« January 2004 | Main | March 2004 »

Wednesday, February 25, 2004

か、かかかか

かっこえ~!欲しいけど高けえ~!日本円で12万ぐらいかなあ輸入すると。
潜在的Psioner(revo+が壊れてからPsion製品とはご無沙汰)としては喉から千手観音が出るほど欲しいっす。これにUniFEPと開発言語環境(Javaじゃないほうですよもちろん)を入れれば完璧Psion主義ってなもんで。無線LAN&Bluetoothでネットやオプション接続環境もいい感じですしね。(まあ青歯は外部ネット接続のプロファイルなんて入って無いだろうけど)
9210は非常に中途半端だったんで断念したんですがこいつにはもう発売前からメロメロ(死語)ですがな。頑張ってUniFEP出してくださいまし、エヌフォー様。

Nokia 9500 Communicator(Itmedia)
NOKIA公式(英語サイト)

Tuesday, February 24, 2004

半落ち 【感想】

横山秀夫原作のミステリー。寺尾聡って「雨あがる」といい「半落ち」といいしなびた中年男風情の主役にはピッタリですな、ルビーの指輪のくせに(誉め言葉)。今回の作品についてはシナリオより役者の配役でハマったなあという感じでしょうか。吉岡秀隆はちょっと演技過剰な気がしたけど、それ以外はきちんと型に嵌っていて見ていて安心できました。安心できるから良い作品化ってのはまた違うような気もするけど、シナリオの枠から外れた破綻はなかったので良い作品としてお薦めできるなということで。

公式サイト

Monday, February 23, 2004

少女惨殺-スワンズソング-
【感想】

ああ、もう少女じゃなくて監督を惨殺してくれ誰か。ダリオ・アルジェントやルチオ・フルチの作品を薄っぺら~くパクる手法はあまりにもあんまりなのでニヤリとなんか出来やしねえよ。アイドルを血染めにしたい濃い人向けのプロモーションビデオとしてなら見る人の需要があればいいんじゃないのとは思うけど…俺はいらねえ。
主役の石川佳奈は、Terrors2(ワンダースワンのゲーム)オーディションのグランプリということなんですが、この娘の顔が一番怖いかもしれず。女の子がホラーかよ。

補足:大場久美子のキチガイ具合(演技)は収穫です。これだけは見る価値あるかも。沢田亜矢子は余計ですが。

ぽすれん

Friday, February 20, 2004

シェーン 【感想】

NHKBSにて久々にウエスタン(西部劇)、しかも「シェーン、カムバーック!!」の叫び声があまりに有名な名作であり教科書的古典である本作品を見てなんだか安心してしまった。流れ者の正義の味方で虐げられてもへこたれない主人公、徹底的に自分を通す悪党ども、悪いと思ったことには徹底的に立ち向かう入植者親子とその仲間たち(仲間はうかつなことをして殺されたり迫害されたりする)。今となっては勧善懲悪の教科書のようなキャラクターとシナリオに逆に新鮮な気持ちを覚えながら2時間飽きずに見ることができた。恋愛沙汰が一切(ほとんど)入り込まない潔さも良い。教科書的な、とは言ったが伏線はきちんと張ってあるしシナリオに破綻したところがいっさいないのはお見事であり、作品そのものに理性のかけらも垣間見られないような現在形ハリウッドクソ映画よりは2時間をつぶす価値はあるんじゃないかと思う。まあ自分としてはそういう作品が別に嫌いってわけではないけどね。
ホラーファンてのは意外とお約束事が好きで保守的な人が多いんで、西部劇ってのはハマりやすいかも、なんて思ったり。ほら、シリーズ物なんかだと破綻しないよう怪物や殺人鬼に必ず弱点与えたりするでしょ?ジェイソンやらフレディーなんてがんじがらめの縛りだらけですよね。

紹介(all cinema online)

