« December 2003 | Main | February 2004 »

Saturday, January 31, 2004

あなたのお気に入りハヤカワFT文庫

というくくりでのアンケートをありさとの蔵経由で。やってみたけど、FTはほとんど読んでいないに等しい事が判明。数少ない読んでる中からの選択だったんで無難な結果になりましたとさ。

FT011「最後のユニコーン」 ピーター・S・ビーグル(79)
FT026「ゲイルズバーグの春を愛す」 ジャック・フィニイ(80)
FT060《リフトウォー・サーガ》5巻 レイモンド・E・フィースト(84-96)
FT086「死の王」 タニス・リー(86)
FT092《魔法の歌》3巻 R・A・マカヴォイ(86-87)
FT123「ホムンクルス」 ジェイムズ・P・ブレイロック(89)
FT128「悪魔の機械」 K・W・ジーター(89)
FT131「リバイアサン」 ジェイムズ・P・ブレイロック(89)
FT173《スペルシンガー・サーガ》6巻 アラン・D・フォスター(93-99)
FT229「ミッドナイト・ブルー」 ナンシー・A・コリンズ(97)

傾向としては他ジャンル(出版社)で好きな作家を探して読む、音楽(詩)関連のキーワードで読むものを選んでいるってなところでしょうか。何でねえんだよと思ってたらNVやSFにあったのと勘違い(ジーター)とか。あとヴァンパイアネタは無条件に読んでいる傾向があるかもしれません。

アンケートページ

Friday, January 30, 2004

龍(ロン) 【ラーメン】

昨日の昼に行ってきました。場所は熊本市下通りダイエーの裏手。この辺は100m近辺にラーメン屋が4件くらいあって意外と激戦区なんですが、よく通るところなのにめったに食べに行かないという感じでして、昨日は「油そば」の文字がたまたま目に入ったので熊本では珍しいなと思い食べてみた次第です。
なんか色んなラーメンを試して出しているらしく”烏骨鶏ラーメン”やら医食同源(漢方?)やらの文字が店内に躍っていて不思議な感じでした。肝心の油そばですが、東京で流行っていたような味ではなく、ジャジャ麺のミンチが無いってな感じのタレを絡ませ(かき混ぜ)ながら食べる結構私の好きな甘口な物でした。葱もこれだと香ばしいですし。ランチで漢方薬剤に使う食材のたっぷり入ったチャーハンとセットで食べたんですがコストパフォーマンスはいいんじゃないでしょうか。(単品で頼むと少なすぎるかな)
油そば自体が特徴的な麺料理なんで好みは分かれると思いますけど、いっぺん食べて見て損は無いと思いますよ。

麺 : 麺は平打ち細麺。
スープ(たれ) :醤油ベースの甘ダレ。ジャジャ麺にしたらおいしそうな感じ。
具(トッピング) : 煮玉子と葱。シンプルです。
店舗スペース : 20席程度。
待ち時間 : 昼時過ぎてましたのでガラガラでした。昼はそこそこ入ってたようです。
その他 : 「油そば」は量が少ないので昼ならランチで注文するのがベター。ラーメンも結構うまそうでした。

Thursday, January 29, 2004

半蔵 【ラーメン】

今回は熊本市下通りの紀伊国屋書店の裏にある「煮干しラーメン」のお店。看板につられて入って見ましたが、ここは確か一番安いのが800円という馬鹿みたいな値段で展開していた貴龍ラーメンのあったところじゃないですか。やっぱ潰れたか、とか考えながら看板メニューの煮干しラーメンを注文。…これって典型的な(東京)醤油ラーメンだろ?「煮干し」ってわざわざ付けるのもどうかと思いますが商売戦略上だろうからしょうがないか。こういう素直な醤油ラーメンって熊本には見かけないので貴重な店かもしれません。前日のラーメン豚平のパンチが効きすぎていたので胃には優しくて良かったかな。まあ、関東では懐かしい味、ですが熊本ではめずらしくてうまい、になるのかもしれません。

麺 : 中細麺。意外とコシがしっかりしてる。
スープ : 多分魚ベースなんだろうけど看板倒れじゃないか?煮干しの風味は消し飛んでます。個人的にはその方がうまいと思うんでOKなんですけどね。
具(トッピング) : 煮玉子はうまい。他はイメージがないなあ。前日が強烈過ぎたせいか。
店舗スペース : 10席無いです。カウンターのみ。
待ち時間 : 出来たばかりみたいなんで客もまだまばら。女の子と来るのには味が濃くないんでいいかもしれません。
その他 : ほんとの醤油ラーメンが好きな人にはいいと思います。私には醤油に対する思い入れが無いのでどうでもいいですが。飲んだ後の一杯って事ではとんこつよりもこっちの方がするっと食べられるかと思います。

