならないからその分のエリアは食われるわけだしね。デザインももっさりしてて、これならスペックの割にちょっと高いけど東芝のgenio e400が薄くてコンセプトが明快な分物欲を刺激するなあ個人的には。

デル(日本)
東芝(genio-e.com)

PCUSER4月号 【雑誌】

文月凉のデジカメ批評ページの無いPCUSERはやはり買う価値は薄いなと再認識。極小画素絶対否定論など意見が偏り過ぎているという向きもあろうが、あのコラムが雑誌の方向性を一部握っていたのも事実であり私なんかはそれ(コラム)を楽しみに読んでたクチなのでもう買うのはやめようと決意した次第で。様々な理由はあろうけど、あの連載といくつかの他の連載がネットとうまく棲み分けをさせてたんじゃないかと思うんですけどね。早晩休刊しそうな感じです。

ソフトバンクパブリッシング
文月凉サイト(1)(2)

Sunday, March 07, 2004

写真をのっけてはみたものの…

こんなことしてたらデータ置く容量があっという間に無くなってしまうのでやめよう。サイトがあるものは写真見られるんだしね。と、自戒してみました。もともと無駄な文章でも掲載してるんでいいっちゃあいいんだけどね。

果樹園スカッシュぶどう
【飲料】

kajyuen.jpg

グレープ系の飲料は結構好きなので買うんだけど、ちょっと苦味が強すぎるため自分的にはこいつはあまりおいしくありません。炭酸がぶどう味とかちあっているようです。アサヒはビール以外は中途半端なのが多いと思うのでもっと頑張って欲しいところ。

公式サイト

Saturday, March 06, 2004

ネスカフェ サンタマルタオレ
【飲料】

santamarta.jpg

コーヒー飲料が飲みたくてこれを買ってみた。うーむ、甘味が少なめなのは昨今の流行なんだろうけど別にコーヒーー飲料なんだから甘くていいんじゃないか。豆から炒ったコーヒーだったら許せませんがこれは別物なんで甘いほうがいいような気がします。サンガリアのコーヒー飲料の方が好みかも。

公式サイト

Thursday, March 04, 2004

落札手数料な話

をを、これは良いニュースですな。落札が多い身としては後出しじゃんけんで落札手数料を請求されることほどイライラするものはないんでYahooオークションのルールで明確に規定していただくのは単純にうれしいです。これでエセ業者が減ることを切に望みたいところ。

INTERNET Watchのニュース

Wednesday, March 03, 2004

SORA greenTea
【飲料】

matcha_milk.jpg

グリーンティー・ラテということなんですけど…これって要は抹茶ミルクだろ。かっこよく言えばいいってもんじゃないと思うけどパッと見で取って買ってきてしまったんで売り手の作戦にはハマってしまってるなあ。帰ってよく見るとポリ瓶がシャンプーに見えるし決して格好良いってわけじゃないんだけどねえ。
味はちょっと甘めで飲んだ後ちょっと喉に引っかかる感じがいまいちでした。

公式サイト

スタイルを変えてみました。

新しいスタイルが追加されていたので、適用してみました。このカラーリングでなんで「和風」なのかは良く分からないんですけど。前のグリーンの色味が好きだったんですけどディスプレイによって文字が読みにくい時があったんで変えたいなとは思ってたんですよ。今回のは見やすいし当面はこれでいけそうです。飽きたらまた変更しますけどね。

Tuesday, March 02, 2004

蛇女 【感想】

円谷映像、エコエコアザラクでいい夢見すぎたか?それとも小中脚本がゴミなのか?佐伯日菜子(あるいは役者)の魅力に寄りかかる”だけ”の映画作りはやめたほうがいいんじゃないかねえ。蛇女の恐怖を見せたいんだか狂気にいたる女の情を見せたいんだかこれじゃ分かりゃしねえって。最後の噛み付くサエキも意味ないし、訳の分からないテンションで最後まで見せてしまえばいいや、的な作りは納得いかないですなあ。主役違う娘だったら単なるクソ映画ですがな。

livedoorぽすれん
作品情報(goo映画)
佐伯日菜子公式

もばいるもばいるたぶれっと(おんぷ)

タイトルのごとく歌い出したい気分に駆られるほど待ち焦がれていたタブレットPC「TC1100」が到着いたしました。ウレシー!!
詳細は別サイトに作ってあるモバイルグッズページに掲載する予定なのでここでは書きませんが、環境再構築の間に間に触ってて久しぶりにワクワクする感触がなんともいえませんなあ。タブレット部分も画面が適度にザラザラしてますので滑るような感じは無くて非常に満足です。しかも合体分離ギミックがそそるそそる。無意味にキーボードを付けては外し、を繰り返してますわい。
ただし、手書きは認識率が高いんだけど使い勝手が悪いです。メモも妙に歯抜けするし。勝手にスペースを認識してるようなので改善の余地はまだまだあるなあという感触です。

HP(日本語)

Monday, March 01, 2004

丸星ラーメン 【ラーメン】

久留米にある全国的にも有名なラーメン屋。何回来たんだろうかここは。サイドメニュー以外で頼めるのはラーメンのみという豪快っぷり(まあ他に頼めないってのでは好来ってのがありますけどね)なんですが、ラーメン350円、替玉100円、ライスが150円だったかな、かなりコストパフォーマンスは高いです。店が薄汚れているのがネックといえばネックですが、長い間の営業で汚れたもんだと思えば気にならないはず。ただ、演歌と警察犬とラーメンのカンケイは良く分かりませんですなあ。(ここの主人が警察犬の育成?もやっているようで店の中にはその写真や新聞の記事などを貼ってあるんですよ)

麺 : 細麺。普通だとやわらかすぎるので硬めでいつも頼んでます。。
スープ(たれ) :上にラードの浮いてるタイプ。これのおかげでスープも麺も冷めにくいですな。そもそも全国的に食べられている博多ラーメンてのは久留米あたりの味付けに近いんじゃないかと思ったり。
具(トッピング) : チャーシュー、刻み葱のみ。
店舗スペース : 100人ぐらい入れるんじゃないでしょうか。年月経ってるせいかちょっと薄汚れてます。
待ち時間 : 席数はかなり多いんですけど、それでも待つ時があるくらいお客が多いです。
その他 : どっちかというと、トラックのドライバーさん達向けの濃い味付けなんですけど。食べ始めると気にならないのがいいですね。チャーシュー単品とかも美味しいです。

google先生で検索「丸星ラーメン

携帯百景(ケイタイヒャッケイ)

20090320 基山SAからの帰りに再食。夜中に食べると本当に美味いよなあ。脂っこさもさほど気にならないのであった。

« February 2004 | Main | April 2004 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