Thursday, February 19, 2004

マザーグース 【喫茶店】

別にハンプティダンプティが迎え出てくれるわけではなく、食事も出来る喫茶店である。ここは熊本県内でも有名で本格的なワッフルを食べさせてくれる。食事もボリュームがあり尚且つ安いという理想的な店。映画の帰りに母親と食べに行ったのだが、たらこと海苔のスパゲティー大盛り100円増しで790円は割りと安い方だろう。パスタも大盛りなら200g以上のってるしな。今回はちょっとアルコールの風味が強めに出てたけど旨かった。ハニーワッフル(これは母と分けた)と紅茶も頼んで食後は大満足でした。
ハニーワッフルは直径20cmくらいの本格的ワッフルにバニラアイスと生クリーム、そしてはちみつがたっぷりのっている甘味好きな人にはたまらないもので、ワッフルも外はカリっと中はしっとりで非常に美味でございましたよ。ハニー以外にもフルーツたっぷりなやつとか別メニューでピザやピラフ等全般的においしいので、八代にいらっしゃっることがもしあれば、是非行ってもらいたい所ではあります。

ワッフルの写真(熊本ローカル番組の取材映像)

名も無きアフリカの地で 【感想】

約2時間半、長めな割には飽きずに楽しめたのだが構成としては「アフリカに逃れたユダヤ人家族」と「ユダヤ人家族のいるアフリカの風景」のどちらをを描きたかったのかが分からなくなっているのが惜しいというか何と言うか。最初はナチスとユダヤ人というこの時代背景を題材とした映画ではおなじみのテーマや自国から逃れてきた放浪のユダヤ人家族を描きたい、という方向性がきちんと感じられたのだが子役の女の子がチェンジするあたりから家族ドラマとしての要素が薄れてきてアフリカの風俗を描くことに焦点が移ってきているため正直感動は薄い。監督自身が撮影している間にアフリカの風景や文化に魅せられてしまって自身が描きたいことがぼやけてしまったのではないかと感じる。
ちょっと驚いたのは子役の女の子2人が(年齢は違うのだが)あまりに似ているので、切り替わった瞬間は全然違和感が無く気が付かなかったことだ。一瞬「北の国から」方式で女の子の年齢が上がるのを待って撮影したのか、と思ったぐらいだ。よく探し出してきたなあ。
両方ともほんとにかわいいので(大きい方はちょっとヒネたような視線がちと気になるが)ブロンドの外国少女が好きな人は必見。←ここはロリな人向けかな。
最後に一言書いておくと、「ナチスとユダヤ人」を題材とする映画はあまり好きではない。正直飽きた。けど、そこを念頭においても面白かった映画だ、ということは言えるので見て損は無いと思う。

公式サイト

Tuesday, February 17, 2004

吉野家の豚キムチ丼。

そうそう、秋葉原で飲み会の待ち時間に吉野家の豚キムチ丼を食べたんでした。意外と、と言ったら失礼だけどうまいです。キムチも辛すぎない微妙な線で留めていますし、そもそも特性が全く違うとはいえ肉を扱わせたらお手の物なのだから旨くて当たり前というか。私は卵好きなんで生卵混ぜちゃいましたけどね。ですが、価格はもっと下げた方がいいでしょう。本気でこのメニューで稼ごうと思うなら、並で350円のセンは超えないようにしないといけないんじゃないかと。煮込んで肉質を誤魔化す(*)ことが豚キムチ炒めでは出来ませんが、その分辛さで旨味を増すことが出来るはずだし実際今時点のメニューでも出来ているんですからあとは本気度がどの位かってことだろうと思います。
…と、言いつつ個人的には松屋の方が好きだったりする罠。ひでえ。

(*)言葉は悪いですが旨くするための技って意味で捉えてください。

吉野家D&C

空港に着くとカレーが食べたくなる法則

何故だか分からないが、空港に着くと無性にカレーが食べたくなる。ということで東京からの帰り、羽田空港の出発ロビーにある「チャオ」でハンバーグカレーを注文。ほんとはカツカレーが食べたかったのだが売り切れでありました。ちょっと悔しい。まあ、味はいたって普通の業務用カレーであり、サラサラルーは急いでかき込むのに最適。カレーライスの中ではカツカレーが一番の好物なのだが揚げたフライのサクサク感とカレーがねっとりと口の中で絡み合う食感は何とも言えない旨さがあると思うんですけどね。食べられなかったけど、ガックシ。

