« 裸のランチ 【感想】 | Main | Lindows商標権問題の意義。 »

Thursday, February 12, 2004

牛丼ごとき(*)で逮捕される哀れ。

栃木の吉野家で、「なぜ牛丼屋なのに牛丼がないんじゃ!」とゴネた挙句「牛肉がないからしょうがねえだろ」と言ったサラリーマン2人に暴行を働き逮捕された馬鹿者がいたらしい。一見逮捕された男が言ってることが正しいように見える輩もいるかもしれないが、そんなことはない。こいつは酒に酔って店に入ったらしく、牛丼が無い事を食って掛かるだけならまだしも周りのサラリーマンや店員にまで暴行を働いた(働こうとした)のであって、そもそも店の表に張り紙がしてあったのも読まず、警察が来ても先の台詞を吐き続けていたというのだから、こんな奴は実名でさらされて当然である。しかも、よりによってこの日(牛丼終了の日)にこんな事件を起こすこと自体が、それ(文句を付けること)を楽しむことが目的で暴れたんじゃないかと下種な勘繰りがしたくなるような阿呆ぶり。被害にあった吉野家には小売業を営む(小売で働く)者として同情を禁じえない。携帯ショップにも時々自分が客だからと言う考えのもとに客としての要求範囲を超えて営業妨害に近い文句を並べ立てる人間がいるが、はっきりいって文句をいった本人にもメリットはまったくない。だってそんな客に店のお得な情報などを与えようとは思わないし、こっちも感情のある人間だから、自分で探せばいいんじゃないの、という気持ちになるよ正直。どっかの偉い人は客を差別するなとかいうような気もするが、私は客には(利益)プラス客と(利益)マイナス客があると思ってるので、差別論者には組しない。(この場合の利益というのは長期的な物で、人件費や店の信用等も鑑みて無茶なクレームで1日つぶさせてしまうような客はマイナスという考え方です)
ちなみに殴られたサラリーマンには同情していない。彼らは自分の責任において発言しているわけだし殴られたのは自分の発言の結果だろうから同情する必要も無いので。

(*)タイトルの”ごとき”ってのは牛丼を貶めてるわけじゃなくて、逮捕されることと牛丼ウン百円を天秤にかけたときの重みは本人の意識としてどうなのよ、って意味です。ちなみに私は松屋のほうが好きだったり。


朝のニュースがニュースソースなのでサイトでの記述は見つからなかった…

« 裸のランチ 【感想】 | Main | Lindows商標権問題の意義。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/3149/189260

Listed below are links to weblogs that reference 牛丼ごとき(*)で逮捕される哀れ。:

« 裸のランチ 【感想】 | Main | Lindows商標権問題の意義。 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