ラーメン豚平 【ラーメン】

夜もラーメン、と思い仕事帰りに熊本東バイパス沿いにある「とんそく」で有名なラーメン豚平へ。今回はとんそくではなく大盛揚ニンニク(餃子だっけ)チャーシュー定食ってのを頼んで見ました。…量が多すぎです。食べられませんって普通の人はこんなの。チャーシューってのはチャーシュー麺なんですが、これがまたチャーシューが馬鹿みたいに入ってて、なおかつラーメンのスープには油が1cmくらい浮いてるという。食べてるうちに口がモソモソしてきて食べると言うより流れ作業してるみたいな食事になってしまいました。それにサラダと餃子、大盛りのご飯とこられるといくらたくさん食べる私でもさすがにギブアップしかけましたよ。ここは体力使う仕事人か学生が重宝する店でしょうね。女の子にはオススメ出来ないなあ。次の日胃の調子が変でしたし。

麺 : 中太麺かな。チャーシューの量が多すぎて食べ終わるころには麺が延びてしまいました。
スープ : 油ギトギトのドとんこつ。スープのうえに1cmぐらいラード(だよなあ)が膜を張ってて最初油を飲んでるのかと思いました。スープ自体はうまいけど、飲んだ後自分が油の固まりになった気分になれます。
具(トッピング) : チャーシュー多すぎ。チャーシュー麺だからしょうがないんだけど。味がイマイチなので食べてるうちに飽きます。
店舗スペース : 35席ぐらいだと思う。
待ち時間 : 私が入った夕方はガラガラでした。夜中まで開いてるのでそのころにはお客が一杯なんではないかと思います。
その他 : 好き嫌いがはっきり分かれる店だと思いますので知り合いを連れて行くときは好きなラーメンの傾向を確かめてから行ったほうがよさそう。

google検索「ラーメン豚平 熊本」

昭和軒 【ラーメン】

3日間の熊本市内への出張なのでラーメン三昧でした。で、またもやラーメン城下町を物色。並ばなくて済むそこそこの客の入りを見て入ってみたんですが、ここは当たりでした。構成はまさに典型的な熊本のラーメンなんですが、スープがうまい!個人的には熊本とんこつの中では非常においしい店になると思います。見た目濃そうなスープなんですが、飲むとクリーミーで麺とのバランスも非常に良いので一気に飲み干せます。チャーシューも程よいやわらかさで焦がしにんにくのアクセントもピシっと決まってます。ここの説明を読むと焼鳥屋「鳥亭」の経営するラーメン屋とか。通りで肉関係のこだわりがかなりあるなと感じました。煮玉子もトロトロで麺スープと絡めて口にほおばると黄身の風味がじんわりと口の中に広がって後を引く感じですね。ラーメン城下町の中では一番のオススメかもしれません。

麺 : 中細。特徴はないがスープとのバランスは良い。
スープ : 見た目から感じるクドさは全く無い。クリーミーで抵抗無く飲み干せる。
具(トッピング) : チャーシュー絶妙。煮玉子トロトロ。スープとベストマッチか。
店舗スペース : 20席ぐらい?
待ち時間 : 立地条件(階のはじにある)からか昼時も並ぶことはそれほどないようだ。ということでまたずに旨いラーメンが食べられる。
その他 : 典型的熊本ラーメンなのに熊本ラーメンにないスープのなめらかさやわらかさ。元々の店舗にも機会があったら行って見たいもんです。

ラーメン城下町(熊本ラーメンファンクラブ内)

Monday, January 26, 2004

東麺房 【ラーメン】

出来て半年ほどの、地元八代では新規開店の店舗。フランチャイズのチェーン店らしい。「やみつきラーメン」がメインなところを見ると金龍系かなあとも思うのだが、実際に食べて見ると味千っぽい風味でちょっと塩気が強くスープは飲み干せないくらい。
醤油、味噌、塩と一通りあるので気分でいろんな味のラーメンを食べたい人にはいいのかも。ただし、ここも値段が高めで餃子とセットで頼むと1000円超えてしまうのは田舎ではあまり歓迎されないと思います。そのかわりといってはなんですが、カクテキが食べ放題なのでお腹の満足は得られるんじゃないかと思います。

麺 : 中細麺。特にこれといった特徴は無し。
スープ : ゴマの風味がほんのり効いてて香りはいいんですけど味が濃い。塩辛いので喉が渇きます。
具(トッピング) : 筍、もやし、などのいわゆる典型的な具でした(味噌)。
店舗スペース : カウンターのみ10席
待ち時間 : 席数が少ないのでお昼は並ぶ場合があり。といっても人気店だからではない。
その他 : 駐車場が停めにくく、路上を走っている車とぶつかりやすいので注意が必要。駅から歩いていくには難しい立地ではないでしょうか。