羽田空港内レストランの案内

活水料理やまと 【豆腐ゆば】

新宿マインズタワーBFにある豆腐と湯葉の専門店。豆腐や湯葉はうちの奥様ともども大好物なので楽しみに行ってきました。湯葉餃子やお茶漬け、汲み豆腐を使った料理などは最高ですなあ。値段も驚くほど高いわけでも無いので上京したときはまた行こうかなあ。揚げ湯葉もサクサクでどの料理食ってもヘルシーなのは良いですね。次の日も全然胃にもたれませんでしたし。

活水料理やまと新宿店

手作りラーメン さか井
【ラーメン】

東京でもう一件行ったのがここ。秋葉原のじゃんがらは不味いので有名(昔はそうでもなかった気がするが)なのでこちらにしました。もちろん食べたのは味噌。ねぎ味噌ラーメンを頼んだのですが、トリガラスープが胃に優しい感じなのに一味(唐辛子)が多すぎて辛味が強すぎます。せっかくのスープが台無しな気がするんですが。まあ、肉体労働者的な重労働も多いショップさんが立ち並ぶのでこのくらい強い味にしないと食べに来ないんだろうなという予想は出来るんですけどもう少しやわらかさを活かせる方がいいんじゃないでしょうかね。ここも面がやわらかすぎるので硬めで茹でてもらうのがいいかもしれません。
繰り返し食べに着たくなるほっとする味なので何のかんの言ってもまた食べにくるとは思うんですけどね。

麺 : 細麺。ここも硬めにゆでてもらうほうがいいですね。
スープ(たれ) :トリガラスープは胃に優しい感じです。でも唐辛子入りすぎてスープの味を殺しているような気がします。
具(トッピング) : 全体にたっぷり目の具が食べ応えあります。
店舗スペース : カウンター12席ぐらい。狭いです。
待ち時間 : 昼時は場所柄もあって多いんでしょうね。私は月曜日の1時過ぎに行ったので結構すいてましたけど。
その他 : 秋葉原にあるってこともあって、淡々と続いていくんだろうなと思います。お昼時以外はのんびりやってるんでしょうね。お会計のとき”何頼んだっけ?”とか聞かれたし。

google検索「ラーメンさか井」

岡山ラーメン 後楽
【ラーメン】

今回は有名所に行く暇がなかったので宿近くと秋葉原での2件だけでした。後楽は新橋駅からセレクトインキムラの通りを銀座方面へ歩いていくとあります。味噌ラーメンの定食を食べたんですが、魚系の出汁のせいかとは思うんですが、後味がちと苦いです。それと麺が柔らかすぎるので硬めに茹でてもらったほうがいいかもしれません。全体の味としてはうまくまとまっていて適度な分量なので飲んだ後にもいいかもしれません。定食はラーメンに半餃子、五目御飯(小)がついて650円なので東京のラーメン屋さんとしてはかなり良心的な価格設定ではないかと。

麺 : 細麺。かなりやわらかいので硬めにゆでてもらうのが吉。
スープ(たれ) :魚出汁のスープか。苦味が強いが飲み干さなければ結構旨い。
具(トッピング) : 具が主張しすぎない分いいかもしれません。もやしは少な目の方が良いかな。
店舗スペース : 20席程あるが店舗が縦長で狭いため席同士の間隔が狭すぎる。私みたいなガタイのデカイタイプには辛いです。
待ち時間 : 値段が安いんで、昼時はかなり多いんでしょうけどそれ以外の時間に入ったので待ち時間はありませんでした。
その他 : 大盛り頼まなくても十分お腹は一杯になりますから新橋に寄ったときは食べにいこうかな、と思わせます。特別旨いってわけでもないんですけどね。

google検索「岡山ラーメン 後楽」

黒の巨塔

おまけで夜のDoCoMoタワー。
20040215184550.jpg

バベルの塔

新宿駅南口から出ると見える異様な威容。三匹の侍ならぬ使徒が湧き出てきそうである。これ、何かと言うとドコモ中央が立てた本社ビルなんであるが、西口の高層ビル街にあるのならまだしも、それほど高いビルの無い(まあそれでも20階建てぐらいはざらにあるのがこのへんなんだが)場所にスコーンとペンシル型の時計付超高層ビルが建ってるのはかなり圧迫感がある。写真では分かりづらいと思うがかなりの距離離れているはずなのにこのデカさであるから景観が完全に変わっているのだ。まあ、国内でも有数の高利益高売上の有料j企業であるから何を建てようとかまわないのだが、まあこれではいろんな反感を買うわな、とぽつりと思いましたよ。

20040215111102.jpg

上京物語。

土曜日〜月曜日にかけて、奥様の里帰りも兼ねて東京に行ってきました。彼女の実家には泊まらず銀座に宿を取ったんですが、安く泊まれた割にはビジネスマン向けの良い部屋をあてがわれて、ラッキーでしたねえ。
20040214162627.jpg

上の写真はその止まった部屋のもの。F900i240×320待ち受けサイズで撮影。うーむ、暗めだと途端に画質が荒れますなあ。部屋にはネット環境ありのパソコンが備え付けでありましたので、Sig3もって行く必要なかったなあと。

三井アーバンホテル銀座

Friday, February 13, 2004

鰻新 【うなぎ】

八代でも”かなりおいしい”と有名な鰻料理のお店。麻雀で大勝ちした上司の奢りで鰻福定食を注文。ここは九州ではめずらしい「ひつまぶし(櫃塗し)」を食べさせてくれるのだが(たまに)来るたびにそれを頼んでいるので今回は違うものを頼んでみた。普通の鰻定食の1.5倍の鰻と1.5倍のご飯(おかわり自由?)が付いた定食だった。うひぃ、お昼にこれなら大満足ですバイ、とうれしい悲鳴。しかし、値段もそれなり(1800円)なのでこんなときでもなきゃ食べないだろうなあ。あれだけ食ってももたれないから女の子にもお薦めなんだけどね。奢りはしねえけどな、ケケケ(意地悪)。

google検索「鰻新 八代」

Lindows商標権問題の意義。

米国でのマイクロソフトが提訴した「Lindows」という名前について、商標権侵害の訴えに関する裁判の判決が出た。地裁ではLindows側の勝利というべきか。まあ、コンピュータ業界でのwindowsという言葉の意味を浸透させたのは確かにマイクロソフトなんだが、windowsという単語の権利を主張するのは間違いでは無いかと思う。マイクロソフトが持ち得るべき権利(商標)はあくまでも「microsoft windows」であって、そもそものウインドウシステム(GUI)に冠するオリジナリティーすらもマイクロソフトのものではないわけだし(かといってapple社が持っているわけでもでもないのは分かるだろうけど一応ここに書いとこう)。かえって造語として作ったLindowsという単語にこそ、語感も含めてオリジナル性があるんじゃねえの?と思うのは私だけではないと思うのだけれど…。
いい加減、(企業戦略としての訴訟ではあろうけど)ユーザーのためにならない無駄金を使うのをやめて、使用者の声を反映した堅牢なOS作りにさらに予算を傾けてもらえないだろうかと切に思う。定期的じゃない突発的なセキュリティーパッチをツギ当て状態で乱発するのはやめるんじゃなかったのかねえと昨日もぶつぶつ文句言いながらupdateかけてた身からすると妥当なお願いだと思うんだが。