東麺房

ザ・ホーンテッド・ウィークエンド
【感想】

毎度毎度のネットDVDレンタルで借りたホラー物。アメリカ人が良く思いつく”週末のバケーションで悲劇が…”ってタイプでした。原題の「GRIM WEEKEND」から察するに寓話的な作品に仕上げたかったんだろうけど、無意味に人形が出てきたりカビの生えたチープなプロット元にシーンの展開されても全然叙情的な気分にはなりませんなあ。グリム的な教訓って知らない人からの誘いは受けちゃいけませんよってとこなのか。それにしちゃシュールさが足りないですな。まあ、ちょっとエッチなシーンで釣って小金を稼ぎましょうという感じの退屈な2時間を過ごさせていただきました。っちゅうか結末があまりにもスケスケでかわいくない中年女のシースルーを見せられてるような映画はわざわざDVDで発売しなくてもいいんじゃないかなあ。もちろん買う価値は無し。

livedoorぽすれん

Friday, January 23, 2004

ユーゲーNo.11

仕事帰りに書店で購入。本文にも書いてあるけど、久しぶりの(というか珍しく)実写表紙なので最初は認識できず危うく買い逃すところでしたよ。こういうマイナー雑誌は田舎で買い逃すとどこにも無くなってしまうんで急な誌面デザイン変更は連絡してください、ってのは嘘ですけど。表紙変更とともにってわけではないだろうけど内容も妙に軽い感じに読めるのは気のせいかなあ。それと人事異動とかでバタバタしているのは分かるけど、コンティニューと同じライターさんの比重を大きくしすぎちゃうと差別化図れなくなるんじゃないかと余計な心配をしてしまったり。テイストが微妙に変わったおかげでゾルゲ漫画が浮いてるのもにんともかんとも(死語)。まあ色々な刷新事項があって大変だろうと勝手に推測しつつ現状と今後を生暖かく見守る所存であります。携帯ゲーム機の変遷は任天堂の新ハードの発表タイミングとも合わさって良い特集であったとは思います。LINXへの言及も合ったし。ただ韓国ゲーム機やノキアマシンの話題を出すんなら、出来ればマニアックにならない程度に(ゲーム機としての)PDAの状況とかも盛り込んでくれると良かったなあ。Zodiac(Palm)とかPocketPCでのゲーム環境もあるわけだしね。

公式サイト

Thursday, January 22, 2004

新御神楽少女探偵団
【18禁・windows】

久しぶりに新作パソコンゲームを買ってプレイしてます。18禁だけどね。
もともとはヒューマン(現在倒産)から発売されていた作品の新作なんだけど、まさかコンシューマから18禁パソコンゲームに衣替えするとは思わなかったんで発表されたときは少なからず驚いてしまいました。まあ私が元ヒューマン社員で(これが発売された頃には辞めてたんですが)、2作目までプレイしてたこともあって多少の懐かしさも手伝って購入に踏み切ったわけなんですけど、序盤のプレイをしてみての感想を述べて見ようかと思った次第。
まず、18禁になったことについてなんですけど個人的には不必要なのかな、と思いました。プロデューサーの河野君には悪いけど。アドベンチャーゲームとしての完成度は高いだけに逆にコンシューマーで踏みとどまって欲しかったというのが正直なところ。それとキャラクターのグラフィックが良くも悪くもエルフ色に染まりすぎです。特に前作登場人物以外については画風の違いもあって違和感がかなりあります。もっと綿密にキャラクターの画質調整はやったほうが良かったんじゃないかと。
シナリオは1話目の解決編を終了したばかりなんでまだ明言は避けますけど、展開に若干齟齬があるもののするりと入り込んでいけるかと思います。
アドベンチャーゲームのシステムとしてはほぼ完成でしょう。ただし、ゲームを立ち上げ直すたびにテキストスキップや文章表示の設定などを再設定しなければいけないのには閉口ですが。なんでセーブできないのだろうか。

エルフなんでキッドあたりでコンシューマへの逆上陸もあるかもしれませんけど、その時は改めてレビューしたいと思います。成人してるユーザーでドラマのしっかりしてるアドベンチャー好きにはお薦め。
旧作である御神楽少女探偵団と続御神楽少女探偵団も遊べますので、今までこのシリーズをやったことのない方もこれを機会にプレイして見ては如何かと。

あ、書き忘れたので最後にひとつ。フルインストールがあるのに元のDVDディスク挿入をリクエストする仕様は非常に不便です。やめてもらいたい。これはエルフへの注文ですかね。こっちはVaioU3で読書感覚でプレイしたいのにとり回しが面倒です。

エルフ

Live! 500 【AMIGA】

レトロな話題で恐縮だが、コモドールのAMIGAというパソコンを使い始めて10年以上になる。趣味の映像や音楽の用途にはまだまだ現役なのであるが先日オークションで落札したLive!500によって、まだまだ寿命が延びそうである。
この商品、いわゆる現在で言うビデオキャプチャなんだがキャプチャできる画像がモノクロ、カラーモノトーン、256色の偏向カラーに限られる。”なんだよそんなの使えねえじゃねえかよ”と思う向きも当然あろうが、そこで出てくる画像が非常にいい感じなのである。解像度も昔の16ビットパソコンなんで320×200くらいなんだけど、そのデジタイズ画像の間引き具合がすごい独特なのだ。さらに画像をリアルタイムで表示できると同時にビデオ信号で出力も出来てしまう。その画像にリアルタイムでフィルターなどのエフェクトをかけられるというマシンパワーから考えると当時そういう業務用専用機でも出来ないようなことをほんの数万出して買うことが出来たのだった。で、それを使って何をするかというと…それは秘密だ。ゲームの背景に使うと結構いいらしいぞ、ということだけ書いとこう。