ちなみにゲーム業界で言うと、そろそろRPGとかロールプレイングゲームとかの商標権を主張するのはそろそろやめにしてもらいたいと思う。かなり一般名詞化してると思うし、ジャンル分けが意味を成さなくなってきた昨今の業界とは言えジャンルで飛びつく保守的ロートルゲーマーもまだまだ多い(自分も含めて)のでジャンルを表記するメーカーも結構見かけるのだが、パッケージを見て~は~の商標ですの表記があまりに多すぎるのはデザイン面からいくとクソッタレなイメージに感じてしまうのですよ。見た目汚くて買う気が失せるというか。それ以上に「こんなのに権利主張してんの?ダセエしウゼぇ」とは思うわけで。
他社のタイトルにまで商標出願しているようなボケメーカーの話はコメントでも禁止、というところで本日は締めとこう。

Yahoo!ニュースから

Thursday, February 12, 2004

牛丼ごとき(*)で逮捕される哀れ。

栃木の吉野家で、「なぜ牛丼屋なのに牛丼がないんじゃ!」とゴネた挙句「牛肉がないからしょうがねえだろ」と言ったサラリーマン2人に暴行を働き逮捕された馬鹿者がいたらしい。一見逮捕された男が言ってることが正しいように見える輩もいるかもしれないが、そんなことはない。こいつは酒に酔って店に入ったらしく、牛丼が無い事を食って掛かるだけならまだしも周りのサラリーマンや店員にまで暴行を働いた(働こうとした)のであって、そもそも店の表に張り紙がしてあったのも読まず、警察が来ても先の台詞を吐き続けていたというのだから、こんな奴は実名でさらされて当然である。しかも、よりによってこの日(牛丼終了の日)にこんな事件を起こすこと自体が、それ(文句を付けること)を楽しむことが目的で暴れたんじゃないかと下種な勘繰りがしたくなるような阿呆ぶり。被害にあった吉野家には小売業を営む(小売で働く)者として同情を禁じえない。携帯ショップにも時々自分が客だからと言う考えのもとに客としての要求範囲を超えて営業妨害に近い文句を並べ立てる人間がいるが、はっきりいって文句をいった本人にもメリットはまったくない。だってそんな客に店のお得な情報などを与えようとは思わないし、こっちも感情のある人間だから、自分で探せばいいんじゃないの、という気持ちになるよ正直。どっかの偉い人は客を差別するなとかいうような気もするが、私は客には(利益)プラス客と(利益)マイナス客があると思ってるので、差別論者には組しない。(この場合の利益というのは長期的な物で、人件費や店の信用等も鑑みて無茶なクレームで1日つぶさせてしまうような客はマイナスという考え方です)
ちなみに殴られたサラリーマンには同情していない。彼らは自分の責任において発言しているわけだし殴られたのは自分の発言の結果だろうから同情する必要も無いので。

(*)タイトルの”ごとき”ってのは牛丼を貶めてるわけじゃなくて、逮捕されることと牛丼ウン百円を天秤にかけたときの重みは本人の意識としてどうなのよ、って意味です。ちなみに私は松屋のほうが好きだったり。


朝のニュースがニュースソースなのでサイトでの記述は見つからなかった…

Tuesday, February 10, 2004

裸のランチ 【感想】

ジェイソンXと一緒に借りてみた。再見して改めて思うのはこれはまぎれもなくクローネンバーグの作品なんだなってこと。「ドラッグを使って作った狂気(妄想)」が映像化することで見事に抜け落ちている。DVDのおまけでクローネンバーグ自身が語っている通り自身でのドラッグ経験が無いからだと思うのだが、私にとってはそれが気持ちの良いグロテスクさ(グロの美とでも言えばいいんだろうか)に感じられるので結果オーライってなところ。もともと原作の表現がすべて映画化されるなんてありえないので、得意の表現でとことん突き詰める形がいいんじゃないかと思っていたからこれで良いのかもしれないなと。ただ、今見るとラバー系の造形物が稚拙な出来に感じるのはことホラー的な造詣に関しては格段に進歩している(そしてそれを見慣れている)からだろうか。スキャナーズやヴィデオドロームではそれほど目立たないんだけどなあ。
作品中とおまけで繰り返し語られているバロウズ自身の妻を撃ち殺してしまった後悔の念とやらは、原作にも映画にも全然感じられないんですけど私が不感症なだけか?