AMIGA Hardware(海外)
AMIGA.org

Wednesday, January 21, 2004

友苑 【ラーメン】

ラーメン行脚で今日は中華料理屋へ。といっても店舗イメージはバリバリな中華屋さんということでもなく見た目はこぎれいな食堂という感じです。ここのラーメンは本格中華料理屋ということもあって、中華そば風情なんですけど、細麺と醤油ベースの中華スープが良くあってて、普段醤油ラーメンをあまり食べない私が食べても”旨い”と言えてしまうのでかなり旨いかも。熊本のガイドブックにもよく掲載されていますのでそういうので見たことがある人も結構いるかもしれませんね。店の看板メニューにもなってる「アスター麺」が一番のオススメです。餡かけラーメンなんですけど餡の具が絶妙な味付けで、トロ味と野菜の歯ごたえも良く冬場には芯から温まるのでラーメン好きの方なら是非一度は食べてみてください。

麺 : 細麺。コシがしっかりしてるので食べてる途中でのびたりすることはあまりないと思う。かん水強め。
スープ : 醤油ベースの中華スープ。味は濃いがクドくはない。スパイスもしっかり効いてるが辛くないので飲みやすい。
具(トッピング) : 餡かけ(きくらげ、チンゲンサイ、きのこ類他)はボリュームたっぷり。
店舗スペース : 20席程度。
待ち時間 : 昼時は結構込み合います。入れないことも多々あり。
その他 : 駐車場が狭い(3台しか入らない)ので遠方から来る方は注意。間違っても隣のとんかつ屋やユニクロに停めたりしないように。店に迷惑がかかるので。

八代のラーメン屋

さらばDelphi、とは言えぬのじゃ。

Delphiの現状をココで知ることに。うわあ、マイクロソフト帝国に取り込まれてしまってますがな。日曜プログラマ(しかもヘボい)のくせに7まで買ってあげてた俺の立場は~!?と叫ぶも届かないわなあ。末期のコモドールに似てる流れなのが非常にイヤぁな雰囲気を醸し出しててつらいなあ。

ボーランド

夢の64ビット!

欲しい、激しく欲しい!物欲魂を激震で揺さぶる64ビットノート!!
しかもmobileRADEON9600。いい加減小さいブツにも飽きてきていたところなので(ただいまVaioU3)イーマシーンズよ、早く日本で発売してくれい。
8ビットから歩んできたおやじパソコン野郎からすると、ほんと”夢”の領域に入りましたなあ。ええ時代や。

…といいつつ、hpのTC1100も(高いけど)欲しいと思う欲張りな夜更け。

M6807
イーマシーンズ(国内)
hp

Monday, January 19, 2004

麺屋黒船 【ラーメン】

ラーメン城下町に出店している関東のラーメン屋。味噌好きなので当然のように味噌葱叉焼ラーメンを注文。でも1000円は気軽に食べるには高すぎですわ。全国からここに出店してこられるラーメン屋さんに言いたいんですが、どんなにうまかろうが関東売価で持ってきた店は長続きしませんぜ。しかも突出してうまいわけじゃないのなら尚更。熊本市内にも高めの値段設定をしてるとこが何件かありますけど、何回も行こうとは思わないですもん。で、いつの間にかつぶれちゃってると。戦略をもっと考えないと、ただ来りゃいいってもんじゃないでしょう。もし短期出店だったとしても自分とこがうまいぐらいの気持ちを根付かせて帰って欲しいもんです。あんなに高くちゃまず食べに来ないでしょうに。マニア相手で終わりたいんならそれでもいいんでしょうけどね。ラーメン屋ってのはそうじゃなくあって欲しいと切に願うもんであります。
味はコクを出すために入れてあるナッツ(ピーナッツとかだと思うんですが種類は分かりません。海原雄山じゃないんで)が逆効果のような気がします。スープの量が相対的に少ないために余計にドロっと感じてしまうので。平麺との愛称はいいだけに残念です。それとチャーシューはやわらかすぎ。箸で支えきれないほどやわらかい(グズグズに崩れてしまう)のはいくらなんでも煮込みすぎでしょう。店員が持ってきた時すでに崩れてましたがな。
まあ、ひどいこと言ってますけど美味い方だと思うので値段が気にならないんなら一度は行ってみてもいいかもしれません。

麺 : 中細平打ち麺。スープには絡みやすいけど…
スープ : まろやかさと風味を加えるためにナッツが入ってるんだけど逆効果か。ドロリとしすぎてて喉にからむ。さらに平麺のスープへの絡み具合がクドさに拍車をかけている。スープ自体はうまいんですけどね。
具(トッピング) : チャーシューがやわらか過ぎ。他は印象が薄い。
店舗スペース : 席数的には余裕あり。30席弱?
待ち時間 : 繁華街のデパート上階という立地条件としては好条件。にも関わらず2時ごろにガラガラなのはなぜ?こんなもんだっけ人の入りは?
その他 : 値段が高すぎると思う。これはここに限らずラーメン城下町全店舗に言えることかもしれないんだけど。ラーメンに変な高付加価値を求めないで欲しいです。安くておいしい、が原則だと思いますのでテナント料が高いかもしれないけど頑張って欲しい。

ラーメン城下町(熊本ラーメンファンクラブ内)

Saturday, January 17, 2004

ロード・キラー 【感想・ネタバレ】

原題の「JOY RIDE」のほうが雰囲気出ているような気がするんですが、日本語としては浸透しにくいと考えたんでしょうかね。主人公以外(近しい関係)の人間が起こした事件によってとんでもない状態に巻き込まれていくという構図はコメディでもよくある黄金パターンだが、よくあるパターンゆえに怖くないかもしれません。それと、この作品に女性が出てくる必然性があったんだろうか。余計なキャスティングのような気がするが単なる彩り?いたずらを仕掛けた本人たちが酷い目に遭ったほうが恐怖感は増すと思うが如何でしょう。
ホラーとしてはイマイチでした。キャスティングのせいかもしれないけど緊迫感が足りないんですよね。

公式サイト

ファンタジー職業適性診断

戦士レベル 0 努力すればなんとか
盗賊レベル 7 天性の才能あり
僧侶レベル -8 あきらめましょう
魔法使いレベル 2 努力すればなんとか

 占い師「そなたに最も似合う職業は、自分が注目されることを真っ先に考える『盗賊』じゃ。

 何事にも『インパクト』『手軽さ』『素早さ』を求めるタイプじゃな。
 自己主張が強く、感情表現も強い。『派手好き』で『おしゃべり』なところが特徴じゃ。
 何を考えているのか分からない、静かで無表情な『魔法使い』タイプが苦手なようじゃの。
 一ヵ所に腰を据えて、自分が言ったことじっくりと考えなおしてみることをお勧めするぞ。」

(職業メモ)単独行動が多く、慎重なだけでは生きていけない職業。でも冷静さを失うと命を落とす。

あー、合ってるような気もするしそうでないような気もする。ちなみに前日にやったときは竜騎士かなんかだったような。出てくるのが必ず一緒ならありがたみもあるんでしょうけどねえ。
…って別にこんなのに有難さなんかなくてもいいか。

サイト

Friday, January 16, 2004

綿矢りさのご尊顔を拝見して

書籍の購入を決めた輩がほとんどなんだろうなあと思うことしきり。
ということで予想:
3ヵ月後ブックオフに綿矢コーナー(100円均一)が1棚出来てるだろう。

理由:
おっさんがインストールとか読んでも面白くなかろうと思うけど今回買いに走ってるのがそういうおっさんばかりだと推測されるため。表情の翳り具合がおやじ受けしそうだしな。ひでえ。

あ、作品について面白くないとは言わないけど決まった層にしか受けないんじゃないかなと思いました。
俺はもう読まないと思うけど。

Thursday, January 15, 2004

トロッコで登る展望風呂。

久しぶりに夫婦で温泉に行ってきました。津奈木の「四季彩」というところなんですが、ここの売りはなんと言ってもトロッコ(別途100円)で登り入ることのできる露天(展望)風呂ですね。洗い場などが無いので入るだけなんですが、本来温泉なんてこれが普通だろうと思いますし、体を洗いたければ普通の大浴場がありますからそちらで再度ゆっくりしてもいいわけで。泉質も私の体にはちょうど良い具合で、若干褐色気味なお湯に入った時のさらっとした感触は非常にゆったりとした気分にさせてくれます。ツレは眠りそうなんで早く上がったよなんて言ってましたしね。打たせ湯や透明な湯の露天風呂なんかもあって湯めぐり気分で入湯を楽しめると思います。
食堂は定食がお薦めなんですが今日はうどん定食を食べました。熊本のうどんてのは讃岐とかと違って非常にやわらかく煮込んであるのですが、コシはしっかりと残っておりツルリとした食感・喉ごしがたまりません。値段も650円と手ごろです。他にも魚介を中心とした定食などメニューはそんなに多くないのですがボリューム・味ともに満足できるでしょう。
家族風呂もありますし、ゆっくり休憩する人達のために個室(8人くらいまで入れる)も有料(2時間単位)ですが用意してありますので日帰り温泉としては県内でもベストと言えるのではないでしょうか。

つなぎ温泉四季彩(熊本レジャー情報内)