Livedoorぽすれん

Friday, February 06, 2004

味八ラーメン 【ラーメン】

八代、いや熊本の味噌(とんこつ)ラーメンでベスト、というと言いすぎかな。でも、この店の味は自分的に非常にハマるのでここを基準に味噌ラーメンを語っていると言っても過言ではなく。いやマジで。
とんこつスープをベースにしお、醤油、味噌があり定食メニューも豊富なのでラーメン以外で食べに行っても満足できるのが良いですな。お奨めは店名を冠した味八ラーメン、ではなく味噌野菜ラーメンの方であったりするのですが。野菜のうまみ(甘み)が味噌のエグみを消してくれていて、スープが非常にまろやかになっているのでためらいなく飲み干せ、麺も細麺だが煮込んでもコシがなくならない打ち方のようでべとつかず食べられる。特製の赤味噌も良く染み込んでいて、量も大目、食べ応えもあるってのがポイントかな。味八ラーメンの方は同じベースのラーメンの上に野菜でなく牛肉野菜の玉子とじがのってるのでスープの風味がちょっと変わってしまうのが残念。うまいけど。

八代でラーメン食べるならいちおしの一軒です。

麺 : 細麺。の割には伸びにくくコシもしっかりしてます。
スープ(たれ) :とんこつベースで、しお、醤油、味噌があります。濃い目のスープですがとんこつの甘みと他の素材がうまくマッチしてて一気に飲み干してしまいます。
具(トッピング) : 牛肉と野菜のいためを卵でとじてあります(味八ラーメン)。キャベツを中心にシャキッとした野菜がたっぷりのってます(味噌野菜ラーメン)。
店舗スペース : 30席程度。
待ち時間 : 昼は常に一杯なので、時間をずらして入るのが良いと思います。
その他 : その他の定食メニューもたくさん用意されていますのでダレと行っても食べられないってことはないかと。ボリュームも値段も手ごろです。なんか褒めすぎな気がするなあ。

八代のラーメン屋

ジェイソンX 【感想・ネタバレ】

いやあ、やっと見ましたよ遊星からの物体ジェイソンX。
こんな馬鹿な作品のために金を使えるニューラインマンセー!!でも色気はちょっと足りないなってのはないものねだりか。出てくるねーちゃんキャラも13日の金曜日シリーズでのお約束条件をきちんと踏んだものになってますから、ボービーズさんのハイパー化(ちょっとカッコよすぎだろ。彼はあの汚さと胡散臭さががいいんだってば)はさておきファンのツボは心得てるよなあ、と。最近公開されてた「ジェイソンVS.フレディー」への伏線もおまけでキッチリ引いてあるあたり、商売がうまいですな。(おまけの)内容はもうちょっと掘り下げて欲しかったような気もしますけどね。
それとのっけから出たがりデイビッド君が出てきたりするのはちと驚きましたが、そうか監督は下積みが彼の元ですか。筋金入りですな、とか妙な部分で感心したり。
好きな人以外には全然お奨めしませんけど、ブラッカイマー的あざとさよりこっちのほうが好感持てるってのはファンの贔屓目?

公式サイト

Thursday, February 05, 2004

よってこや 【ラーメン】

熊本市下通りにある、一見家系に見えるラーメン屋。家系ってとんこつだったっけ。まあ、そんなことはどうでもいいんですが、ここはスープが濃いですな。しかも唐辛子を初めとする香辛料が結構入ってて辛いの駄目な人には薦められません。一歩間違うとインスタントと間違えられてしまう危うさがあります。一瞬味噌ラーメンかと思ったぐらいドロっとしたこってりスープで、自分としては好みなんですけどね。値段はそこそこなんで昼食べるのにはいいかもしれません。チャーシューはうまい。表面を炙ってあるので香ばしくやわらかすぎない食感でした。