Wednesday, January 14, 2004

ラーメン山河 【ラーメン】

上司とともにお昼のラーメン行脚。行きつけの店が定休日ということで、新規開拓の店で食べてみました。私はみそラーメンのセット(チャーハン・サラダ付)と餃子を注文。ラーメンの味はそこそこうまいのですが、全品油分が多すぎ(味が濃すぎ)る。レンゲでスープ飲んだら一杯目で口がベタベタするようじゃ駄目でしょう。味は良いんだからもっと油を絞れ、という感じです。こう言いながらも八代では珍しく塩ラーメンがあるみたいなんでもう1回は来ようと思います。とんこつは味千系かな。しょっぱい(塩辛い)です。餃子はもっとパリっとしていて欲しいですね。

麺 : 中細。とんこつもみそも麺は同じ。ここのはこだわりはないようです。
スープ : みそは赤だし強め。油が多すぎるのでもっとさっぱり目にしていただきたい。とんこつは塩辛い。
具(トッピング) : きくらげ、チャーシュー、燻製たまご等。チャーシューはやわらかくてうまい。
店舗スペース : 20席。
待ち時間 : 昼時でちょうど一杯になる位の込み方でした。ラーメンはセットで頼むと出てくるのが遅め。15分ほどかかりました。
その他 : 全体的に脂っこい。味が濃すぎるのでトラックの運ちゃんではない私には塩辛いし食べた後口が油まみれになります。背油とかではなさそうなので単に油の使いすぎかと。

八代のラーメン屋一覧

Tuesday, January 13, 2004

紅龍軒 【ラーメン】

職場のすぐ近くにあるのでよく行くお店です。初めての人が行くとラーメンの薀蓄を聞かされますのでそういうのが嫌いな人にはちょっと敬遠されるかもしれません。結構うまいんですがラーメンは麺の量が少ないのでほぼ必ず替え玉を頼むことになるということに注意。食事代としては結構高くつきますね。
ラーメン系としては、長浜、熊本、長崎ちゃんぽんの3種類があるのでお好きなものを頼めばいいでしょう。個人的にオススメはラーメンではなくちゃんぽん。店主のオススメは長浜バリカタなんですけど、私には量の少なさは物足りなさ過ぎて…。自家製麺をじっくり茹で上げて、たっぷりの野菜がのった平皿で出てくるちゃんぽんは冬の寒い時期には非常にうまいので是非食べてきてほしいですね。とんこつのスープもクドくない濃さでちゃんと飲み干せます。皿が浅いので少な目の量じゃないかと思うかもしれませんが、ちゃんぽんに関してはそんなことないので安心してください。ミニ(一口)餃子もオススメです。

麺 : 長浜(細麺)、熊本(中太麺)、ちゃんぽん(太麺)。すべて手打ち。ラーメンの特性に合わせて打ち分けているらしい。ここは店主のこだわりだということです。
スープ : とんこつスープ。思ったよりはあっさりしてます。背油ドロドロなタイプではないのでそういうものを希望されるのなら他の店へどうぞ。
具(トッピング) : 長浜は典型的長浜ラーメンの具、熊本も同様、ちゃんぽんは色々入ってます(いい加減ですまぬ)

店舗スペース : 小規模だがラーメン屋ってのはこんなものでは?20席ほど。
待ち時間 : 立地条件が悪いんだと思うんですが、人待ちはほとんどなし。ラーメンも長浜バリカタなら1分で出てきます。手早く食べられる本格長浜ならではないかと思います。熊本ラーメン、ちゃんぽんはそれなりに時間がかかります。とはいっても通常なら5分程度ですけど。
その他 : 上にも書いてますけど、初見の客にはいきなり薀蓄が始まりますのでそういうのがうっとうしいと思う人には敬遠されるでしょう。私的にはうまいラーメンの部類に入りますのでそこさえ我慢すれば損はしないと思います。ちゃんぽん以外の量は少ないですけどね。月に何回かは行ってますよ。

八代のラーメン屋一覧

8時だヨ!全員集合 【感想】

ドリフターズ結成40周年記念DVDをある人からお歳暮代わりにもらいましたので早速拝見。コント55号とはまた違ったドリフターズの偉大さを感じられますね。見ていて面白いというより感動してしまうという。このステージを毎週1時間生で10年以上も上演し続けたわけですから、今見ると各々の演目にも鬼気迫るものが感じられます。入念にリハやっててもトラブルになることも多々あったでしょうし(有名なところでは時間中最後まで会場が停電になったりとかね)、その中で培ったノウハウが後の「ドリフの大爆笑」や「カトケン」、志村けんの今の隆盛を支えているんだなあとつくづく感じました。ネタの中には決して面白いと言えないものもあるんだけど、今のお笑いの原点になっている要素も見られますので若手芸人のネタしか見ないような方には是非このDVDはご覧いただきたいと思います。ていうか見ろ!見てくれ頼むから。

発売告知サイト

Monday, January 12, 2004

だから捏テレなんて言われるんじゃねぇの?