麺 : 中細麺。麺の量はやや多目。
スープ(たれ) :どろっとしたとんこつ。味噌っぽい食感(喉ごし)。後味が何時間か残る感じです。
具(トッピング) : 炙りチャーシューはうまい。厚みもあり、チャーシュー麺はすごい量で食べ応えあります。
店舗スペース : 15席程度。
待ち時間 : なし。ここも客の入りが少ないなあ。こういう味の店は熊本でははやらないのかな。
その他 : 博多ラーメン風白湯(パイタン)ラーメンもあるんですけど、なんだか食べる気にならない。こういう場合の白湯ラーメンてのはハズすととてつもなく不味い可能性が高いので

P.S.検索したらチェーン店だった。えぇ、京風なの?これ。と、思いましたとさ。
公式サイト

Tuesday, February 03, 2004

タローしゃん 【ラーメン】

2月1日にオープンしたばかりのラーメン屋。前に紹介した友苑から800mくらい八代城址方面に向かったところで友苑の反対側の歩道沿いの桃太郎と言うおもちゃ屋の隣。いぐさのエキスを練りこんだ麺と味噌スープに野菜あんかけがのっている「八代ラーメン」と麺は同じで豚肉と葱の炒め物がのっている醤油スープの「ねぎラーメン」の2品目。あとはしゅうまい・餃子・春巻・ごはんというシンプルなメニュー構成でした。ラーメンは両方とも500円でボリュームもしっかりあるので値段の割には満足感が高いです。いぐさを練りこんだと言う健康麺も、色はうっすら緑色ですが食べて見ると結構コシがあり歯ごたえもしっかりしていてうまいです。別にいぐさの香りがするわけではないし。八代では老舗の中華料理店太楼(タロー)がラーメン専門で出した店なので、ラーメンというよりは中華そばといった趣でしょうか。スープのベースも甘口の中華スープみたいですしね。

麺 : いぐさを練りこんだという中細麺。コシがあって歯ごたえも良いです。
スープ(たれ) :ねぎラーメンは中華スープベースの醤油ダレ。八代ラーメンはこれに隠し味的に味噌ダレを加えている模様。味噌ラーメンという触れ込みですが、はっきりいって醤油の風味が味噌を覆い隠しているのでこれを味噌ラーメンと呼ぶには抵抗があります。このスープのせいでラーメンと言うよりは中華そばといった味付けになってます。
具(トッピング) : ゆで卵に中華野菜たっぷりのあんかけ(八代ラーメン)。
店舗スペース : 15席程度。
待ち時間 : なし。出来たばかりの昼ってこんなものですかね。開店チラシも入ってたんですが。
その他 : しゅうまいは持ち帰りも出来るみたいなんで買ってみるのもいいかも。餃子は肉を詰め込みすぎて餃子としてのおいしさはないなあ。

純中華料理 太楼(本店)

Monday, February 02, 2004

自分のことは自分で決める。

本日の熊日(熊本日日新聞)朝刊にイラク関連の記事(22,23面)。自衛隊員の奥方を名乗る人物の手記(投書)として原文ママというのが掲載・紹介されているんだが、これはどこのどいつなんだろうか。というかそもそもこの自衛隊員の妻を名乗る人物はどうして自衛隊員の妻になったのかと問い詰めたい。本人(夫)が自己責任で発言するならともかく、所詮他人である妻が何様のつもりで「行かせたくない」などとホザくのか。差し出がましいにも程がある。働いているのは夫であって、妻(他人)が仕事の内容に関して口出しする権利はないし、普通の会社で妻が夫の働いている会社に対して”こんな仕事はさせたく(に行かせたく)ありません”などと言おうものなら夫は左遷かクビだろう。夫である自衛隊員の状態が書いてある通りだとするのなら、そうまでして夫がイラクへ赴くのが何のため(誰のため)であるかを考えてから、まず夫と話し合えよといいたくなる。夫の言いたいことを代弁しているかのような投書内容にもヘドが出るが、こんなくだらない投書を掲載し世論をアジりたがる熊日にもウンザリだ。

くまにち.コム(熊本日日新聞)

« January 2004 | Main | March 2004 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