たまたま見てた日本テレビの「おしゃれカンケイ」でびっくり。
長瀬智也の回だったんですが、財布の中身拝見ってところで古館伊知郎が長瀬君の財布を空けてカードやら免許証やらが映し出されていまして、「大丈夫、まずいものはモザイクかけますから」と言ってるんだけど免許証番号は丸見え…。えー、免許証番号ってのは個人情報で隠さなきゃいけない最たるモノなんですが、番組制作者の方々は分かっているんでしょうか。警察のデータセンター(そういう名称かは知りません)で名前と免許証番号入れれば過去の経歴、住所、免許の書き換え回数とかの情報ダダモレな気がしますが、どうなんですかね。
警察官だって悪意ある奴等はいるんだから、そんな情報がどっかを経由して素行の悪いファンとかに渡ったらどうすんだろうなあとか思わず心配してしまいましたよ。まあ、余計なお世話かもしれませんけどね。
ちゅうか日テレさん、そんな管理体制の甘さが最終的には捏造番組なんて事につながるんじゃないの?

番組ホームページ

ミスティック・リバー 【感想】

監督としてはたまに大きく外してしまうことがある(「マディソン郡の橋」とかな)クリント・イーストウッドですが
、これは久しぶりに見ごたえありました。ただし、ミステリとかハードボイルドとしてではなくヒューマンドラマとして。
各キャラクターの過去の傷となった事件からはじまり、それが根っ子となって悲劇的な(必然でもある)結末へと走っていく作りは見事です。原作がしっかりしているんでしょう(未読です)けど、キャラクター造詣が役者のセンスとも相まって彫が深いが分かりやすいという単なるハリウッド映画じゃないモノに仕上がっていて最後まで安心して見ていられます。監督本人は出演していませんが「バード」や「許されざる者」とともに好きなセンスの作品でした。

予断ですが、ローレンス・フィッシュバーンだけはマトリックスのモーフィアスのイメージがあまりに強くて違和感があったのが少々残念。私だけかもしれませんけど。
それと、もうひとつのスタンドバイミーって解説も的外れじゃないかなあ。ぜんぜん作品の味が違うだろう、と。

公式サイト

Saturday, January 10, 2004

らうめんこたろう 【ラーメン】

ダイヤモンドシティー熊本南(小川)に映画を見に行ったついでに、たまには行くかと思ってラーメン屋に入って見ました。激辛坦々麺と黒豚餃子を注文。餃子はうまいなあ。400円でこれなら十分です。ボリュームもあり。ラーメンは限定30食とか書いてあって、前来たときには無かった坦々麺を注文したんですが、これは微妙な味ですねえ。普通中華料理系の店で出てくる坦々麺とは全く違うものだと考えた方がいいです。チンゲンサイと挽肉が入ってればいいってもんじゃないと思うし。
ここ、場所はすぐ分かります。ダイヤモンドシティーの入ってすぐ右手ですので。

*この店メニューが結構ありますので、別のものを食べたときは下に別途追加していきます。メニューが豊富な店は今後こういうスタイルで行きます。

今回食べた分の特徴(坦々麺)
麺 : 長浜なので細麺だが極細というほどではない。
スープ : 典型的とんこつなのだが少々粉っぽい。ピーナツっぽいんだけど豆を細かく砕いて入れてあるのが喉にからむせいではないかと思います。
具(トッピング) : 挽肉、チャーシュー、もやし、チンゲンサイ。坦々麺の具としてはいたってオーソドックス。もやしは無いほうがスープの味を楽しめると思います。
店舗スペース : ラーメン屋としてはそこそこ広い。50席程。
待ち時間 : 入店待ちはめったにないんだけど、出てくるまでの待ち時間が少々長い気がする。10分以上待たされるとラーメン屋としては失格という気がします。
その他 : 坦々麺てスープはとんこつだったっけ?変にクリーミーで普通の坦々麺と思って食べると驚きます。おいしくないとは言わないけど。とりたてて「これはうまい!!」というような味ではありません。

公式サイト

Thursday, January 08, 2004

レクイエム・フォー・ドリーム 【感想】

あ~、誰だこれをホラーのカテゴリーにしたのは。怖がらせる要素は何にもない、映像にちょっとひねりを利かせたドラッグ(に溺れる人間たちを描いた)映画じゃねえかよ。
πのダーレン・アロノフスキー監督作品だっていうんで期待して見た分落胆も大きいなあ。原作は70年代のドラッグ小説みたいなんですけど、こういうのを有難がる連中の気がしれない。サイケやドラッグカルチャーなんてのは、近年で最もくだらないと思ってるので、こんなのに出演しているってだけでジェニファー・コネリーが嫌いになりそうです。手持ち風のカメラ映像なんてブレアウィッチあたりで終わったと思うし、場面転換にドラッグの吸引(注射)シーンを早回しでしつこいほど繰り返し使うところなんて今時はやらねえだろ、とか思ったり。公開は2年以上前なんでしょうがないんですけどね。
クソミソに言ってますけど役者の演技はすばらしいです。でも、30分でいいやこんなの。長尺で見る必要無し。
あと、Googleで検索すると「この映画見て人生変わりました」とかいう感想が多いのには何とも…。今までどういう社会生活を送ってきてるんだか。

DVDレンタル

Tuesday, January 06, 2004

好来 【ラーメン】

年末TVのラーメンランキング番組にも出てた店。全国的にも有名になってきたらしい。ベスト77で48位あたりじゃなかったかな。仕事の途中で寄って食べてきました。3ヶ月ぶりでしょうかね。
ここ、はっきり言って美味しくないと思います。でもクセになる。また、何ヶ月かすると食いに行きたくなるんだろうなあというような店なのです。ラーメン自体は麺と上にトッピングされてあるもやしの量が度を越して多いのが特徴。麺は通常で(多目の)2玉分あって女性には食べきれないんじゃないかと思います。男でも少なめ頼む人が多いので。メニューはラーメンしかないんで座ったらモノが出てくるオートメーション具合。さっさと食いたい人には最適です…(でした、かな。紹介する所が多くなったおかげでお昼時(2時位まで)は並ばないと入れないヨ!)。

麺 : 中太ちぢれ麺、博多ラーメン系と比べると2玉分じゃきかないかも。
スープ : とんこつトリガラベースだと思う。焦がしにんにくは最初はうまいけど量が多いから最後はクドい。
具(トッピング) : 口の中が水っぽくなるほどのもやしといたってオーソドックスなチャーシュー。
店舗スペース : 狭いです。店内は全部で14席。相席は当たり前なので臆せず入店しよう。
待ち時間 : 入店待ちで並ぶのを考えなければ5分で出てきます。
その他 : サイドメニューが全く無いので注意。ラーメンに飽きてきたらテーブルに置いてある酢(自家製?)をたっぷりかけると中華麺ぽくなって違った風味で食べ進められると思います。これはオススメ。

Google検索結果 「好来 ラーメン 人吉」

Monday, January 05, 2004

クイルズ 【感想】

サディストの語源にもなったマルキ・ド・サド侯爵の狂おしいまでの文学(文筆)に対する情欲を表現しようとした映画でした。
ただ、サドのインモラルさと高貴さの入り混じったキャラクターを表現するのにはジェフリー・ラッシュでは善い人(に見え)過ぎて役不足な気がします。もっと情念の深い役者がいないものかと。こういうたぐいの作品は日本でいうと大竹しのぶクラスのドロドロした内面を演技で表現できる役者じゃないと薄っぺらいこけおどし作品になりかねないのでクド過ぎずそれでいて鋭さが顔に滲み出ている役者にやらせていただけるともっと深みがあって私的に面白く見られるんですけどね。
それにしてもケイト・ウインスレットの映画での可愛さはなんなんだろう。”そそられる”とはまさにこういうのを言うんじゃないかと。でも、映画に出ていないときとのギャップが激しすぎるのがチと難あり、ではあります。コラール博士の奥方役の女の子もかわいかったなあ。って女の子しか見てないのか私は。

公式サイト
DVDレンタル

Sunday, January 04, 2004

寝正月ですよ寝正月。

トラックバック野郎のお題に乗っかって年末から正月の自分の動きをトレースしてみたんですが、ほとんど寝てたことに気づき愕然。もちろん年末は格闘技三昧でしたよ。曙Vs.ボブサップのあっけない幕切れもしかと焼き付けましたですよ。紅白のSMAPだけはちゃんと見ましたさ。けど、やりたかったことはほとんどやってねえ。ガックシ。最後の3日にいたってはやっとこさ年賀状を片付けただけで1日終わっちゃうしなあ。つくづく時間の使い方が下手だなあと感じた4日の午後でしたとさ。ふぅ。

べーしっ君DVD 【感想】

ヤフーオークションに出品して処分してしまうので、簡単なインプレ。

発売が延びた割にはヘボい出来でした。収録本数が少なすぎ。今までのべーしっ君全編分を考えればあんなもんじゃなかったはずだけど。予算の差もあるんだけど、昔見た「しあわせのかたち」のアニメはずっとマシな出来だった記憶がありますけどね。4コマじゃないけどな。あと、作者インタビューの方がはるかに長い尺ってのもなんだかなあ。新作も1本だったし。ま、主役声優が豪華な分そこに予算が吸い上げられてしまった、なんてのが真相だったりするような気がするほどの安っぽい出来でした。タノミコムでの予約も思ったより伸びなかったんで、予算縮小したってのもあるのかなあ。


タノミコム

24時間開いている温泉。

山鹿のあたりにある幸徳温泉というところなんですが、福岡に行く途中にあるので夜中出かけることが多い私の場合大変重宝しそうです。
ここの良いところは浴槽が温度別に分かれているところで、32度38度42度の順番に高くなっている3箇所の温度の浴槽に順番に浸かって温まったところで、今度は低いほうへ順番に入るとすっかり全身が温まってポカポカでした。
いやあ、温泉はいいですわ。月並みながら。

幸徳温泉

« December 2003 | Main | February 2004 »

November 2016
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      



Amazonさんへお奨め

Recent Comments

無料ブログはココログ